【葬送のフリーレン<ネタバレ注意>】フェルンとフリーレンの師弟関係について|アニオリ演出まで

攻略大百科編集部
URLコピー

『葬送のフリーレン』のフェルンとフリーレン二人の、現在アニメで放送された範囲内で二人の師弟関係を中心に考察していきたいと思います。

本記事には “一級魔法使い試験編” までのネタバレが含まれます。問題ない方のみご覧ください。

基本情報

出版

小学館

作者

原作:山田鐘人さん

作画:アベツカサさん

連載

週刊少年サンデー

サンデーうぇぶり

・・・にて連載中

最新刊

12巻

2023年12月18日発売

公式サイト

https://frieren-anime.jp/

(アニメ公式HP)

出典: frieren-anime.jp

『葬送のフリーレン』は、週刊少年サンデーで連載中の漫画で、2023年にアニメ化され注目をあびています。魔王を討伐した勇者一行パーティーの一人、エルフで魔法使いのフリーレンが魔王討伐後の世界を旅するお話です。

この記事ではフリーレンとフェルンの出会いから絆を深めていく様子を作中に散りばめられた台詞やシーンなどから二人の絆が深まっていく様子を読み解き、考察していきます。

二人の出会い

フリーレンとフェルンの出会いのエピソードは、アニメ1話「旅の終わり」後半からアニメ2話「別に魔法じゃなくたって…」のAパートの期間となります。(原作第1話 冒険の終わり/第2話 僧侶の嘘まで)

出会いから旅立つまで

出典: twitter.com

勇者ヒンメルの死から20年後、隠居生活を送っているかつての仲間ハイターの家を訪ねた際、偶然幼少期のフェルンに出会います。

出典: twitter.com

フェルンはハイターが引き取った戦争孤児で、家族を失った絶望から自ら命を絶とうとしていたフェルンを救った過去から、ハイターを深く敬愛する真面目な少女でした。

出典: twitter.com

ハイターには大きな借りがあるという事で、何か手伝うことはないかと尋ねるフリーレンに魔法の素質のあるフェルンを弟子に取らないかと持ち掛けますが、足手まといになり、友人から預かった子を死地に送るつもりはないと断りました。

出典: twitter.com

そこで別のお願いという事で賢者エーヴィヒの解読を依頼し、その解読の片手間で構わないのでフェルンに魔法を教えてほしいと提案します。

人間にとっての5、6年はフリーレンにとって気にするほどの時間でもないことと、魔法の研究に余念がないフリーレンの性格をよく知っているハイターの狙い通り、フリーレンは魔導書の解読とフェルンの魔法の指導を引き受けることになります。

 

出典: twitter.com

初めてフリーレンが魔法使いとしてフェルンを見た時は、その年齢からは考えられない程卓越した魔力操作にどれだけの研鑽を重ねたのか内心驚いています。

フリーレンからの魔法は好きかという問いに対しても、「ほどほど」と答えるようでしたので、ハイターに引き取られる前は魔法と縁のない普通の少女だった可能性は高く、魔法の修業期間もそこまで長くはなかったと思われるので実際に魔法使いとしての才能は非常に高かったと考えられます。

出典: twitter.com

出典: twitter.com

フェルンが目標としている一番岩を打ち抜く試練に僧侶の割には良い目標設定だと感心しているフリーレンですが、なぜフェルンが一人前の魔法使いになりたいのかというのにはまだ興味を示していない様子でした。

 

出典: twitter.com

出典: twitter.com

4年の時を経て、「常人では10年かかる道を4年で越えた」とフリーレンが評価するほどの実力者にフェルンは成長していますが、その事をあまりフリーレンは快く思ってはいませんでした。

高齢のハイターは死期も近く、ヒンメルが亡くなった時の悲しみを知っているフリーレンにとってはハイターと共に過ごす時間よりも魔法の修業に明け暮れるフェルンの胸中は理解しがたい部分もあったのでしょう。

出典: twitter.com

ハイターが危篤の際フェルンに修業を中止するよう諭すフリーレンですが、この時に初めてフェルンがなぜここまで魔法に打ち込むのかという理由を知ることになります。

フェルンにとって一人前の魔法使いになることは、ハイターが生きているうちに一人で生きていける術を身に着け、そして命を救ってくれた彼に恩返しをするための手段でしかなく、死期が近いのならばむしろ急がなければならないとフリーレンに打ち明けます。

出典: twitter.com

一方、フリーレンは死期の近いハイターへ投げかけた「なぜフェルンを救ったのか?」という質問にハイターが答えた勇者ヒンメルならそうしました。」という言葉に感銘を受け、フェルンの打ち抜いた岩を見ながら彼女を弟子に取ることを決意し、フェルンと共にハイターの死を見届けた後、一人前の魔法使いとして成長した彼女と共に旅に出ます。

旅立ちからの二人の関係

フリーレンの弟子として旅に同行するようになってからは、ハイターと共に過ごしていた時とは違うフリーレンとの種族間における感覚や価値観のズレにお互い直面し、物語の進行と共に不器用ながらもお互い距離を縮めていきます。

その中でも印象的な4つのエピソードを紹介しながら考察していきます。

蒼月草の探索

フリーレンと旅をするようになったアニメ2話のBパートでは長命種のエルフであるフリーレンと人間の時間感覚のズレをお互い思い知るエピソードになります。(原作第3話 蒼月草より)

旅立ちから「銅像の錆をきれいにとる魔法」や「甘いぶどうを酸っぱくする魔法」など変な民間魔法を蒐集するフリーレンにフェルンは戸惑っており、ヒンメルの銅像を綺麗にする依頼を受けた際には現存するかどうかわからないヒンメルの故郷の花「蒼月草」を探し、村に半年以上滞在することになります。

出典: twitter.com

あくまで蒼月草を咲かせる魔法のためとしか語らないフリーレンに、フェルンはその不安を銅像の清掃を依頼したお明かしています。(もしかするとヒンメルの故郷の花をどうしても見たかった、というフリーレンの思いもあったのかもしれません。)

正直にフリーレンに伝えた方がいいというアドバイスと蒼月草の近縁種の種を手渡されフリーレンを説得した結果、フリーレンも「私だけの時間じゃない」と反省した様子で、「もう少しで」切り上げる旨を伝えました。

出典: twitter.com

出典: twitter.com

しかし、フェルンにとってフリーレンの「もう少し」は一体何年なのかという疑念もあり、アニメ版では思わず大声を出しそうになったところ偶然現れたシードラットに導かれ本物の蒼月草を発見するに至りました。

出典: frieren-anime.jp

フェルンへの誕生日プレゼント

アニメ第3話「人を殺す魔法」のAパート(原作第4話 魔法使いの隠し事より)では訪れた交易都市ヴァルムでフリーレンは旅の物資の買い出しを分かれて行おうとフェルンに提案するところから始まります。

出典: frieren-anime.jp

この時フェルンはフリーレンの背を抜かしており、フリーレンが手分けをして買い出しをしようと言った際には、変な骨など役に立つかわからない魔法関連の品を買うのではないかと怪しむほど二人の付き合いは長くなりそれなりの時間が経ったことを表しています。

出典: twitter.com

また路銀を無駄遣いするのではないかと危惧したフェルンはフリーレンの後をつけますが、フリーレンにしては珍しいアクセサリー店で悩んでいる姿や、スイーツの名店を聞いて回るなど予想に反した行動に戸惑わされます。

出典: frieren-anime.jp

しかし、後になってこれらの行動はその日誕生日を迎えたフェルンの為であることが明かされており、購入したアクセサリーやスイーツ店を聞いて回ったのも、人の心にまだ疎いフリーレンなりに少しでもフェルンを喜ばせようとする為だったのです。

スイーツ店ではメニュー選びの際、「今日の気分はメルクーアプリンですよね?」とフェルンに見透かされた時には、かつてヒンメルたちとの同じやり取りを思い出し、自分の好みを知ってくれているフェルンに対し申し訳なさそうにアクセサリー店で購入した髪飾りを誕生日プレゼントを手渡しました。

出典: twitter.com

フリーレンにとってはこの時、またしても「他人を知ろうとする事ができなかった」と落ち込んでいる様子でしたが、そんな様子を見たフェルンはフリーレンに「自分を知ろうとしてくれたことがたまらなく嬉しい」と感謝の気持ちを伝えます。

交易都市ヴァルムを去るときには早速その髪飾りをつけており、以後もフェルンにとって師から貰った大切な贈り物として着用し続けています。

新年際

アニメ4話「魂の眠る地」Aパート(原作第6話 新年際より)では、訪れた海辺の村の港の清掃をフランメの魔導書を報酬に引き受けることになります。

依頼の話の後、報酬の魔導書は偽物であるとフェルンが指摘し、フリーレンもそれは百も承知で、「自分のため」という理由で引き受けています。

出典: twitter.com

この村はフリーレンにとって過去ヒンメルたちと訪れたことがある場所で、新年際に海岸からの日の出を眺める風習があり、当時ヒンメルに「君なら楽しめる」とぜひ参加しようと誘われましたがその時は「ただの日の出」と一蹴して参加しませんでした。

時が経った今、ちょうどチャンスが訪れていたのでその時のヒンメルの言葉は本当だったのか確かめたかったのが実際の理由となっています。

出典: twitter.com

…しかし、そんな真剣な理由で引き受けたフリーレンですが村に滞在している間、朝はフェルンに起こしてもらい、食事から着替え、宿屋の部屋の片付けまで身の回りのほとんどをフェルンに任せっきりという、大変だらしない様子でした。

フリーレンが仲間との旅の痕跡を辿るという、物語のテーマに深く関わるエピソードでありますが、同時にその旅路でフェルンとフリーレンの関係性・キャラクター像がはっきりと見えてくるエピソードでもありました。

魂の眠る地

出典: twitter.com

同じく4話Bパート(原作第7話 魂の眠る地)では、エルフほどではありませんが長寿であるかつての仲間、アイゼンの元を尋ねます。

ハイターのもとを訪れた時と同じように、「何か手伝えることはないか」と尋ねたフリーレンに大魔法使いフランメの手記の捜索を手伝ってほしいと依頼し、一時的に旅に加わることになります。

出典: twitter.com

またもや途方もない時間を費やす事になりそうでしたが、異を唱えようとするフェルンを察して出来るだけ早く済ませようとするフリーレンに「人間の時間を気にするようになった」とアイゼンは感心し、その際に「フェルンを怒らせると怖いから」とフリーレンが答えている事から、フェルンの存在はフリーレンの「人を知る旅」において既に影響を与えてきていると考察できます。

出典: twitter.com

また、戦士であるアイゼンが魔法使いの手記を探すという一見不可解な依頼も、実はアイゼンがフリーレンとヒンメルを「可哀そう」と思って提案したもので、目的のフランメの手記には死者と対話できる場所が記されていること、そこでヒンメルの葬儀の際フリーレンが泣ながらに「ヒンメルをもっと知っておけば」という言葉をヒンメル本人に伝えるべきだという、生前のハイターと共に考えた計らいであったと語られます。

出典: twitter.com

3人の捜索の結果それらしき場所を発見しますが、そこは1000年近くも昔にフリーレンの師、フランメが結解を施していた場所でいつか弟子であるフリーレンが「人を知りたいと思うようになる」時のために残されていたものでした。

出典: frieren-anime.jp

そこにはフリーレンが訪れることをわかっていたかのように「魂の眠る場所(オレオール)」について記したページが開かれた手記が置いてあり、アイゼンの後押しもあり「魂の眠る場所」のある大陸の最北端、魔王城を旅の目標に定めることになります。

出典: twitter.com

出典: twitter.com

また、この短い旅でアイゼンは人間はすぐに死んでしまう、構うだけ時間の無駄と考えていたかつてのフリーレンと今のフリーレンの変化を確信したのか、帰りの馬車ではフェルンに「フリーレンは良い師だ」と語り、その理由までは語られずともフェルンはそれに頷いていました。

一級魔法使い試験編での二人

アニメ第2クール18話以降の”一級魔法使い試験編”では再びアニメ序盤のようにフェルンとフリーレンの二人にスポットが当たるようになり、今までフリーレンとフェルンが築き上げた関係性や、フェルンの魔法使いとしての成長が垣間見られます。

一次試験では別行動

アニメ18話~21話(原作第37話 一級試験~第45話 水を操る魔法まで)

一次試験ではフリーレンとフェルンは別パーティーに振り分けられ、フリーレンはラヴィーネ・カンネと、フェルンはユーベル・ラントと試験に挑むことになります。

試験内容は試験場に生息する「隕鉄鳥(シュティレ)」を日没までに捕獲し、そのうえでパーティー全員が無事揃っている事が合格の条件となっており、原生している魔物や受験者同士での隕鉄鳥の奪い合いで命を落とす危険性もある過酷な試練です。

出典: twitter.com

出典: twitter.com

作中ではフリーレンパーティーが主に描写されていますが、フリーレンが作戦を考えているその間にフェルンは隕鉄鳥の捕獲に成功しています。(捕獲方法は不明ですが、フリーレンと同じように鳥を捕まえる民間魔法を使ったのかもしれません。)

出典: twitter.com

出典: twitter.com

隕鉄鳥確保後も襲ってきたヴィアベルパーティーを圧倒、他受験者に大きな存在感を残しながら一次試験を突破しており、フリーレンとの旅の中でフェルンは並みの魔法使いをはるかに超える実力者に成長している事が客観的にわかります。

二次試験のダンジョン攻略

アニメ23話(原作では第48話 零落の王墓~第49話 迷宮と魔導具まで)

一級魔法使い選抜第二次試験、試験官のゼンゼが用意したのは難攻不落、未踏破ダンジョンの「零落の王墓」の最深部に辿り着いた者は全員合格という内容でした。

出典: twitter.com

出典: twitter.com

全員で協力すれば合格率も上がる内容ではありますが、危険なダンジョン内で見ず知らずの相手に背中は任せられないという疑心から、受験者たちはそれぞれ気を許せる仲間同士でパーティーを組みダンジョンに挑むことになります。

出典: twitter.com

そんな緊張感溢れる中、フリーレンはダンジョン攻略を楽しんでおり、フェルンと着いてきた試験官のゼンゼを振り回していました。

ダンジョン内での師弟(?)対決

アニメ24~26話(原作第50話 水鏡の悪魔~第55話 第二次試験終了まで)

試験会場となる「零落の王墓」には侵入者の完璧な複製体を作り探索の阻害・排除を行う「水鏡の悪魔(シュピーゲル)」という魔物が潜んでおり、その厄介な性質故に「零落の王墓」は難攻不落、未踏破と箔を押される事が明らかにされます。

出典: frieren-anime.jp

ダンジョン内に侵入したフリーレンもその例に漏れず完璧な複製体が作られ、運が悪い事に最深部に立ち塞がっているため、実力ある受験者はもちろんフリーレンたちですら足止めを食らってしまう事になります。

出典: twitter.com

刻々と迫る制限時間の中、どうにかフリーレンの複製体を攻略しようと議論する中、フェルンは手を上げ「もしかしたら私、フリーレン様を殺せるかもしれません」と一瞬場が凍り付くような発言をします。

出典: twitter.com

続々と受験者たちが集まり攻略法を考える中、フェルンは「複製体の弱点は本人と同じである可能性が高い」という仮説を立て、長年の付き合いがあるフェルンだからこそ知るフリーレンが抱える「致命的な隙」を根拠に突破口を開きます。

出典: twitter.com

あくまで理論上の話などで通用するかどうかはわかりませんが、フリーレンは必ず複製体がフェルンの思惑通り隙を晒すと「だって”私は”フェルンの事をなめてるから」先ほどのフェルンの「殺せるかもしれない」発言への意趣返しのような表情で答え、フェルンもそれに一瞬微笑む描写がありました。

 

出典: twitter.com

作戦通り複製体へ致命打を与えることができたフェルンですが、作戦の思惑とは逆に複製体の注意がフェルンに向く事になり魔法の遥か高みにある「魔法と認識できない魔法」によってフェルンは追い詰められます。

出典: twitter.com

出典: twitter.com

しかし、逆にフェルンに注意が向いた複製体はフリーレンにその隙を突かれ消滅させられます。

激戦の末、「あれを見せるほど追い詰められたのは80年ぶり」と自分と同じ力を持つ複製体を追い詰めることができたフェルンの実力を褒めています。

80年ぶりという事はまだフリーレンがヒンメル一行と共に魔王討伐の旅をしている最中の時期、それもおそらく魔王と戦った時であると考えられ、その生き証人であるフリーレンからのこの言葉は弟子としてはもちろん、魔法使いにとってこれ以上ない賞賛だったでしょう。

二次試験を終えて

出典: twitter.com

アニメ27話「人間の時代」のAパート(原作第56話 フェルンの杖)

無事二次試験を通過したフリーレンとフェルンですが、フェルンはフリーレンとの複製体との戦いで壊れてしまった魔法の杖をめぐってフリーレンと喧嘩してしまいます。

もう直せないほど粉々になってしまったとは言え、フェルンの杖は魔法使いを志した幼少期からずっと愛用していたハイターからの大切な贈り物で、それを捨てようと提案されたことが喧嘩の発端となってしまいました。

出典: twitter.com

出典: twitter.com

その後訪れたリヒターの店でのフリーレンの表情を見るに、この杖はフェルンにとってかけがえのないものだったのかもしれないと反省している様子で、杖の修復を行ったリヒターがゴミと言ったことを撤回するほどよく手入れされたいい杖と評した際には、さらに自責の念に囚われているような表情を見せています。

出典: twitter.com

出典: twitter.com

画像は原作ですがアニオリとして、シュタルクを連れてやけ食いをしている所、偶然店の片付けをしているリヒターに会い、フリーレンが杖の修理に来ていたことを知ります。

そして宿のベッドに置かれた元通りの杖を愛おしそうに眺めながら、かつてのハイターの言葉を思い出し、フリーレンは自分のことを理解しようとしてくれる師なんだと改めて思うようになりました。

ゼーリエとの面談

アニメ27話「人間の時代」のBパート(原作第57話 第三次試験~第58話 ゼーリエの直感まで)

フリーレンたちの存在もあり前代未聞の通過者数を出してしまった第二次試験の結果を受け最終試験は大陸魔法協会の創始者であり、フランメの師でもあったエルフ、ゼーリエの面談となります。

「一級魔法使いは選ばれた人間であるべきだ」というゼーリエの思想の元、面談の際強大なゼーリエの魔力に立ちすくむだけの受験者は容赦なく不合格とされていきます。

出典: twitter.com

出典: twitter.com

フェルンと対峙した際、他の受験者と変わらない様子に落胆していましたが、フェルンはゼーリエの魔力の揺らぎが見える事にとても喜んでいる様子で、フェルンに自分の弟子に誘おうとしますがフェルンはきっぱりと嫌だと答えます。

出典: twitter.com

出典: twitter.com

その誘いに断ることが試験の合否に関係するかもしれないという事がわかっても、フェルンはフリーレンの弟子であることを強く主張します。

事前にフリーレンとのやり取りこそありましたが、師弟の絆はゼーリエを前にしてもで揺らぐものではない程強いとも考察できるシーンでした。

まとめ

フェルンの成長から魔法使いとしての信頼を寄せているのはもちろん、フェルンを知りたいという気持ちから師弟愛のようなものが芽生えてきている事が物語が進むにつれ、随所で描写されるようになっています。

フェルンとの付き合いも一級魔法使い試験編の時点でもうすぐ10年、つまりヒンメルたちとの魔王討伐の旅と同じくらいの年月が経とうとしています。

フリーレンにとって百分の一に満たないその時間がフリーレンを変えたというアイゼンの言葉を借りれば、これからフェルンと過ごしていく時間はきっとフリーレンの心境に更なる変化をもたらすのではないかと考えられます。

出典: twitter.com


現在制作決定の知らせなどはアナウンスされていませんが、アニメ2期製作を予感させるようなポストもあり、今後の続報が楽しみですね。


アニメ28話以降のストーリーは原作コミックスでは7巻61話からとなります。

また、最新話と1~3話に関してはサンデーうぇぶりで読むことができるので最新話を追いかけたい方や序盤のストーリーをおさらいしたい方はこちらもご確認ください。

ランキング

  1. 【Kindleセール】110円以下!!コミック160冊(4/21更新)
  2. 【ぷにぷに】4/22(月)追加マップ登場!イベントマップの隠しステージ解放条件まとめ|ぷに神の闇(最終章後編)【妖怪ウォッチ】
  3. 【Kindleセール】50%OFF!! KADOKAWAコミック「蜘蛛ですが・回復術士のやり直し・幼女戦記」
  4. 【Kindleセール】「メイドインアビス」1〜5巻が11円セール中
  5. 【ポケカ】バトルマスターデッキ 「テラスタル リザードンex」の収録カードや抽選・予約最新情報まとめ【ポケモンカード】

新着記事

新着コメント

もっと見る
トップへ