スイッチにおすすめのmicroSDカード!選ぶポイントは?

Switch本体にはmicroSDカードスロットがあります。microSDカードはどのような場面で必要になるのでしょうか。

また、購入する場合のおすすめmicroSDカードを紹介しますので、参考にしてみてください。

microSDカードの役割

Switch本体には、32GBの保存メモリーが内蔵されています。保存メモリーには、ゲームのセーブデータやシステムデータのほか、プリインストールアプリ、ダウンロード購入の場合はゲームソフトまるごとなどのデータが保存されることになります。

ダウンロード版を購入する場合には必須!

例えばSwitchと同日に発売される「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の場合、ダウンロード版の購入には13.4GBが必要と紹介されています。

ダウンロード版が中心となるプレイヤーであれば、本体内蔵メモリーだけではすぐに不足してしまうでしょう。それを補うのがmicroSDカードなのです。

主なソフトのダウンロード版容量一覧

ソフト名 容量
スプラトゥーン2  5.5GB
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 13.4GB
マリオカート8 デラックス  7.0GB
スーパーマリオ オデッセイ  5.5GB
ポケットモンスター レッツゴー  4.1GB
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL  5.0GB

画像や動画のキャプチャに使用する

ニンテンドースイッチではプレイ画面をキャプチャしたり録画(アップデートで対応予定)する事ができます。キャプチャした画像をPCへ取り出すためにはMicroSDカードへファイルを保存する必要があります。

 

microSDカードの使い方

microSDカードは本体裏側のスタンドを開いて差し込み使用します。microSDカードの取り出し、差し込む際には、本体の電源をOFFにしておく必要があります。

出典: www.nintendo.co.jp

 

microSDカードの選び方

SDHCとSDXCの違い

Switchは、「microSD」「microSDHC」「microSDXC」の3つの仕様に対応しています。これらの違いは第一に容量面にあります。

  • microSD:128MBから2GBまで
  • microSDHC:4GBから32GBまで
  • microSDXC:64GBから2TBまで

microSDXCの場合、インターネットに接続して本体の更新をする必要があります。

なお、これらの使用を区別することなく、まとめて「microSD」と呼ばれるケースがほとんどです。

転送速度の違い

転送速度とは、データを読み込んだり書き込んだりする速度のこと。これが速ければ速いほど待ち時間が少なくなり、ゲームを快適にプレイすることができます。

microSDの転送速度は「スピードクラス」で表示されています。例えば「class 10」であれば、「1秒間に最低でも10MBのデータ転送を行なうことができる」という意味になります。

出典: www.amazon.co.jp

また、Switchはさらなる高速転送が可能な「UHS-I規格」「UHSスピードクラス1」にも対応しています。こちらの規格は、最高で1秒あたり104MBまでの転送が可能となっています。

おすすめのmicrosSDカード

具体的にどのmicroSDカードがおすすめかピックアップしてみました。

コスパ最高 64GB

容量が64GBあれば、平均的なソフトが10本程度は保存できるのでこれで事足り方も多いでしょう。以下の商品はいずれもNintendo Switchで動作確認済み、UHS-I対応の高速伝送が可能です。

価格情報を読み込み中...
価格情報を読み込み中...
価格情報を読み込み中...

大容量 128GB,256GB

128GB

価格情報を読み込み中...
価格情報を読み込み中...

256GB

価格情報を読み込み中...

任天堂公式製品

任天堂公式ライセンスのマイクロSDカードも販売されています。他社製品に比べると割高ですが安心・安全に使いたいかたはこちらを選ぶと良いでしょう。

価格情報を読み込み中...
価格情報を読み込み中...
価格情報を読み込み中...

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。