ニンテンドースイッチの仕様、スペック、性能まとめ

スポンサーサイト

任天堂の次世代ゲーム機「Nintendo Swtich(ニンテンドースイッチ)」の仕様やスペック、性能などをまとめて紹介します。

本体構成

正面

出典: www.nintendo.co.jp

背面

出典: www.nintendo.co.jp

本体仕様

サイズ

横23.9cm x 縦10.2cm x 厚さ 1.39cm (ジョイコン取付時)

重さ

297g (ジョイコン取付時は 398g)

 

ストレージ

本体保存容量

32GB

※ただしシステム領域で一部を使用

外部ストレージ

microSD/microSDHC/microSDXCメモリーカード対応

ニンテンドースイッチで使うmicroSDカードの選び方

映像

ディスプレイ

6.2インチ、解像度1280×720ドット、静電容量式タッチパネル

外部映像出力

HDMI出力、最大 1920×1080ピクセル60fps

サウンド

音声出力

リニアPCM 5.1ch対応
TVモード時にHDMIケーブル経由で出力

ヘッドホンマイク端子

ステレオ出力

バッテリー

内蔵バッテリー

リチウムイオンバッテリー/電池容量 4310mAh

※内蔵バッテリーの取り外し不可。交換が必要な場合は、任天堂サービスセンター(オンライン修理受付)で有償にて交換。

バッテリー持続時間

約2.5~6.5時間

※遊ぶソフトによって異なる。 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の場合は約3時間。

充電時間

約3時間
※本体をスリープして充電したときの時間

充電端子

USB Type-C x1

 

通信・センサー

インターネット通信

無線LAN(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac準拠)
(TVモード時のみ、市販の有線LANアダプターを使用して有線LAN接続も可能)

Bluetooth

Bluetooth 4.1

ジャイロ・加速度センサー

コントローラーとなるジョイコンにはジャイロと加速度センサーが搭載されています。コントローラーを傾けたり、振ったりといった動作に反応したゲームをプレイすることができます。

HD振動

振動によってまるで本当に触っているかのようなリアルな振動を感じることができます。

モーションIR

赤外線カメラによって手の形や動きなどを感知し、それに応じたゲームプレイを楽しむことができます。

明るさセンサー

周囲の明るさに応じて画面の明るさを調整してくれます。

NFC通信(amiibo)

Suicaなどで有名な近距離無線通信の規格であるNFCに対応します。ニンテンドースイッチでは主にamiiboの読み取り、書き込みに使用することになると思われます。

GPS

GPSは搭載していません

モバイル通信

3G/4G/LTEといったモバイル通信規格には対応していません。

互換性

下位互換はなし

WiiUは3DSといった他プラットフォームのソフトとは互換性がありません。ニンテンドースイッチ専用ソフトのみで遊ぶことができます。

ニンテンドースイッチと3DS、WiiUは互換性がある?

ニンテンドースイッチ
その詳細が公開されたばかりの、任天堂の新ハード「ニンテンドースイッチ」。 ...
続きを読む

バーチャルコンソール

バーチャルコンソール(VC)について、本体発売時には搭載されていません。将来は対応されることが期待されます。

性能・スペック

CPU/GPU

NVIDIA社製 カスタマイズされたTegraプロセッサー

※Tegra X1のカスタマイズ

メモリチップ

1600MHz 4GB PDDR4

メモリ帯域幅

25.6GB/s

 

 

関連情報

ニンテンドースイッチの最新情報まとめはこちらからどうぞ!

ニンテンドースイッチの最新情報・発売ソフトまとめ

ニュース ニンテンドースイッチ
  ニンテンドースイッチとは? NX(仮称)と呼ばれていたニンテンド...
続きを読む

 

スポンサーサイト

友達に教えてみよう!

コメントお待ちしております