基本ルール解説

ルールは基本的に普通のテニスと同じですが、改めて確認しておきましょう。

勝敗の条件

一つの試合の中で、決められたセット数を獲得すると、試合に勝利となります。
セットを獲得するには、決められたゲーム数を獲得する必要があります。

[PR]

試合の進め方

ゲームごとにサーブが交代

テニスの試合はゲーム単位で進行します。
ゲームごとにサーブを打つプレイヤーが交代します。

ポイントの入り方

テニスの点の入り方は独特です。
15、30、40とポイントが入り、40の状態でポイントを獲得すると、そのゲームを獲得します。
ただしポイントが40で並ぶと、デュースになります。
デュース後にポイントを取るとアドバンテージとなり、続けてポイントを取るとそのゲームを獲得します。
アドバンテージから相手にポイントが入ると、デュースからやり直しとなります。

タイブレーク

決められたゲーム数で並ぶと、そのセットはタイブレークに突入します。
タイブレークではポイントは1点ずつ入り、7ポイントを先取したプレイヤーがそのセットを獲得します。
サーブ権はいずれかのプレイヤーが最初に1本打ったら相手に移り、以降は2本ごとに交代で打ちます。

知っておきたいテニス用語

アウト

リターン、つまり相手のボールを返したときに、相手コートに入らなかった場合はアウトとなり失点します。

フォルト

サーブを打ったときに相手のコートに入らなかった場合、フォルトとなります。
2回続けてフォルトとなった場合には、ダブルフォルトとなり失点します。

サーブ

サーブを打つ位置は、ポイントごとにサイドが変わります。
サーブは打つ位置から見て、相手の逆サイドのサービスコート(中央の横線より手前)に入れる必要があります。

サービスエース

打ったサーブが相手に触れられることなくポイントになった場合、サービスエースとなります。

リターンエース

サーブを打ち返したリターンがそのままポイントになった場合、リターンエースとなります。

ダブルスのサイドライン

ダブルスでは、シングル用サイドラインの外側にある線をサイドラインとして使用します。
シングルのときよりも広くなりますので、2人で分担をしてコートをカバーしましょう。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。