全ゲームモード紹介

マリオテニスエースのモードを紹介します。

プレイ人数

各モードのプレイ人数は以下のとおりです。

ストーリーモード 1人
トーナメント オンライン 1人
COM 1人
フリーマッチ Switch1台で 1人〜4人
ローカル通信 1人〜2人
インターネット 1人〜2人
スイング Switch1台で 1人〜4人
[PR]

対戦モード

さまざまな方法で対戦を楽しむことができます。

フリーマッチ

ルールを自由に設定できるモードです。
コンピューターの強さやコート、KOの有無など、試合前に細かく設定することができます。
普通のテニスに近い「シンプルルール」もここで設定可能です。
ローカル通信では、Switch本体を持ち寄ることで最大4人までの対戦が可能です。
1人対1人のシングルスか、2人がペアになるダブルスかを選べます。

オンライン対戦では、インターネットに接続してライバルやフレンドと対戦できます。
オンライン対戦を利用するには、有料サービスの「Nintendo Switch Online」への加入が必須です。
(2018年9月の正式サービススタートまでは無料)

フリーマッチの詳しい設定内容!プレイ人数、マッチング方法、選べるルールなど

お役立ち ゲーム紹介
マリオテニスエースのモードのひとつ、「フリーマッチ」について解説します。 フ...
続きを読む

トーナメント

トーナメントに参加するすべてのプレイヤーの頂点を目指して戦います。
キノピオの熱い実況に注目です。

オンライントーナメント

世界中のプレイヤーと順位を争うオンライントーナメントは、毎月開催されます。
トーナメントには何度も挑戦可能で、獲得したポイントによってランキングを争います。

出典: www.nintendo.co.jp

オフライントーナメント

全部で3つのトーナメントが用意されています。
難易度の低いトーナメントで優勝すると、より難しいトーナメントに挑戦できます。
はごたえのあるバトルがプレイヤーを待ち受けます。

出典: www.nintendo.co.jp

トーナメントの詳しい内容!カップの種類、難易度やマッチングについて

お役立ち ゲーム紹介
マリオテニスエースのトーナメントモードについて解説します。 トーナメントとは ...
続きを読む

スイングモード

ジョイコンを振ってキャラクターやラケットを操作することもできます。
実際にテニスをプレイしているような感覚で楽しめるのではないでしょうか。
みんなで楽しむときにおすすめです。

出典: www.nintendo.co.jp

スイングモードの操作方法とプレイのコツ

お役立ち ゲーム紹介
「マリオテニス エース」では、ジョイコンをラケットに見立てて操作する「スイング...
続きを読む

ストーリーモード

ひとりでゲームを楽しむモードです。

ストーリー

とあるテニス大会。
ワリオとワルイージが持ち込んだ怪しげなラケットの力で、会場が大パニックになりました。
騒ぎが収まるとルイージ、そしてワリオとワルイージも姿を消していました。

ワリオたちが持ち込んだラケットは、人を操る力のある恐ろしいラケットとのこと。
ラケットの謎を解き明かせば、消えたルイージの手がかりも見つかるかもしれません。

マリオはルイージを救うため、新たな冒険に旅立ちます。

出典: www.nintendo.co.jp

ゲームの進め方

ルイージ救出のために冒険を始めたマリオの前には、さまざまなミッションが立ちふさがります。
もちろんテニスでの対戦もあるのですが、それだけではありません。
「指定された場所を狙う」「制限時間内に敵を倒す」など、場所によってさまざまなミッションが用意されています。

出典: www.nintendo.co.jp

仕掛けのあるステージでは、うまく活用してクリアを目指します。
ときには通常の攻撃が通用しない強敵もおり、戦い方を考える必要があります。

出典: www.nintendo.co.jp

ミッションで強くなる

ミッションをクリアして経験値を得ると、マリオのステータスが上昇します。
また新しいラケットを手に入れることも。
ラケットによって攻撃力や防御力が異なりますので、うまく使い分けましょう。
ミッションでラケットがすべて壊れるとゲームオーバーになりますので、ラケットをたくさん集めておくことも重要になります。

出典: www.nintendo.co.jp

 

ストーリーモード 完全攻略ガイド!

ストーリーモード
マリオテニスエースのストーリーモードの各ステージ攻略データ、攻略法を紹介して...
続きを読む

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。