【転スラ】魔国祭スカウト登場!新たに★6ゲルドを加え限定キャラ15体が手に入るチャンス!【スラテン】

最終更新日

「転生したらスライムだった件(スラテン)」で開催中のガチャ情報を紹介します。

魔国祭 リムル&シオン

魔国祭限定キャラの★6[引継がれる意思]ゲルドに加え、既存の14体の限定キャラが入っているスカウト。通常の嵐魔石が使用可能。★6確率が2倍となっている代わりに、「10回引く」で限定キャラや★5以上キャラ確定というような確定枠は無い。限定キャラのうち★6リムル=テンペスト[業ノ断罪]、★6シオン[規格外の武士]の出現率が1.5%に上がっている。常設キャラも入っているため、★6キャラが23体になっている。

開催期間

2020年8月13日(木) 17:00 〜 8月21日(金) 15:00まで

終了まであと

主なキャラ

★6[引継がれる意思]ゲルド

★6[真紅の侍]ベニマル

★6[絶対忠誠]ランガ

★6[規格外の武士]シオン

★6[龍の戦士長]ガビル

★6[冷酷の蒼]ソウエイ

★6[剣聖]ハクロウ

★6[西方最強聖騎士]ヒナタ・サカグチ

★6[一番槍]ゴブタ

★6[為政者]リグルド

★6[自由組合総帥]ユウキ・カグラザカ

★6[破壊の暴君]ミリム・ナーヴァ

★6[竜装状態]ミリム・ナーヴァ

★6[漆黒執事]ディアブロ

★6[業ノ断罪]リムル=テンペスト

[PR]

魔国祭 ゲルド&リグルド

魔国祭限定キャラの★6[引継がれる意思]ゲルドに加え、既存の14体の限定キャラが入っているスカウト。通常の嵐魔石が使用可能。★6確率が2倍となっている代わりに、「10回引く」で限定キャラや★5以上キャラ確定というような確定枠は無い。限定キャラのうち★6ゲルド[引継がれる意思]、★6リグルド[為政者]の出現率が1.5%に上がっている。常設キャラも入っているため、★6キャラが23体になっている。

開催期間

2020年8月13日(木) 17:00 〜 8月21日(金) 15:00まで

終了まであと

主なキャラ

★6[引継がれる意思]ゲルド

★6[真紅の侍]ベニマル

★6[絶対忠誠]ランガ

★6[規格外の武士]シオン

★6[龍の戦士長]ガビル

★6[冷酷の蒼]ソウエイ

★6[剣聖]ハクロウ

★6[西方最強聖騎士]ヒナタ・サカグチ

★6[一番槍]ゴブタ

★6[為政者]リグルド

★6[自由組合総帥]ユウキ・カグラザカ

★6[破壊の暴君]ミリム・ナーヴァ

★6[竜装状態]ミリム・ナーヴァ

★6[漆黒執事]ディアブロ

★6[業ノ断罪]リムル=テンペスト

魔国祭が復刻!

強力な限定キャラが入っている魔国祭スカウトが復刻しました!

[引継がれる意思]ゲルドは、★6[猪人王]ゲルドをより防御力よりに強化したようなキャラになっています。必殺技での防御力強化は、自身も対象としたうえで超アップになり、更に敵全体を長時間混乱状態にするようになりました。EXスキルでも味方全体の防御力を強化するほか、闇属性キャラの攻撃力・素早さを上げることができます。EXスキルが上がっていれば、クエスト攻略等で味方の防御力を心配する必要が無くなるでしょう。

 

[真紅の侍]ベニマルは、超ダメージを与えられるスキルを持っている「力」キャラです。必殺技でスキル使用時に防御力を無視したダメージを与えられる火傷状態にできるため、長期戦になるほど相手は不利になっていくでしょう。必殺技を使うためにも防御力の確保をしたいところです。EXスキルの内容などは目新しさが目立ちませんが、8000越えの攻撃力で全体超ダメージの必殺技を使えるというのは強いですね。力キャラとしては比較的珍しい闇属性のキャラです。

 

[絶対忠誠]ランガは、スキルで敵4体+技キャラ1体、実質5体に攻撃できる可能性がある「速」キャラです。必殺技では敵全体に超ダメージを与えた後高確率で麻痺状態にでき、倒し損ねた場合も無力化できる可能性があります。EXスキルは防御力よりの内容になっています。

 

[規格外の武士]シオンは、スキルで敵1体に大ダメージ、ランダムで敵1体に超ダメージと複数体攻撃できる「力」キャラです。必殺技では1体の攻撃しかできませんが、何より強いのはEXスキルでしょう。自身も対象となる光属性キャラの攻撃力・防御力のほかに、味方全体の攻撃力アップという、「規格外」というEXスキル名の通りの内容になっています。

 

[龍の戦士長]ガビルは、スキルや必殺技で味方全体を見切り状態にできる「体」キャラです。スキルは1Wave1回発動、もっとも通常攻撃が多い初撃の直後ということであまり役に立ちませんが、必殺技は長時間、確実に見切れるようになるので役に立つでしょう。EXスキルでは自身も対象となる光属性キャラの攻撃力・防御力を上げられるため、光属性キャラを中心とした編成に向いています。

 

[冷酷の蒼]ソウエイは、スキルで敵全体を短時間沈黙させつつ1体に特大ダメージを与える攻撃よりの「技」キャラです。必殺技も敵全体を沈黙状態にしつつ超ダメージを与えるという、沈黙と攻撃に徹しているキャラになっています。また、EXスキルレベル1で属性やポテンシャルに関係なく「味方全体の攻撃力を大アップ」できるのも大きな魅力。自身も対象となる「闇属性キャラの防御力・素早さアップ」もついています。

 

[剣聖]ハクロウは、スキルで敵3体を短時間、麻痺状態で確実に無力化できる「技」キャラです。必殺技でも敵全体を麻痺状態にでき、技キャラならではの厄介な戦い方ができます。EXスキルでは味方全体の素早さを上げるほか、味方の木属性キャラの攻撃・防御を上げることができます。

 

[西方最強聖騎士]ヒナタ・サカグチは、スキルで最大で敵5体にダメージを与えられる「速」キャラです。1Wave1回のみの代わりに、体キャラに確実に特大ダメージを与えることができます。EXスキルでは水属性キャラの防御力、速キャラの攻撃力・素早さを上げることができます。速い動きで敵5体、実質的な全体攻撃を行う強力なキャラとなっています。

 

[一番槍]ゴブタは、スキルで自身に通常攻撃が当たりづらくなる「見切り」状態にし、味方全体の防御力を超アップできる「心」キャラです。EXスキルでは味方全体の攻撃力超アップに加え、水属性キャラの攻撃力と素早さも上げることができます。攻撃力・防御力共に4000を超えている堅牢なキャラになっています。

 

[為政者]リグルドは、自身の防御力を超アップした上で敵の通常攻撃が当たりづらくなる「暗闇」状態にする「体」キャラです。EXスキルでは味方全体の防御力、に加え、木属性キャラの防御力と素早さも上げることができます。必殺技で敵全体を長時間「暗闇」状態にするため、武闘会で長期戦に持ち込まれた場合は必殺技でしか倒せない厄介な敵になります。

 

[自由組合総帥]ユウキ・カグラザカは、1wave1回のみ最速発動で全体に大ダメージを与えることができる「速」キャラです。EXスキルでは光属性の素早さ、速キャラの攻撃力の他に防御力まで上げることができ、武闘会やEXクエストなどで活躍できる強力なキャラになっています。レベル85でのHPが14585、攻撃力が4347、防御力が2660と通常の速キャラと比べると格段に高くなっています。

 

[破壊の暴君]ミリム・ナーヴァは、最速発動のスキルで沈黙、必殺技で長時間麻痺をかけて敵を無力化させる「技」キャラです。EXスキルで闇属性キャラの防御力を上げることができ、★6[猪人王]ゲルドやディアブロ・リムルなどほかの魔国祭キャラとの相性も良いです。スキルと必殺技で敵を長時間拘束できるため、イベントの極級や武闘会に向いています。

 

[竜装状態]ミリム・ナーヴァは、必殺技で初の「超絶ダメージ」を与えられるキャラで、1万を超える攻撃力で敵を叩く「力」キャラです。単体戦向きで、編成を組む場合はEXスキルで攻撃力を上げられる火属性キャラを入れると良いでしょう。属性相性が合う場合はイベントの極級などに連れていくこともできます。

 

[漆黒執事]ディアブロは、必殺技で4回連続攻撃の後に自身のHPを回復できる「知」キャラです。EXスキルでは自身の攻撃力のみ上げるため、武闘会にはあまり向きません。[業ノ断罪]リムルのスキルを覚えている場合は状態異常と火力担当で武闘会に入ることもあります。破壊の暴君ミリムのEXスキル対象なのも大きいでしょう。

 

[業ノ断罪]リムル=テンペストは、スキルで沈黙か麻痺をかけて敵を無力化できる「知」キャラです。1waveで2回限定発動のため、一人だけでは敵全体を無力化しきれないのが欠点です。他のキャラにスキルを覚えさせて敵全体を無力化し、全体攻撃の必殺技で一気に片付けましょう。木属性キャラの防御力ダウンのEXスキルは、★6[武人]リムルなどが敵の際に役に立つでしょう。

 

★6確率が2倍というだけで、限定キャラが確定することはなく、★5以上キャラの確定枠すらありません。既存キャラも入っているため★6キャラだけで23体という状態になっており、このスカウトを引く場合は、★6キャラを引けるかどうか、更にその中から限定キャラを引けるかどうかという完全な運勝負になるということに注意してください。

 

なお、今回は常設キャラのうち★6[祝宴の導き]ランガ、★6[特攻隊長]ゴブタ、★6[猪人王]ゲルドが入っておらず、限定キャラの割合が少々上がりました。

以前の魔国祭

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら