【刀剣乱舞】イベント「都にひそみし鬼退治」開催!【2020年1月~2月】【とうらぶ】

最終更新日

刀剣乱舞のイベント「都にひそみし鬼退治」についての情報をまとめました。

開催概要

「都にひそみし鬼退治」は、「鬼狙いし都」に出現する鬼を退治して「福豆」を獲得するイベントです。

また、イベント任務(大太刀_鬼150体撃破)達成で景趣「日常の庭・節分」を獲得することができます。

※景趣「日常の庭・節分」は過去に開催したイベント「都にひそみし鬼退治」で獲得できた景趣と同一です。前回の開催時に景趣「日常の庭・節分」を獲得している場合、イベント任務報酬は「投豆兵・特上5体」になります

既に景趣を獲得済の審神者様も豆まきの新ボイスが追加された刀剣男士のための周回をおすすめします。

豆まきボイスが追加された刀剣男士一覧
  • 石切丸(極)
  • 蛍丸(極)
  • 蜻蛉切(極)
  • 日本号(極)
  • 御手杵(極)
  • 白山吉光
  • 南海太郎朝尊
  • 肥前忠広
  • 北谷菜切
  • 桑名江
  • 水心子正秀
  • 源清麿
  • 松井江
  • 山鳥毛

期間

2020年1月28日16:00~2月12日12:59まで

【景趣の入手方法】

イベント専用任務「大太刀_鬼を150体撃破せよ」の報酬

福豆の入手】

入手方法は、以下の2通り。

  • イベント専用合戦場にて、「敵刀装_鬼」を撃破する→撃破した数に応じてもらえます
  • イベント専用合戦場にて、ボスマスをクリアする→確定で5個もらえます

効率的な福豆回収のためには、投豆兵をたくさん装備することが重要です。

 

投豆兵について

  • イベント限定刀装。期間終了後、削除されます。
    • 通常の合戦場・演練では装備可能でも遠戦発動はなし。
  • 刀種関係なく、全刀剣男士が装備可能。
  • 通常刀装と同様、戦闘中に兵力0になると消滅
  • 「大太刀_鬼」の刀装「敵刀装_鬼」を優先的に攻撃。

入手方法

・刀装作成

  • 各資源50~299の範囲で作成することができます
    • 限定アイテム「御札・投豆」を十連作成で使うと、投豆兵・特上が十個確定
  • イベント任務達成
  • イベント合戦場内の資源マス(稀に入手)
    • ボスルート以外は、すべて資源マス
      ※Bルートで、毎回「投豆兵・並」を入手できています(ランダムか検証中)。

投豆兵レシピについてはこちらご確認ください

イベント限定刀装「投豆兵(とうまめへい)」のレシピ・ステータス

イベント
「投豆兵」とは 2019年1月29日〜2月12日13:59まで開催のイベント「都にひそみし鬼...
続きを読む

景趣「日常の庭・節分」 & 特別演出

景趣を入手して「福豆」を一定数消費すると、近侍にしている刀剣男士の特別演出が!

近侍と豆まきができます。

※演出は2020年1月28日(火)までに実装されている刀剣男士が対象です

豆まきについて

  • 豆まき1回ごとに、福豆を10個消費
    • 再度同じ演出を見る場合も、都度10個消費する
  • 「福豆」に使用期限はなく、豆がある限りは、イベント終了後も演出を見ることが可能
  • 負傷している刀剣男士は「福豆」を投げることができない
  • 演出対象は、2019年1月29日までに実装されている刀剣男士のみ
    • 以降に実装される刀剣男士は、豆を持っていても演出は発生しない

イベント専用合戦場について

  • 出陣時・ボスマス到達時、部隊長の専用ボイスが確認できます

【マップ・敵について】

  • マス進行時、敵に出会わない(何も起こらない)場合もあり
  • 敵は、太刀か鬼大太刀の2種のみ(敵からの遠戦なし)
  • 分岐は、自由に選択可能
  • ボスルート以外は資源マス
  • 投豆兵も入手可能
  • 1つめの分岐選択により、敵(含、ボス)練度の調整あり(練度調整のほか、刀装の数にも違いあり)

西
敵(含、ボス)練度 弱め 強め
大太刀_鬼の出現数 少なめ 多め
刀装_鬼の出現数

(≒福豆獲得数)

少なめ

(鬼1振りあたり、1つ装備)

多め

(鬼1振りあたり、2つ装備)

戦闘マス 少なめ

(何も起こらないマスが多くなる?)

多め

【装備について】

  • 投石兵・弓兵・銃兵の遠戦発動なし
  • 馬によるステータス補正なし

【その他留意事項】

  • 刀装破壊の可能性あり(重傷状態での進軍時)
  • お守り、お守り・極の発動あり
  • 勝敗は、戦績に反映される
  • 刀剣男士の入手なし
  • 検非違使の出現なし

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら