ゲーム実況者におすすめな動画編集ソフトは?選び方やおすすめソフトを紹介!

最終更新日

ゲーム実況を始めるにあたって重要なのが、動画編集ソフトです。
一言で動画編集ソフトと言っても、様々な価格帯から販売メーカーが存在しているので特徴が混在しがちですよね。

今回は、ゲーム実況者が動画編集ソフトを選ぶ際のポイントおすすめ動画編集ソフト5選を紹介します。

動画編集ソフトの選び方

予算で選ぶ

動画編集ソフトは、無料〜比較的安価、高価なものまで様々な種類が販売・配布されています。
当然ですが、高価なソフトになればなるほど機能は充実しますが、すべてのゲーム実況者に高価な動画編集ソフトが必要とは限りません。

どのレベルのクオリティで動画を作成したいのか、動画編集ソフトにかけられる予算はどのくらいあるのかによって判断基準を設定してみましょう。

今回紹介するソフトは無料〜高価まで網羅したラインナップとなっているので、是非参考にしてみてください。

搭載機能で選ぶ

メーカーが異なり、価格も異なると当然搭載機能にも違いがあります。
基本的に「動画を作成・編集する」という着地点は同じでも、あなたが想像しているエフェクトや編集がすべてのソフトでできるというわけではありません。
例えば、テロップを挿入するなどの基本的な編集は多くのソフトで対応していますが、モザイク機能の追従などは対応していないソフトが多くあります。
このように、自身が必要とする機能が搭載されているソフトなのかどうかを判断基準にすることも重要です。

編集するパソコンのOSに合わせる

出典: www.apple.com

一部のソフトは、使用しているOSによって対応していない可能性があります。

例えば「Adobe Premiere Pro」はWindows、macOSの両対応ですが「Apple Final Cut Pro」はmacOSでしか使用することができません。

逆に、無料ソフトの「AviUtl」はWindowsのみ対応しているなど、未対応のソフトを購入しないよう注意しましょう。

ゲーム実況者におすすめの動画編集ソフト5選

1.無料動画編集ソフト「AviUtl」

出典: aviutl.info

AviUtl(エーブイアイユーティル)という匿名個人が配布している無料の動画編集ソフトです。
単体だとAVIファイルにフィルタをかけるツールですが、拡張プラグインを導入することで立派な動画編集ソフトへと変貌するのが大きな特徴です。

有志で作られたソフトであるため、公式サポートはありませんが、本ソフトを活用するコミュニティがあるので情報量が多く、困ったときでも解決策が見つけやすいソフトとなっています。

ゲーム実況者でも使用している人は多く、動画編集ソフト入門として使用してみるのも良いでしょう。

ソフト名

AviUtl

価格

無料

対応OS

Windows

特徴

2.CyberLink「PowerDirector」

出典: jp.cyberlink.com

PowerDirector(パワーディレクター)という動画編集ソフトで、サブスクリプション契約で購入することができます。

公式サイトでは素材やアドオンの配布も行っており、最低限の機能を兼ね備えながらもオリジナリティのある映像作品を作ることができます。

また、PowerDirector(パワーディレクター)はAVERMEDIA等と提携し、キャプチャボードを購入するとPowerDirector(パワーディレクター)のライセンスが付録として入手可能となるため、国内での認知度が高いことでも有名です。

サブスクリプション制となるので、有料動画編集ソフトを試してみたいという方は1ヶ月から契約してみてはいかがでしょうか。

ソフト名

PowerDirector

価格

サブスクリプション

1ヶ月:¥2,180

12ヶ月:¥8,480

対応OS

Windows、Android、iOS

特徴

  • 2020年に最新モデルが販売開始
  • シンプル操作でわかりやすい
  • 公式が豊富な素材を提供している

3.wondershare「filmora」

出典: filmora.wondershare.jp

filmora(フィモーラ)と読む動画編集ソフトです。

シンプルで直感的な操作ができる上に、テンプレートを用いて簡単にハイクオリティな動画を作成できる優秀な動画編集ソフトです。

公式が公開しているチュートリアル動画が非常にわかりやすく、日本語吹き替えでの解説となるため初心者が動画編集の基礎を覚えるには最適といえます。

手軽な動画も、しっかりとした動画もそつなくこなせる動画編集ソフトなので万人におすすめできます。

気になった方はまず無料プランで操作感を体験し、他製品と比較してみるのもいいかもしれませんね。

ソフト名

filmora

価格

年間プラン

¥6,980(PC1台)

対応OS

Windows、macOS

特徴

  • わかりやすいチュートリアル動画が豊富
  • 直感的な操作で初心者に優しい
  • 無料プランで体験可能(無料プランではロゴが入る)

4.Adobe「Premiere Pro」

出典: adobe-premiere.jp.malavida.com

様々なクリエイティブソフトを販売しているAdobeの動画編集ソフトです。

細かい調整や映像の表現方法が豊富に存在し、動画編集でやりたいことがすべてできると言っても過言ではないプロ向けの動画編集ソフトになります。
あの「シン・ゴジラ」はPremiere Proを使用して作成されているなど、映画製作にも利用されるソフトが月額約2,500円程で利用可能です。

機能が豊富な分初心者は苦戦しがちですが、初心者向けの解説サイトが多く見受けられるため表現手法は検索するだけで理解することができます。

動画編集の技術を向上させつつ、ハイクオリティな動画を作成したい方におすすめです。

ソフト名

Premiere Pro

価格

単体プラン

1ヶ月:¥2,480

対応OS

Windows、macOS

特徴

  • 細かい調整機能が豊富
  • 様々なエンコード形式に対応
  • 無料お試し期間あり

5.Apple「Final Cut Pro」

出典: support.apple.com

Appleが開発・販売しているmacOS専用の動画編集ソフトです。

Apple製品にデフォルトでインストールされている「iMovie」の進化版とも言えるFinal Cut Proですが、iMovieのシンプルで直感的な操作性はそのままに幅広い表現機能を追加した優秀な動画編集ソフトです。

アマチュアからプロまで幅広い層に利用されており、ネット上で見つかる情報量も多いため初心者〜上級者までおすすめできます。

ソフト名

Final Cut Pro

価格

¥36,800

対応OS

macOS

特徴

  • 買い切りのソフト
  • シンプルで直感的な操作性
  • 映像表現方法が豊富
  • 無料お試し期間あり

おすすめ動画編集ソフトまとめ

AviUtl

PowerDirector

filmora

Premiere Pro

Final Cut Pro

価格

無料

サブスクリプション

1ヶ月:¥2,180

12ヶ月:¥8,480

年間プラン

¥6,980(PC1台)

単体プラン

1ヶ月:¥2,480

¥36,800

特徴

  • 愛好会がある
  • 拡張プラグイン機能

  • 2020年に最新モデルが販売開始
  • シンプル操作
  • 公式の素材提供

  • わかりやすいチュートリアル動画
  • シンプル操作
  • 無料プランで体験可能(無料プランではロゴが入る)

  • 細かい調整機能が豊富
  • 様々なエンコード形式に対応
  • 無料お試し期間あり

  • シンプル操作
  • 映像表現方法が豊富
  • 無料お試し期間あり

備考

Windowsのみ

macOSのみ

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら