ゲーム実況・配信におすすめなキャプチャボードを紹介!利用シーンに合わせて選ぶポイントも解説

最終更新日

ゲームをパソコンにキャプチャして映像を出力する際、どうしても必要な機材として「キャプチャボード」があります。

  • キャプチャボードってどんな機能があるの?
  • 色んな種類があってどれがいいかわからない

などを解決するために、今回はキャプチャボードの機能や種類用途別おすすめキャプチャボードを紹介します。

キャプチャボードとは

出典: www.avermedia.com

キャプチャボードとは、PS4やXbox、Switchなどのゲーム機の映像をパソコンに出力するために必要な機材のことです。

ゲームからキャプチャボードに出力し、その映像をPCへ出力することで録画や配信ができる仕組みとなります。

PS4やXboxはゲーム機本体にゲーム配信機能が搭載されていますが、細かい配信設定ができないため、より高度で質の高い実況動画や配信を行うためにはキャプチャボードは必須アイテムとなります。

キャプチャボードの種類

キャプチャボードには大きく分けて2つの種類に分かれています。

それぞれメリットや用途に合わせて選ぶことができるので、自分に合ったモデルを探してみましょう。

外付けタイプ

出典: www.avermedia.com

外付けタイプは、その名の通りゲーム機やPCとはケーブルで接続し、PC外部に設置するタイプのキャプチャボードです。

ケーブルのみで接続するタイプですので、PCのパーツを換装する必要はなく、ノートPCや一体型PCでも使用できるため初心者にもおすすめです。

内蔵タイプ

出典: www.elgato.com

一方で内臓タイプはデスクトップPCのマザーボードに取り付け、PC内部にキャプチャ機能を搭載させるパーツとなります。

外付けと異なり、PCパーツとしてに内蔵するため機材がまとまるのと、接続するためのケーブル数が少なくなるためケーブルの不具合等が起こりづらいこともメリットとして挙げられます。

こちらはデスクトップPCでのみ利用可能で、グラフィックボード等を取り付ける拡張スロット(PCI Express スロット)が空いていれば増設可能です。

そのため、PCパーツを扱う必要があったり、ノートPCや一体型PCでは利用できないタイプとなります。

キャプチャボードを選ぶポイント

現段階で販売されているゲーム機の性能を踏まえると、キャプチャボードを選ぶ際に重要となるポイントはいくつかにまとめることができます。

下記ポイントを押さえて購入するキャプチャボードを選択することで、購入後に対応していない等で困ることも少なくなるはずです。

  • HDMI端子付き
    • 現在販売されているゲーム機のほとんどがHDMIを使用した映像出力がメインです。そのため、HDMI端子付きのキャプチャボードは必須となります。
  • パススルー機能付き
    • ゲーム機の映像をPCに出力し、PCの画面を見ながらプレイすると操作と映像に遅延が発生します。この遅延を防ぐ方法としてパススルー機能というものがあり、PCに加えてモニター(もしくはテレビ)にも映像を出力することで遅延無く快適にゲームをプレイすることができます。
  • 1080p/60fps対応
    • 1920×1080の解像度で、60フレームレートを出力できるキャプチャボードを検討しましょう。動画投稿時や配信時に解像度を落としてアップロードすることが可能となるため、高品質な動画を提供するためにも対応解像度の確認は必須です。
      また、次世代ゲーム機(PS5など)は120fpsでプレイ可能ではありますが、多くの場合は30or60fpsでの映像視聴となる場合が多いため60fpsでも十分な高品質映像として仕上がります。

用途別おすすめキャプチャボードを紹介

キャプチャボードの種類を解説したので、ここからは用途別のおすすめキャプチャボードを紹介します。

予算や利用シーンを踏まえて検討してみてください。

最低限の性能で価格を抑えたい人向け

TreasLin HSV321

出典: www.amazon.co.jp

商品名

TreasLin HSV321

接続端子

USB 3.0

入力端子

HDMI

パススルー機能

非対応

最大録画解像度

1920 x 1080(60fps)

対応ソフト

OBS Studioなど

キャプチャボードの相場が2万円~3万円代に対し、TreasLin HSV321は1万円台で購入できる低価格モデルとなります。

製品も大きくなく、ケーブルを接続するだけで簡単にPCへ出力することができるため初心者にもおすすめなキャプチャボードとなります。

一方で、パススルー機能は搭載されていないので精度が要求されるゲーム(FPSなど)には向いていないのでご注意ください。

商品情報を読み込み中です...

低スペック・汎用PCで利用したい人向け

AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS

出典: www.avermedia.com

商品名

AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS

接続端子

USB 3.1 Gen1 端子(Type-C)

入力端子

HDMI 2.0

パススルー機能

対応

最大録画解像度

1920 x 1080(60fps)

録画形式

MP4(「AVerMedia RECentral」をご利用の際)

対応ソフト

専用ソフト「AVerMedia RECentral」、サードパーティ製ソフト

その他

動画編集ソフト『PowerDirector 15 for AVerMedia』付属

ゲーム機の映像をキャプチャしたいが、使用しているPCのスペックが低い人汎用的なPCでも手軽に扱える外付けのキャプチャボードです。

高品質なゲーム映像を出力することはもちろんのこと、パススルー機能も搭載されているため、FPSなどの精度が重要なゲームでも遅延無くプレイすることができます。

さらに、動画編集ソフト『PowerDirector 15 for AVerMedia』が付属しており、これからゲーム実況等で動画編集をしたいという人にもおすすめです。

商品情報を読み込み中です...

ゲーム映像をPC不要で録画したい人向け

AVerMedia Live Gamer Portable 2 PLUS

出典: www.avermedia.com

商品名

AVerMedia Live Gamer Portable 2 PLUS

接続端子

USB 2.0(UVC・UAC 対応、プラグ&プレイの簡単接続)

入力端子

HDMI2.0、ヘッドセット端子(4極)、パーティーチャット端子(4極)

パススルー機能

対応

最大録画解像度

1920 x 1080(60fps)

録画形式

MP4(「AVerMedia RECentral」をご利用の際)、MOV

対応ソフト

専用ソフト「AVerMedia RECentral」、サードパーティ製ソフト

その他

動画編集ソフト『PowerDirector 15 for AVerMedia』付属

AVerMedia Live Gamer Portable 2 PLUSは性能的には上記で紹介した「AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS」と大きく変わりありませんが、録画したデータを直接microSDに保存することができます。

ゲーム機の映像を録画してPCで編集したいが、ゲーム機とPCの設置場所が離れている場合でも活躍するキャプチャボードとなります。

もちろん、SDカードを使用せずに直接PCへ録画することもできるので汎用性が高いキャプチャボードとして使えます。

出典: www.avermedia.com

商品情報を読み込み中です...

ゲーム配信をしたい人向け

Elgato Game Capture HD60 Pro

出典: www.elgato.com

 

商品名

Elgato Game Capture HD60 Pro

接続端子

PCIe x1

パススルー機能

対応

最大録画解像度

1920 x 1080(60fps)

エンコード

H.264

対応ソフト

OBS Studioなど

最大ビットレート

60 Mbps

ストリーミングデバイスで有名なElgatoが販売している内蔵型のキャプチャボードです。

高度な内蔵H.264エンコーダを搭載しており、パススルー機能も搭載されているため実際のゲーム体験を損なうことなくゲーム配信を行うことができます。

また、高品質な設定で配信をしながら1080p60fpsで同時に録画することもできるため、配信後のコンテンツ作りにも役立ちます。

商品情報を読み込み中です...

最高スペック環境を構築したい人向け

4K60 Pro MK.2

出典: www.elgato.com

商品名

4K60 Pro MK.2

接続端子

PCIe x4

パススルー機能

1080P240/1440P144まで対応

最大録画解像度

4K 60fps

エンコード

内臓ソフトウェアエンコード

対応ソフト

OBS Studioなど

最大ビットレート

140 Mbps

HD60 Proと同じElgatoが販売している上位モデルの内蔵型キャプチャボードです。

最大出力で4K60fpsまで対応しており、ビットレートも140Mbpsと、最高スペックで高品質な録画・配信が可能となります。

また、HD60 Proと異なり専用の内臓ソフトウェアエンコードとなるため更なる低遅延でゲーム体験を損なうことなくプレイが可能です。

ハイスペックゲーミングPCを使用しており、最高スペックでキャプチャ環境を揃えたい人におすすめです。

商品情報を読み込み中です...

用途別おすすめキャプチャボードまとめ

TreasLin HSV321

GC550 PLUS

Live Gamer Portable 2 PLUS

HD60 Pro

4K60 Pro MK.2

デザイン

 

出典: www.amazon.co.jp

 

出典: www.avermedia.com

 

出典: www.avermedia.com

 

出典: www.elgato.com

 

出典: www.elgato.com

定価

¥10,400(税込)

¥25,039 (税込)

¥21,980 (税込)

¥26,120(税込)

¥32,873(税込)

最大録画解像度

1920 x 1080(60fps)

4K 60fps

パススルー機能

非搭載

搭載

タイプ

外付け

内臓

用途

最低限の機能で価格を抑えたい人向け

低スペック・汎用PCで利用したい人向け

ゲーム映像をPC不要で録画したい人向け

ゲーム配信をしたい人向け

最高スペック環境を構築したい人向け

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら