【まおりゅう】転スラ新作アプリはどんなゲーム?特徴や魅力を紹介!【転生したらスライムだった件 魔王と竜の建国譚】

最終更新日
攻略大百科編集部

「転生したらスライムだった件 魔王と竜の建国譚」(まおりゅう)の特徴やゲームの魅力を、事前公開されている情報から読み解いていきます!

どんなゲーム?

ゲームの元となっている作品は、スライムに転生した主人公が魔物の国を作る異世界ファンタジー、「転生したらスライムだった件」。

「小説家になろう」から登場した作品で、漫画やアニメなど幅広く展開しています。

プレイヤーは主人公のスライムリムル」としてプレイすることができます。

自分だけの国を作ろう!

魔物の国「魔国連邦-テンペスト-」を発展させていくことができます。

「建築」ボタンから建物を選び、敷地内のマス目に建築することができるようです。

場所を確定すると建築が始まります。数分、数時間などの時間経過で建築が完了するシステムで、同時建築数を増やすこともできるようです。

住民数が増える住宅や、キャラに差し入れるための米や野菜を育てる畑訓練場と思われる施設、装備の製造や解放・分解ができる鍛冶屋など様々な施設があります。

また、施設はレベルアップすることができるようで、やりこみ要素の強い建国システムとなっているようです。住民数に応じた報酬もあり、住宅のレベルアップで住民数、最大住民数を上昇させることもできます。また、レベルに応じて施設自体の見た目も変わっていくようです!

また、作った町は地上視点で見ることもできるようです。効率性を重視した機能的な町、見た目を意識した美しい町…。建物の配置で個性を作れそうですね。

生産された金貨や食物は回収することができるようで、一括回収ボタンが左下に用意されています。

一括回収にも上限があるようなので、こまめに回収することが求められるようです。公開されている画像の一括回収の上限は「80」と非常に半端な数字となっているので、ゲーム内通貨やゲームの進行度等に応じて上限を増やすこともできそうです。

種類豊富なバトルクエスト

ボイス付きのアニメストーリーを追体験できるメインストーリーや、キャラ等の育成に使えると思われる「育成クエスト」や「捕食クエスト」「征討戦」など、様々な「中難易度クエスト」があります。

バトルは何回か敵が登場する「Wave」をクリアしていくターン制、カード選択コマンドバトル形式です。

同じクエストを連続で回る「周回」再生速度を上げる「倍速」、自動で戦闘する「AUTO」など、様々なモードが用意されているようです。公開されている画面では「周回」と「倍速」がグレーアウトしているので、クリア状況やプレイヤーレベル等に応じて解放される機能のようですね。

ボイス付きのストーリーが楽しめる!

ボイス付きのメインストーリーではアニメストーリーを追体験することができます。クローズドβテストでも4章まで楽しむことができます。

また、街中にいるキャラクターに話しかけることもできるようです。「キャラに差し入れをする」という機能があるようで、キャラごとのストーリーを楽しんだり、差し入れによるキャラの好感度稼ぎや強化ができるようです。好感度に応じたプレゼント等も貰えそうですね。

オリジナルのストーリーも登場

原作者監修のアプリオリジナルストーリーが楽しめます!事前情報では妙に強そうな、迫力あるゴブタの絵が公開されています。どのようなストーリーが展開されるのか、楽しみですね!

[PR]

ベータテスト開催中!

記事内の画像は公式サイトCBTサイト公式Twitterより引用

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ