【Apex Legends】進化アーマーの仕様変更!その他複数バグの修正も実施【エーペックス レジェンズ】

最終更新日

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)のシーズン6からアーマーの仕様が変更となり、賛否両論な意見が飛び交っていました。

大幅に仕様が変更となったアーマーに対するパッチが配布されたので、その他バグの修正と合わせて紹介します。


出典: www.ea.com

パッチノート一覧

アーマーの仕様変更

シーズン6開幕時、すべての進化アーマーのHPが-25となりましたが、今回のアップデートでHPが以前の数値に変更となりました。

レベル

変更前

変更後

Lv1

25

50

Lv2

50

75

Lv3

75

100

Lv4

100

125

※今回の変更は進化アーマーのみ。金アーマーは以前と同じ仕様。

運営の意図

運営は何か月もアーマーに関するテストプレイを実施していました。

テストプレイ中に優れたプレイヤーのほとんどがLv4赤アーマー+体力(225)で戦闘していることを問題とし、HPだけでなくポジショニングの重要性を優先させるためにシーズン6でアーマーHPを減らしていたとのことです。

しかし、ユーザーからの多数のフィードバックでは以前のHPを望む声が多く、今回のアップデートで仕様を戻す判断をしました。

大きな仕様調整に関してはユーザーからのフィードバックを基準に検討していくとのことです。

全般

  • サーバーがクラッシュするいくつかの問題を修正
  • いくつかのホロスプレーの外観を調整
  • コースティックの不適切なボイスを削除(クリプトに対する差別的発言)

オーディオ

  • ディヴォーション、ボルトの射撃音がでないことがあるバグを修正
  • コースティックのガスの中にクリプトドローンがいる場合、サーバー全体にその音が聞こえていたバグを修正
  • ドロップシップからレプリケーターをpingした場合、通常のpingと同じマークが表示されていたバグを修正

レプリケーター

  • 進化アーマー経験値のクラフトで、正常に進化しなかったバグを修正
  • コントローラープリセットで「ニンジャ」を選択しているとレプリケーターを使用できなかったバグを修正
  • レプリケーター使用中に味方がダウンした場合、蘇生できなかったバグを修正

ジブラルタル

  • シーラがドームシールドを貫通してしまうバグを修正

ランパート

  • フィニッシャー「容赦なし」を使用した際、サーバー全体にランパートのボイスを送信してしまうバグを修正
  • スーパーレジェンド装備で近接攻撃をした際、増幅バリケードを壊すための攻撃回数が増加してしまっていたバグを修正
  • シーラを使用中に壊されるとサーバーがクラッシュしていたバグを修正

クリプト

  • シーラ使用中のプレイヤーを検知できなかったバグを修正

レイス

  • レイスが死亡した場合、ポータルが消えてしまうバグを修正
  • ワールズエッジの間欠泉でポータルを使用するとゲームがクラッシュしてしまうバグを修正
  • ポータルとレプリケーターが隣接していた場合、レプリケーター起動時に発生するバグを修正

ローバ

  • 特定の場所でテレポートが失敗するバグを修正

 

パッチは既に配布済みで、ゲーム起動時にアップデートすることができます。

パッチノート引用元(英語):https://www.ea.com/games/apex-legends/news/season-6-armor-changes

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら