マリオカート8 デラックスで使えるテクニック集!速く走るためのコツ

「マリオカート8デラックス」で少しでも速く走るには、さまざまなテクニックを習得する必要があります。

使えるようになりたいテクニックをまとめましたので、少しづつ習得していきましょう。

ロケットスタート

スタートの際に特定のタイミングでアクセルを踏み、スタートと同時にダッシュするテクニックです。

頭上の数字が2になったあたりでアクセルボタンを押しっぱなしにしましょう。

ドリフト

トップスピードのままコーナーを曲がろうとすると、外側に膨らんでしまいコースアウトする危険性があります。コースアウトすると砂地に入って減速したり、ときには落下してしまったりすることもあり、大幅なロスになります。

それを避けるためには、アクセルを離したり、ブレーキを踏んだりしてスピードを落としながらコーナーを曲がるのが安全な方法です。ただし、少しでもタイムを縮めようと思えば、減速は最小限に抑えたいところ。そこで使いたいテクニックがドリフトです。

ドリフトの操作は、ジャンプボタンを押したままレバーを倒してコーナーを曲がります。コーナーの角度に合わせてレバーを調整しながらドリフトしましょう。
ドリフトを習得することが、マリオカート上達の第一歩です。

ミニターボ(スーパー、ウルトラ)

ドリフトを一定時間継続すると、マシンから出る煙の色が変化します。この状態でドリフトをやめると、直後にターボがかかり速く走ります。これがミニターボです。

ミニターボは、ドリフトの持続時間に応じて3段階に分かれ、以下の順に火花の色が変わります。

ミニターボ(青) 

スーパーミニターボ(オレンジ)


ウルトラミニターボ(ピンク)

ミニターボの継続時間は約1秒ずつ伸びますので、チャンスが有れば積極的に狙っていきたいテクニックです。


出典: topics.nintendo.co.jp

なお、軽量級ではミニターボがたまるまでの時間が短くなっています。ドリフトを多用するコースでは、軽量級が思わぬ力を発揮するかもしれません。

ジャンプアクション

ジャンプ台から飛ぶ瞬間にジャンプボタンを押すと、ジャンプアクションが発動します。着地直後にターボがかかり、速く走ります。

 

スリップストリーム

ライバルのマシンの後ろにしばらくついていると、風の抵抗を受けなくなり、マシンが加速します。後ろから追い上げるときは積極的に使いたいテクニックですが、アイテム攻撃には注意しましょう。

スピンターボ

反重力エリア(マシンが横向きに走っているところ)では、ライバルにぶつかるとスピンターボが発動して加速します。難しいテクニックは必要としないので、反重力エリアでは積極的に狙いましょう。

ドリフトブレーキ(減速ドリフト)

ドリフト中に軽くブレーキを踏むことにより、スピードを微妙に落としながらコーナーを曲がることができます。

きついコーナーは通常、ブレーキを踏んだり細かくドリフトしたりして走りますが、減速ドリフトを使うことにより、ドリフト状態を維持したまま走ることができます。

そうすることで、より強力なミニターボを発動させることができます。

カウンターステア

ドリフト中に、曲がっている方向とは逆にレバーを倒すテクニックです。ドリフト状態を維持したままコーナーを曲がることができますが、ミニターボをためるのに時間がかかります。

どこまで攻めきれるか、自分の腕やカートの性能から判断しましょう。

タッチアンドゴー

滑空中に複数の足場があるコースで使用可能なテクニックです。滑空中に足場に降りてジャンプアクションを決めつつ、すぐに滑空する動作を繰り返すことで、スピードアップを図ります。

スピンターン

マシンが止まっている状態で、アクセルとブレーキを同時に押すと、その場で方向を変えられます。うっかり逆走してしまったときなどに役立つテクニックです。

Uターン

バトルではスピンターンと同じ操作でUターンすることができます。

赤甲羅の避け方(アイテムガード)

アイテムを持った状態でアイテムボタンを押しっぱなしにすると、カートの後ろにアイテムをつけたまま走ることができます。こうすることで、赤甲羅など後ろから飛んでくるアイテムを防ぐことごできます。

青甲羅の避け方

発射されると、どの位置からでもトップを走るカートを狙ってくるトゲゾー甲羅(青甲羅)。当たると周りを巻き込んで爆発する、非常に厄介なアイテムです。

あえて先頭を走らないという対処方法もありますが、仮に狙われたとしても回避する方法があります。それは、当たる直前にキノコでダッシュをすること。トゲゾー甲羅は頭上で一度止まってから落ちてきますので、そのタイミングでダッシュしましょう。

また、アイテムのスーパークラクションを使うことでも、赤甲羅やトゲゾー甲羅を回避することができます。赤甲羅なら接近の合図があったタイミングで、トゲゾー甲羅なら頭上にやってきたタイミングで、スーパークラクションを使いましょう。

パックンの避け方

コース上にいるパックンは、一定の距離を保って走って回避しましょう。ライバルが使うアイテムのパックンは、回避が難しくなっています。確実なのはスターくらいでしょう。

 

デラックスで使えなくなったテクニック

サンドリ、ねじれドリフトなどのテクニックはマリオカート8デラックスでは使用できなくなっています。

マリオカート8デラックスでは、サンドリ、ねじれドリフトが廃止に

ニンテンドースイッチ
「マリオカート8デラックス」では、前作で使えた「サンドリ」や「ねじれ」が使えな...
続きを読む

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。