【マリオカートツアー】「リボンをつけたキャラで落ちているダッシュキノコを合計5回使う」攻略!リボンをつけたキャラって?

最終更新日

マリオカートツアーのチャレンジの「リボンをつけたキャラで落ちているダッシュキノコを合計5回使う」について紹介します。

ツアーチャレンジの課題のひとつ

リボンをつけたキャラで落ちているダッシュキノコを合計5回使うチャレンジは、「ツアーチャレンジ2」の中にあります。

チャレンジを攻略する方法

「リボンをつけた」キャラを使う

このチャレンジをクリアする前提条件として、「リボンをつけた」キャラを持っていないといけません。

リボンをつけたキャラとしては、キノピーチ が初期からいるほか、キャサリンウェンディキノピオ(パーティ) も該当しそうです。

キノピーチとウェンディはショップに並ぶ可能性があります。ドカンで出なかった場合は、コインを貯めてショップを毎日チェックしましょう。

キノコたいほうが使えるキャラを使う

リボンをつけたキャラが大前提ですが、「落ちているキノコを使う」というのも重要な条件です。

サンダー使用で落ちたキノコを使うのも良いですが、確実にやるなら前方にキノコを打ち出す「キノコたいほう」が使えるキャラを使いましょう。

リボンをつけたキャラでキノコたいほうが使えるキャラは、キノピーチキノピオ(パーティ) のみになります。

キノコたいほうがない場合は・・・

キノコたいほうが使えるキャラがいない場合は、ウェンディなどのリボンをつけたキャラで何度もコースをプレイしてサンダーで落ちたキノコを地道に拾っていくことになるでしょう。サンダーの確率が上がるサンダーばんがさあまぐもバルーン をつかうのも良いでしょう。

 

ただ、このチャレンジは自分で落としたキノコを使わないといけないわけではありません。キノコたいほうが使えるキャラが同じコース内にいれば、NPCが拾い損ねたキノコを拾える可能性があります。

もし対戦相手にキノピーチピーチ(きもの)ヘイホー(パティシエ)キノピオ(パーティ) のどれかがいる場合は、キノコたいほうを使わないか見てみましょう。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら