【マリオカートツアー】アイスツアーのタイムアタックの攻略法

最終更新日

「マリオカートツアー」のアイスツアーのボーナスチャレンジ「タイムアタック」の攻略方法について解説します。

「タイムアタック」はチャレンジステージ

「タイムアタック」は、「ベビィピーチカップ」と「クッパカップ」の最終ステージとなっています。

このボーナスチャレンジでグランドスターを3つ獲得するには、ベビィピーチカップでは1分16秒以内、クッパカップでは1分50秒以内のタイムでクリアする必要があります。

[PR]

チャレンジを攻略する方法

キノコが二つ貰える

キノコを二個所持した状態でスタートしますが、レース中に新たなキノコをゲットすることはできません。

二周のレースをなるべく早く走り切ることが要求されます。

ロケットスタート

まずロケットスタートを成功させましょう。

走り出しで加速できれば、一気にクリアに近づけます。

ドリフトしよう

ドリフトをなるべく多くしましょう。

ドリフト後のミニターボでの速度アップをしっかりしていれば、基本的にクリアできるようになっています。

長いカーブも多いですが、ウルトラミニターボになったらなるべく解放するようにしましょう。

カーブはなるべく内側を

大抵カーブの外側にコインやダッシュボードがあり、外側を走ることが多いと思います。

ですが、タイムアタックのステージは外側にダッシュボードがなく、そもそもポイントは加算されず高ポイントも要求されないためコインをとる必要がありません。そのため、タイムアタックステージのカーブはなるべく内側を走ることが重要になります。

特殊なステージ条件

「タイムアタック」は挑戦するステージ、キャラ、マシン、グライダー、cc(排気量)まで指定されたものしか使用できず、自分で変更することはできません。

せっかくですから、普段使わないキャラでのレースを楽しみましょう。

ステージ攻略

「ベビィピーチカップ」のタイムアタック

ステージ GBA クッパキャッスル
キャラ ベビィピーチ
マシン スケルトン
グライダー スーパーカイト
要求されるタイム 1:50:00

1:35:00

1:16:00

ポイント

クッパキャッスルではダッシュキノコでショートカットできる箇所が基本的に無く、「ここで使えば劇的にタイムが短くなる!」という場所がありません。

2周目になるとジャンプ台があるところに飛行できる青いジャンプ台が出ます。このジャンプ台を使うと少しタイムを短くできるので、踏んでいきましょう。

指を下にして上向きにカートを飛ばし、最後のダッシュボードでグライダーを付けたまま飛びます。

左側に飛ぶとマグマの上にジャンプ台があるので、このままジャンプ台でジャンプして着地しましょう。

「クッパカップ」のタイムアタック

ステージ GC ディノディノジャングル R
キャラ クッパ
マシン スケルトン
グライダー スーパーカイト
要求されるタイム 2:35:00

2:10:00

1:50:00

ポイント

2つ目のグランドスターまでは比較的取りやすくなっていますが、1分50秒をクリアするにはほとんどロス無く走る必要があります。筆者も何度か走ってみましたが、最高記録は1:46:84でした。

 

基本的に水が出ている割れ目は踏まないようにしましょう。水が出ている最中の割れ目を踏んで上空に打ち出されると、ドリフトによるターボができず速度が落ちるため、水が出ていないところを踏むか、割れ目自体を避けるようにしましょう。

水が出ていない場合は、ジャンプアクションによるターボで加速できるため、積極的に踏みにいきましょう。間違えて打ち上げられた場合は、即座にダッシュキノコを使うことでターボできない分をある程度カバーできます。

また、遠回りしないで済む範囲のコインはなるべく取っていきましょう。コインを取ることで極短時間ですがターボによる加速があります。

 

途中の橋は分岐で3方向ありますが、真ん中の橋を走るのが一番タイムが短くなるようです。

右側の端はダッシュボードがありますが遠回りしすぎ、左側の橋は近く見えますが最終的に右側の橋と合流するのが理由と思われます。

また、最後のグライダーで飛ぶ部分では、なるべく早く着地したほうがタイムが短くなります。指を上にして、下向きに飛ぶと早く着地できます。画面の下半分より上に指があると認識されずなかなか着地しないので注意してください。

攻略動画

実際に筆者が、ディノディノジャングル Rのタイムアタックを攻略してみました。参考にしてみてください。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら