【Apex Legends】必ずすべき「オススメ設定」感度から操作方法まで!勝率が上がる!【エーペックス レジェンズ】

最終更新日

FPSゲーム全般に言えることですがApex Legendsは特に、設定によってかなりプレイのしやすさが変わるゲームです。

このゲームを始めたら必ず設定を自分好みのものにしましょう。

設定画面はOPTIONSボタンを長押しで出すことができます。

必ず設定した方がいい項目

感度

Apex Legendsでは8段階から選ぶことができその数値が低いほど視点移動が遅く、高いほど視点移動が速いです。

通常時とADS時の感度は別々に設定できるのですがそれらは同じにするか、ADS時の方を低くすることをおすすめします。

低感度のメリット

エイムが合わせやすい

・反動制御がしやすい

・ゆっくり視点移動するため画面が見やすい

高感度のメリット

エイムを合わせるのが早い

・後方の敵に素早く対応できる

・キャラクターコントロール(ダッシュ、スライディングなど)がしやすい

ざっとメリットを並べましたがこれら全てを考慮して最適な感度を探すのは現実的でなく、その時間があれば早く感度を決めてそれに慣れる練習をした方が良いです。

では何を指標に感度を決めるべきかというとエイムを合わせやすいかどうか、これに尽きます。

トレーニング場で的を撃ってみて自分に合う感度を探しましょう。

エイムが合うのであれば高ければ高いほど良いですが、PS4のコントローラーでは36のどれかが妥当です。

視野角

FPSゲームでの視点は使用しているキャラクターの目に映る世界がそのまま画面に表示される、いわゆる一人称です。

そしてApex Legendsではその表示される範囲というのをこの視野角という設定で決めることができるのですが範囲が狭ければその中央にある人や物は大きく、範囲が広ければその中央にある人や物は小さく見えます。

これらは同じ場所から同じ方向を見て視野角だけを変更した比較画像です。

視野角70(最小)

 

視野角110(最大)

 

このように視野角が狭ければ標的が大きく表示され狙いやすく、視野角が広ければ画面上の情報量が多くなるのでそのバランスを考えて設定しましょう。

おすすめは80100です。

ちなみに視野角が広ければ広いほどキャラクターの移動が速く感じられます。

ボタン配置

Apex Legendsで選べるボタン配置は6種類です。

デフォルト

 

クイックジャンパー

 

ボタンパンチャー

 

エボリューション

 

グレネーダー

 

ニンジャ

 

おすすめはエボリューション

持ち方を変えずに移動と視点移動をしながらジャンプやしゃがみができるためキャラクターコントロールに優れており、上級テクニックであるバニーホップ(※)もしやすいです。

どのボタン配置でも固定で照準器エイムと攻撃がL2R2に割り振られていますが、それだと押し込みに若干の時間と労力を使ってしまうのでPS4本体の設定にあるアクセシビリティからL2L1R2R1をそれぞれ反転させることをおすすめします。

またはL2R2ボタンのデッドゾーンをなしにすることで軽く押してもボタンが反応するようになります。

お好みで設定する項目

しゃがみボタン

多くのプレイヤーは切り替えに慣れていると思いますが、バニーホップをするならホールドにする必要があります。

振動

少しでもプレイのしやすさを向上させたいのであればオフがおすすめです。

明るさ

明るいほど暗所での索敵がしやすいですが、目の負担も考慮しなければなりません。

オーディオ

敵が出す足音などの物音に集中するためにBGMの音量は下げましょう。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら