【ブラッドボーン】アメンドーズ攻略|攻撃パターンと対処法【Bloodborne】

最終更新日
攻略大百科編集部

『ブラッドボーン』の悪夢の辺境に登場するボス「アメンドーズ」の攻略情報です。

「アメンドーズ」の基本情報

弱点属性:火炎・神秘・雷光

悪夢の辺境に待ち受けるボス「アメンドーズ」は「隠し街ヤハグル」や「聖堂街」などにステージギミックとして登場していた強大な敵です。

全部で7本の腕を持ちその腕を駆使した攻撃をしてくるため挙動が独特で掴みにくい相手です。

[PR]

「アメンドーズ」の行動パターン

100%~70%

  • その場ジャンプ攻撃
  • 足踏み
  • レーザー
  • 吐瀉攻撃
  • 掴み攻撃
  • 前方叩き付け
  • 右手を伸ばして前方叩き付け
  • 右手伸ばし→左手伸ばし→叩き付け
  • 右手殴り
  • 左手殴り
  • 左手殴り(後ろ腕が付いてくる)
  • 左手殴り→右手殴り(後ろ腕が付いてくる)
  • 足元攻撃(3連続)

70%以降で追加

  • 咆哮後パターン変化
  • レーザー(往復)
  • 吐瀉攻撃(広範囲)
  • 前方叩き付け後爆発(爆発は神秘属性)
  • 右手伸ばし→左手伸ばし→叩き付け+爆発
  • 両手叩き付け+爆発
  • 右手払い→左手殴り→右手叩き付け→右手殴り→両手攻撃
  • 左手殴り→右手殴り(2回)
  • 左手叩き付け+爆発→右手叩き付け+爆発
  • 破壊された部位の回復

30%以降で追加

  • 後ろ腕をちぎって手に持つ(パターン変化)
  • 連続レーザー
  • 右手叩き+爆発→左手叩き+爆発→右手叩き+爆発

「アメンドーズ」の攻略

全体共通

弱点は頭部ですが、多くの攻撃は高い位置にある頭部に攻撃が届きません。縦に判定の広い攻撃を出せる武器があれば利用するのも手です。ノコギリ鉈変形後のR1攻撃などが該当します。

狙いやすい脚は非常に硬く、腕に対しては頭部の半分ほどのダメージしか入りません。ただし腕は部位破壊によって防御力が下がるので腕を狙って戦うのは悪くありません。

全体的に腕の多さを活かした時間差2連続パンチなど避けにくい攻撃が多くなれるまで苦戦する可能性が高いです。

また、ロックオンは頭部と胴体の2ヵ所に可能ですが、胴体に深く潜りこむと頭部へのロックオンは外れてしまうので注意が必要です。

内臓攻撃について

頭部にダメージを与えて怯ませると内臓攻撃が可能です。2回目以降は怯みにくくなるため、30%以降の行動に対応できずやられてしまう場合などは頭部を狙うタイミングを調整してみるのも一つの手です。

100%~70%

今期強く敵の攻撃を待ちながら戦うのが必要なボスです。距離を取り過ぎるとビーム攻撃を誘発してしまうので近接攻撃を出してくる距離感で敵の攻撃を避けながら、長い隙のある攻撃の後に頭部や腕に攻撃を当てていくのが安全でしょう。

足元を叩く攻撃と倒れこみ攻撃のあとに頭を、吐瀉攻撃や左腕を連続で叩き付ける攻撃の後に腕を狙うのが隙が大きめなためオススメです。

70%~30%

70%の咆哮後には敵の叩きつけ攻撃後に爆発が起きるようになります。攻撃範囲が広がる他にもこちらの攻撃に使える隙が減るので注意しましょう。

30%以降

自分の腕を2本もいでそれを手に持って攻撃してくるようになり攻撃範囲が大きく広がります。前方に対する攻撃範囲が非常に広く距離を取ることもままならなくなるので気を付けましょう。ただし近づいてしまえば伸びたリーチに何の意味もなくなるのでしっかり距離を詰めて戦いましょう。

胴体の下まで潜ってしまい、踏みつけ攻撃などを誘発して避けて攻撃するのを繰り返すのが理想的なパターンです。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ