【ブラッドボーン】星界からの使者攻略|攻撃パターンと対処法【Bloodborne】

最終更新日
攻略大百科編集部

『ブラッドボーン』の聖堂街 上層に登場するボス「星界からの使者」の攻略情報を掲載しています。

「星界からの使者」の基本情報

弱点属性:刺突・血質・火炎・雷光

これまでのエリアでも雑魚敵として存在していた星界からの使者のボス個体との戦闘になります。

複数の星界からの使者が存在するボス戦となっていますが、本体は1体のみでボスのHPはその1体のみが持っている形となっています。

[PR]

「星界からの使者」の行動パターン

HP100%~60%

行動なし(プレイヤーに近づかず、こちらから寄ると離れていく)

HP60%~

  • 巨大化(パターン変化)
  • 連続殴り
  • 連続ビンタ
  • 地団太

HP30%~

  • 触手が生える(パターン変化)
  • 連続魔法攻撃
  • 誘導魔法攻撃
  • 雑魚回復魔法

「星界からの使者」の攻略

全体共通

前半と後半で大きく動きが変わるボスとなります。全体共通の注意点としては複数存在している小さな星界からの使者は倒しても復活することと、フィールドにいくつか袋小路になっているところがあるため、そこに入ると抜け出せなくなってこちらが倒れるまでひたすら攻撃を受ける可能性があること程度です。

雑魚を複数まとめて処理しやすい「ルドウイークの聖剣」の変形後などを使用するのがオススメです。この後それぞれのパートについて解説しています。

内臓攻撃について

バックスタブにて体勢を崩すと内臓攻撃が可能です。

100%~60%

開幕後しばらくはボス個体のみこちらに対して攻撃的な姿勢を見せません。そのため、よく見ればどれがボス個体なのかわかるはずです。囲まれると危険なため周りの雑魚の攻撃に気を付けながら本体に近づいて攻撃していきましょう。

HP60%~30%

HPが60%を切るとボスが巨大化し、これまでとは変わってこちらへと積極的に攻撃を仕掛けるようになります。

このパートは物理攻撃が主となるため、これまでより雑魚やボスとの距離感が重要になります。囲まれそうな場合には雑魚を処理したり走って距離を取ることも必要になってきます。

HP30%以降

ここからは触手が生え、魔法攻撃を使用するようになります。近距離では物理攻撃をメインに繰り出してくる点に変わりはないので敵との距離感が重要です。とはいえ、雑魚も相変わらず迫ってくるためどうしても距離を取りたい場面が出てくることがあります。その場合にはフィールド上の柱などをうまく遮蔽物などとして利用すると安全です。回復の際などに活用しましょう。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ