【ブラッドボーン】星の娘 エーブリエタース攻略|攻撃パターンと対処法【Bloodborne】

最終更新日
攻略大百科編集部

『ブラッドボーン』の嘆きの祭壇に登場するボス「星の娘 エーブリエタース」の攻略情報を掲載しています。

「星の娘 エーブリエタース」の基本情報

弱点属性:刺突・雷光・火炎

弱点特性:対眷属

大聖堂エリアの最奥である嘆きの祭壇に存在する上位者のボスがエーブリエタースです。

上位者共通の弱点である雷光はもちろん、火炎と刺突が弱点です。

[PR]

「星の娘 エーブリエタース」の行動パターン

HP100%~

  • 頭突き攻撃(弱・強の2種)
  • 後退頭突き
  • 左手攻撃
  • 左手薙ぎ払い
  • 左手振り払い
  • 右手攻撃
  • 右手薙ぎ払い(頭部の下を小さく薙ぎ払うものと広範囲の2種)
  • 右手振り払い
  • 倒れこみ
  • 突進
  • 掴み攻撃※発狂属性
  • 振り向き攻撃

HP70%以降追加

  • 血吐き攻撃(薙ぎ払い型と直線の2種)※発狂属性
  • ジャンプ攻撃

HP50%以降追加

  • パターン変化(近づくとスリップダメージを受けるように変化)
  • レーザー攻撃(3連続)
  • 空中突進攻撃
  • 連続薙ぎ払い攻撃

「星の娘 エーブリエタース」の攻略

全体共通

左右の腕と頭が部位破壊可能な部位となっています。破壊した部位は防御力が下がります。

また特に有効な属性は雷光属性となっています。「雷光ヤスリ」を使用して戦闘するのを忘れないようにしましょう。

頭突き攻撃の後隙など頭が下がる攻撃を出した後は頭に攻撃を入れるチャンスとなりますので敵の攻撃に対応して弱点を攻撃していきましょう。

内臓攻撃について

頭部の怯み時に頭部に近づくことで内臓攻撃が可能です。

通常時は高めの位置にある頭部へと攻撃が届きにくい武器もありますので、その場合は50%を切った際のパターン変更への予備動作中になるべく頭に攻撃を加えておくといいでしょう。

100%~70%まで

開幕から70%までは強力な攻撃が少なめです。注意するべきは距離が離れている際そして、正面にこちらが位置する際に使用する傾向のある突進攻撃となります。この攻撃は非常に横の範囲が広く回避するのが難しいです。

基本的にはそこまで距離を取らずに戦うのが基本となりますのでそこまで心配はいらないですが、回復の際に距離を取りたい場合などは注意しておきましょう。

攻撃はなるべく側面や後方から行うのが安全です。この際は敵の行動をよく見ながら次の位置を取れるように余裕を持って行動しましょう。

70%以降

70%以降は行動パターンが増えます。血を吐く攻撃には発狂効果がありますので注意しましょう。

それ以外は特にここまでと変化ありません。先ほどと同じように側面などから余裕を持って攻撃を加えていきましょう。

50%以降

50%以降からが本番といって差し支えないほど強力になります。

まず、HP50%を切った時点で予備動作に入りこの予備動作後、パターン変化し近づくだけでこちらにスリップダメージが入る状態になります。

予備動作の際に頭部が下がるため頭に攻撃を入れるチャンスとなりますが、この予備動作を止めても怯み解除時にスリップダメージを入れる状態になってしまいます。

また、行動パターンとして増えるレーザーも非常に高威力のため注意が必要です。このレーザーは予備動作としてボスの頭上でエネルギーが溜まり、その後こちらに向けて射出されますが、エネルギーが溜まる位置が高いため接近している際に予備動作を見逃す可能性があることに注意が必要です。

レーザー攻撃そのものは左右にダッシュすることで比較的安全に回避することが可能ですが、レーザーがこちらを追ってくることと、レーザー攻撃中にボスが別の物理攻撃を繰り出すことができるという性質上何かの拍子に食らってしまう可能性があります。レーザー攻撃を避ける際はできる限り距離を取って回避するのが安全でしょう。

もっとも簡単な攻略方法としては50%突入時の予備動作に合わせて頭部破壊→頭部に溜め攻撃を入れてから内臓攻撃→再び敵の予備動作に合わせて頭に攻撃という形が50%を切ってからの戦闘時間が短く済み簡単になります。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ