【北斗が如く】ラオウの攻略法【第九章ボス】

最終更新日
1
件のコメント

ラオウは高い攻撃性能を持つ強敵です。こちらのガードを破る攻撃をしてくるので、ケンシロウの技の能力解放を行い、トキの修行を受けて回避技のバリエーションを増やしてから挑むようにしましょう。

回避技を覚えないで戦う場合は、回復力の多い回復アイテムを多く準備すると安心して戦えます。

戦い方

ラオウはガード不能技を多用してきますので、ガードではなくスウェイを使うことをメインに戦いましょう。また、高い追尾性能を持つ蹴り(原作の無想陰殺のような蹴り)でカウンターを仕掛けてきます。このため、ノーダメージでの撃破はかなり難しいのでケンシロウの体力には十分気をつけて戦うようにしましょう。

ラオウから離れすぎると北斗剛掌波で遠距離攻撃をしてくるので、あまり離れすぎないようにしましょう。

ラオウの体力が4分の1程度減ると、ボタン入力の画面になって天将奔烈を使ってくるようになります。天将奔烈は高威力の技なので攻撃を受けてしまったら回復を心がけましょう。

ラオウの体力が残り少なくなると、再び画面に表示されたボタンを入力する画面になります。入力に成功するとラオウに大ダメージを与えることができます。この後、北斗剛掌波天将奔烈を多用するようになります。

 

攻撃の防ぎ方

ラオウはガード不能技を多く使ってきます。こちらの攻撃が届く程度の距離でラオウの攻撃をスウェイでかわすのが基本になります。それでも攻撃を受けてしまうので地面に倒れてしまった場合は追撃を受けないように×ボタンを連打して素早く復帰するようにしましょう。

スウェイに自信が無い場合はバトルフィールドを走り回って、ラオウの背面から攻撃をしかけるようにすると攻撃を避けやすいです。

ラオウの攻撃はどの技も強力なので、体力の回復は早めを心がけましょう。

コメント一覧(1)

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
名ゆと無しさん 2018年5月19日

つよすぎw



記事へのご指摘・ご意見はこちら