【オートチェス】ウォリアー6のおすすめテンプレ構成と立ち回り【Auto Chess:Origin】

最終更新日

オートチェスにおけるウォリアー6構成のおすすめテンプレ構成や立ち回りについて紹介します。判断基準や立ち回りを具体的に解説しているので、是非参考にしてください。

ウォリアー6の特徴

序盤から安定して強い

ウォリアーの駒は数が多く、序盤から集めやすいので、安定してシナジーを発動することができます。シナジーがうまく発動できずに負けるといったことが少ない構成です。

[PR]

ウォリアー6のおすすめテンプレ構成

ウォリアー6のテンプレ構成は下記の通りです。

  • ウォリアー6 / ビースト4
  • ウォリアー6 / ビースト2 / ヒューマン2 / マリーン2

ウォリアー6

駒名 価格
海賊王 4G
バーサーカー 4G
熊のドルイド 4G
終焉のデーモン 4G
人狼 3G
セイウチボクサー 1G

ウォリアー6構成のウォリアー枠は、基本的に上記の6体になります。特に海賊王、バーサーカー、熊のドルイドは必須なので、これらの駒が入手できない場合は違う構成を目指しましょう。

1G、2Gの駒で代用もあり

最終的に4Gの駒を全て集めることは難しいので、1Gや2Gの駒を☆3にすることで1、2体であれば代用することもありです。理想の構成を作ることができなくても、十分に強いのがウォリアー構成の魅力でもあります。

ビースト4

駒名 価格
熊のドルイド※ 4G
魔毒の芋虫 3G
人狼※ 3G
セイウチボクサー※ 1G

ウォリアー枠の熊のドルイド、人狼、セイウチボクサーが集まっていれば、魔毒の芋虫を加えるだけでビースト4シナジーを発動することができます。魔毒の芋虫はビーストシナジーと相性が良いのでほぼ必須と言えるでしょう。

ビースト2の場合は熊のドルイド、人狼がおすすめ

ビースト2シナジーを発動するだけなら熊のドルイド、人狼がおすすめです。魔毒の芋虫の集まりが悪い場合はビースト4を狙わない方が良いでしょう。

マリーン2

駒名 価格
アクアハンター 5G
深海の守護者 2G

ウォリアー6構成は終盤の育ったメイジ構成のスキルダメージを耐えることができないので、他のプレイヤーがメイジ構成を作っている場合はマリーンシナジーを発動させましょう。なので、深海の守護者は序盤から積極的に集めておくと良いでしょう。

 

※ヒューマンは海賊王、人狼が居れば発動するので、省略しています。

ウォリアー6構成を目指す状況とは

序盤にウォリアーorビーストの駒を重ねて引けた時

序盤にウォリアーorビーストを重ねて引くことができ、尚且つ☆2にレベルアップすることができた場合は、ウォリアー6構成を目指すと良いでしょう。特にセイウチボクサーや人狼の重なり具合は非常に重要なので、重ねて引くことができた場合は率先してウォリアー6構成を狙いにいくと良いでしょう。

4Gの駒を重ねて引けた時

4Gの駒である海賊王やバーサーカー、熊のドルイドはウォリアー6構成の主軸なので、これらの駒を重ねて引くことができた場合は、ウォリアー6構成を目指すと良いでしょう。4Gの駒をいかに集めていくかが鍵になるので、集まりが悪い場合は1G、2Gの駒が集まっていても途中で諦めるのも1つの手です。

ウォリアー構成を狙っているプレイヤーが少ない場合

ウォリアー構成は他の構成に比べて作りやすいので、他のプレイヤーも狙っている可能性が高いです。なので、ウォリアー構成を狙っているプレイヤーが少ない場合に目指すようにしましょう。目安として、ウォリアー構成を狙っているプレイヤーが3人以上の場合は他の構成を目指すと良いでしょう。

ウォリアー6構成の立ち回り

序盤の立ち回り

1G、2Gのウォリアーを集めてシナジーを発動させる

ウォリアー3やビースト2シナジーを発動させることができれば、序盤は容易に凌ぐことができます。なので、1G、2Gのウォリアーを集めてとにかくシナジーを発動させましょう。最終的に使わない駒でもウォリアーやビーストであれば率先して集めておくと良いでしょう。

中盤の立ち回り

4Gの駒をショップに出現させるためにレベルを8まで上げる

ウォリアー6構成は4Gの駒が多く必要です。それらの駒を効率的に集めるために、レベルを8まで上げてからショップを更新しましょう。

終盤の立ち回り

相手に合わせて駒を集める

極端に言えば、相手がメイジ構成の場合はマリーンの駒、その他の構成の場合は単体で強い駒を集めると良いでしょう。単体で強い駒のおすすめはジャイロコプターです。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら