【ダクソ3】冷たい谷のボルドの攻略|攻撃パターンと立ち回り解説【ダークソウル3】

最終更新日
攻略大百科編集部

ダークソウル3のボス「冷たい谷のボルド」について攻撃パターンや立ち回りを解説します。

冷たい谷のボルド

ロスリックの高壁のボスで、槌を持ち鎧を纏った四足歩行の敵です。

前方への攻撃がメインのため、後ろや体の下に潜り込むと攻撃が当たらず一方的に殴れます。

闇属性が弱点なので、道中にある深みのバトルアクスを使うと楽になります。

突進後の冷気ブレスの時に、最大まで溜めた強攻撃を頭にいれると、怯んで致命の一撃を取ることができます

[PR]

攻撃パターン

擦りながらの薙ぎ払い

持っている槌を地面に擦りながら大きく薙ぎ払う攻撃です。

予備動作が長く前方への範囲が広いため、腹の下に潜り込んだり距離をとれば避けれます。

薙ぎ払い

持っている槌で薙ぎ払う攻撃です。

こちらは地面を擦らず、素早く放ってきます。

左側の判定が甘いので、左側にローリングして避けるのが安全です。

叩きつけ

持っている槌で叩きつけてくる攻撃です。

動作がはやく被弾しやすいです。

左右や後ろにローリングすれば避けれます。

物理カット100%の場合、盾ガードもおすすめです。

殴り

武器を持っていない腕で殴ってくる攻撃です。

こちらも動作がはやく被弾しやすいです。

後ろにローリングや盾ガードで無効化するのがおすすめです。

突き

武器で突いてくる攻撃です。

覚醒前の攻撃の中では一番はやく、被弾しやすい攻撃です。

範囲が前方のみかつスタミナ攻撃力は低いので、盾ガードするのが安全です。

押し潰し

体を少しあげ、武器と一緒に押し潰してくる攻撃です。

範囲が少し広く、腹の下にまで届く場合があるので、体を浮かしたらガードか離れるようにしましょう。

突進

覚醒後によく使ってくる攻撃です。

2~4回ほど連続で使ってくることもあります。

連続で使用後はブレス攻撃がくるので、致命の一撃を狙うか後ろから攻撃すると安全です。

冷気ブレス

主に突進後に使ってくる攻撃です。

前方広範囲に冷気属性のブレスを吐きます。

くらうと凍結やられになるので後ろに回るなどして避けましょう。

予備動作が長いので、近づいてしまえば攻撃チャンスです。

また、溜めてる最中に頭に最大まで溜めた強攻撃を当てることで、致命の一撃を取れます

両手擦り薙ぎ払い

両手で槌を地面に擦りながら前方を大きく薙ぎ払う攻撃です。

ためからの攻撃までがはやく、避けにくい攻撃です。

左右どちらからも放ってきます。

攻撃範囲が広く離れていると避けにくいため、後ろに回りながら戦うのが有効です。

槌振り回し

槌を地面に当て身体ごと大きく振り回す攻撃です。

一発目はあまり動きませんが、二発目で一気に詰めてくるので注意です。

後ろに下がっておけば当たりません。

コメント一覧

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。

関連カテゴリ・タグ