【ダクソ3】覇王ウォルニールの攻略|攻撃パターンと立ち回り解説【ダークソウル3】

最終更新日
攻略大百科編集部

ダークソウル3のボス「覇王ウォルニール」について攻撃パターンや立ち回りを解説します。

覇王ウォルニール

カーサスの地下墓のボスで、巨大な骸骨の見た目をしています。

覇王ウォルニール戦は、黄色く光る腕輪3つを破壊するかHPを削り切ると倒すことができます。

体には常に闇の霧を纏っているため、近づくだけでダメージを受けるので注意です。

その周で初めて戦う場合は近づくまで姿が見えず、その間のみ毒や冷気などの状態異常が有効です。

[PR]

主な攻撃パターン

左手叩きつけ

左手を振り上げて叩きつける技です。

見た目以上に当たり判定が広く避けにくい攻撃です。

離れるか振り下ろした瞬間にローリングすれば避けられます。

右手叩きつけ

右手を振り上げて叩きつける技です。

左手と同じ技で、離れるか振り下ろした瞬間にローリングすれば避けられます。

右手薙ぎ払い

右手で薙ぎ払う攻撃です。

攻撃範囲が広く離れていても避けにくい技です。

覇王ウォルニールに近づくと当たりません。

闇のブレス

頭を少し上げ、口から霧状のブレスを吐き出す技です。

攻撃範囲が広く、ブレスに触れている間はダメージを受け続けます

離れるか腕の近くにいれば当たりません。

攻撃チャンス

この攻撃は腕の近くにいれば当たらないため、腕輪破壊のチャンスになります。

骸骨召喚

左手を頭部付近に持って行き、溜めた後地面に叩きつけて骸骨を召喚する技です。

召喚される骸骨は腕輪の破壊数で変わり、1つ破壊で車輪と一体化した骸骨、2つ破壊で骸骨の剣士が追加されます。

この骸骨は復活するため、倒すなら祝福派生させた武器がおすすめです。

覇王ウォルニールの攻撃は、骸骨にもダメージがあるため、巻き込んで倒すのも有効です。

聖剣召喚

右手を頭部付近に持って行き、巨大な聖剣を召喚する技です。

この技を使った後は、攻撃パターンが聖剣を使ったものに変化します。

攻撃チャンス
聖剣を使った攻撃は右手なので、左手を中心に攻撃しましょう。

縦斬り(聖剣)

聖剣を降り上げて叩き切る攻撃です。

横にローリングすれば避けられます。

リーチが長く、離れていても当たりやすいため注意です。

連続斬り(聖剣)

聖剣を使い、左右に斬りつける攻撃です。

攻撃範囲が広く、ダメージも高い危険な攻撃です。

左手の近くにいれば当たりません。

神の怒り(聖剣)

聖剣を地面に突き刺し、周囲に大ダメージを与える技です。

攻撃範囲が広く、腕の近くにいても当たるため注意です。

発動まで少し時間があるため、聖剣を両手で持ったら急いで離れましょう。

この技の後は聖剣は消え、素手に戻ります。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ