【夢をみる島】セーブに関する情報まとめ!セーブ方法・セーブデータ数・お預かり機能など【Switch版/ゼルダの伝説】

最終更新日

Nintendo Switch版『ゼルダの伝説 夢をみる島』のセーブデータに関する情報まとめです。セーブ方法、セーブデータ数(スロット数)、セーブデータお預かり機能の対応について解説しています。

セーブについて

セーブ方式

夢をみる島は手動セーブとオートセーブの両方に対応しています。

手動とオートでファイルが分けられているため、オートセーブが手動セーブを上書きする心配はありません。

セーブ方法 (手動)

  • +ボタンでメニューを開く
  • Rボタンでシステムの画面を開く
  • 「セーブ」を選択する

セーブデータ数

手動セーブデータは3つまで、オートセーブデータは1つだけ残しておくことができます。

手動用のファイルはどこにセーブするか自由に選択できるので、進行度に合わせて使い分けたり、バックアップとして複数残しておくことができます。

セーブデータお預かり機能

夢をみる島はセーブデータのお預かり機能(バックアップ)に対応しています。

Nintendo Switch Onlineに加入すれば、セーブデータのバックアップをオンライン上に残しておくことができます。

バックアップ方法


  • ホーム画面で夢をみる島にカーソルを合わせる
  • +ボタンでメニューを開く
  • 「セーブデータのお預かり」を選択し、バックアップを開始する

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら