【ブラッドボーン】聖職者の獣攻略【Bloodborne】

最終更新日
攻略大百科編集部

『ブラッドボーン』のヤーナム市街に登場するボス「聖職者の獣」の攻略情報を掲載しています。

「聖職者の獣」の基本情報

弱点属性:炎

弱点特性:ノコギリ

ゲーム開始から最速で出会うことのできるボスです。初登場の大型ボスであり、行動パターンも変化する強敵です。

倒さずにシナリオを進行することのできるボスではありますが、大型ボスとの戦闘における基礎を学ぶこともできる敵であるため、ある程度慣れるまで戦闘しておくのがオススメです。

[PR]

「聖職者の獣」の攻略

全体共通

ゲーム開始後最初の大型ボスである「聖職者の獣」との戦闘では、高い位置にロックオンが入ってしまいカメラが見にくくなることや橋という戦闘ステージの特性上左右が狭く余裕がないことも含めて最初はかなり苦戦を強いられることになることが多いです。

  • 後方に広く下がれる場所を取っておくように立ち位置を調整すること
  • なるべく相手が近接攻撃を出す範囲に張り付いて回避は敵の後ろに回り込むように回避を行うこと
  • 頭部を怯ませるとき以外はロックオンを使わずに立ち回る

この点を抑えて戦うと敵の行動への対処が行いやすくなり、回復したいときに下がれる場所がないということも減ります。

また、両方の腕に対して一定のダメージを与えると怯みが発生します。チャンスを能動的に作れる手段となりますので攻撃回避後は腕を狙うよう心がけましょう。弱点は炎属性となるためアイテム「火炎瓶」を利用するのも有効です。

内臓攻撃について

敵の頭部に攻撃を与えることで怯みます。頭部をロックオンして銃撃でダメージを蓄積させて怯ませれば内臓攻撃が可能です。2回目以降は怯みにくくなるので注意が必要です。

100%~70%

敵の連続攻撃が厄介で食らい始めると大きく体力を削られやすくなるため予備動作をよく見て、敵の後ろへと回避をしてから攻撃を加え、深追いは避けましょう。

しっかり敵の攻撃を回避し、その後の隙に無理しない程度に攻撃を加える」ことが基本となります。

70%以降

敵の攻撃が激しくなり隙の少ない攻撃も増えてきます。大きく隙をつきやすい攻撃は両手でつかむ攻撃の回避後になりますので、敵の行動をよく見てチャンスを逃さず攻撃しましょう。また、腕を狙って攻撃をすると怯みが発生しますので攻撃する際はできる限り腕を狙って攻撃すると敵の隙を作りやすくなります。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ