【パルワールド】専用サーバーのワールド設定を変更する方法【ゲーサバ大百科】

攻略大百科編集部
1
件のコメント
URLコピー
パルワールドサーバー > 専用サーバーの設定変更


Palworld(パルワールド)』のマルチサーバーの設定を変更する方法を紹介します。

※Ver 0.2.1.0 の内容に対応しました

サーバーの設定を変更するには

パルワールドのゲーム内の設定を変更するには、サーバーにある設定ファイル(INIファイル)の値を好みの値に変え、ゲームを再起動させれば変更内容がゲームに適用されます。

設定変更の大まかな流れ

  1. 設定ファイル( ini ファイル)を準備する
  2. ゲームを停止する
  3. 設定ファイルをサーバーに設置(転送)する
  4. ゲームを起動する

サーバー上でファイルを編集できる人は、サーバー上で直接ファイルの修正を行う事ができます。
でもUnix系のサーバーでコマンドプロンプトでテキストファイルを修正するのに慣れていない場合は、自分のPCにファイルを持ってきて編集し、転送する方がかなり楽に修正・管理できます。

本記事では、設定ファイルを自分のPC上で修正してファイル転送を行う方法を紹介しています。

サーバー設定の変更手順

設定ファイルの準備

サーバー側に設置する設定ファイルは

 PalWorldSettings.ini 

というファイル名になります。

デフォルト設定ファイル

パルワールドのサーバには、デフォルトとなる ini ファイルDefaultPalWorldSettings.ini 」が用意されています。このファイルをコピーして利用できます。デフォルトファイルは以下の場所にあります。

(palworldインスト―ルディレクトリ)/DefaultPalWorldSettings.ini

インストールされたディレクトリは、一般的には「/opt/palworld/」か「/home/palworld」あたりになります。こちらはご自分の利用しているサーバーを確認してください。

  • ConoHa for GAME を利用している場合、インストール先は /opt/palworld/ になります。
  • Xserver for TGAME を利用している場合、インストール先は /home/steam/Palworld/ になります。

このファイルをローカルPCにもってきてファイル名を変更して利用しましょう。以下の「DefaultPalWorldSettings.ini の内容」をコピーしてテキストファイルに保存してもOKです。

設定ファイルの初期値(デフォルト値)

デフォルトの ini ファイルの中身はこちらになります。

※赤字の部分が Ver 0.2.1.0 より追加になっています

; This configuration file is a sample of the default server settings.
; Changes to this file will NOT be reflected on the server.
; To change the server settings, modify Pal/Saved/Config/LinuxServer/PalWorldSettings.ini.
[/Script/Pal.PalGameWorldSettings]
OptionSettings=(Difficulty=None,DayTimeSpeedRate=1.000000,NightTimeSpeedRate=1.000000,ExpRate=1.000000,PalCaptureRate=1.000000,PalSpawnNumRate=1.000000,PalDamageRateAttack=1.000000,PalDamageRateDefense=1.000000,PlayerDamageRateAttack=1.000000,PlayerDamageRateDefense=1.000000,PlayerStomachDecreaceRate=1.000000,PlayerStaminaDecreaceRate=1.000000,PlayerAutoHPRegeneRate=1.000000,PlayerAutoHpRegeneRateInSleep=1.000000,PalStomachDecreaceRate=1.000000,PalStaminaDecreaceRate=1.000000,PalAutoHPRegeneRate=1.000000,PalAutoHpRegeneRateInSleep=1.000000,BuildObjectDamageRate=1.000000,BuildObjectDeteriorationDamageRate=1.000000,CollectionDropRate=1.000000,CollectionObjectHpRate=1.000000,CollectionObjectRespawnSpeedRate=1.000000,EnemyDropItemRate=1.000000,DeathPenalty=All,bEnablePlayerToPlayerDamage=False,bEnableFriendlyFire=False,bEnableInvaderEnemy=True,bActiveUNKO=False,bEnableAimAssistPad=True,bEnableAimAssistKeyboard=False,DropItemMaxNum=3000,DropItemMaxNum_UNKO=100,BaseCampMaxNum=128,BaseCampWorkerMaxNum=15,DropItemAliveMaxHours=1.000000,bAutoResetGuildNoOnlinePlayers=False,AutoResetGuildTimeNoOnlinePlayers=72.000000,GuildPlayerMaxNum=20,PalEggDefaultHatchingTime=72.000000,WorkSpeedRate=1.000000,bIsMultiplay=False,bIsPvP=False,bCanPickupOtherGuildDeathPenaltyDrop=False,bEnableNonLoginPenalty=True,bEnableFastTravel=True,bIsStartLocationSelectByMap=True,bExistPlayerAfterLogout=False,bEnableDefenseOtherGuildPlayer=False,CoopPlayerMaxNum=4,ServerPlayerMaxNum=32,ServerName=”Default Palworld Server”,ServerDescription=””,AdminPassword=””,ServerPassword=””,PublicPort=8211,PublicIP=””,RCONEnabled=False,RCONPort=25575,Region=””,bUseAuth=True,BanListURL=”https://api.palworldgame.com/api/banlist.txt”,RESTAPIEnabled=False,RESTAPIPort=8212,bShowPlayerList=False,AllowConnectPlatform=Steam,bIsUseBackupSaveData=True)

ファイルの取得(転送)

ファイル転送には、SFTP(セキュアFTP)のプロトコルに対応したソフトを利用するのが便利です。

レンタルサーバーを利用している場合に通常のFTPを禁止しているところもあります。SFTP(セキュアなFTP)ツールでファイル転送を行えば、安全に手軽にファイルの管理ができるのでおすすめです。

SFTPを使ったおすすめのファイル転送方法

SFTPを使ってファイルを転送する場合、おすすめのツールに WinSCP というフリーソフトがあります。
以下のサイトよりダウンロードしてご利用ください。

WinSCP(for Windows)

エクスプローラー風のデザインで、直感的にファイルをサーバーから持ってこれます。画面の右側が接続先のサーバー内のファイル、左側が自分のPC内のファイルになります。

サーバーの停止

安全に設定ファイルを反映させるために、ファイルをサーバーに転送する前にパルワールドのサーバー機能を停止しておきましょう。コンソール画面にて以下のコマンドを実行すると、パルワールドのサーバー機能を停止できます。

systemctl stop palworld-server.service

もし、上記のコマンドで

「Failed to stop palworld-server.service: Unit palworld-server.service not loaded.」

と言われた場合は、以下を試してみてください。

systemctl stop palworld-dedicated.service

サービス名が「palworld-server.service」ではなく「palworld-dedicated.service」となっている場合があります。

サーバーへの設定ファイル転送

INIファイルの配置先

準備した INI ファイルを以下のディレクトリに置きます。

(palworldインスト―ルディレクトリ)/Pal/Saved/Config/LinuxServer/

テキストの転送モードに注意

Windows で作成したファイルをサーバーに送るには、必ず「テキスト」または「ASCII(アスキー)」モードで転送しましょう。Window上の改行コード(CR-LF 改行)と、Linux系サーバーの改行コード(LF 改行)が異なるコードの為、転送時にコードの変換を行わないとうまくサーバー上でファイルが認識されない原因となります。

WinSCPの転送モードの変更は、画面上部にあるセレクトボックスで設定できます。

難しいことがわからない!という人は、全てを1行にまとめた「改行なし」のファイルを送るという手もあります。

 

サーバーの起動

設定ファイルを正しい位置に設置したら、コンソール画面にて以下のコマンドを実行してパルワールドのサーバー機能をスタートさせましょう。

systemctl start palworld-server.service

サービス停止の際に「palworld-server.service」ではなく「palworld-dedicated.service」で実行した人は、以下のコマンドを実行してください。

systemctl start palworld-dedicated.service

サービスの状態を確認する

現在の状態を確認したい場合は、ステータスを表示する以下のコマンドで確認できます。

systemctl status palworld-server.service

「palworld-server.service」ではなく「palworld-dedicated.service」で実行した人は、以下のコマンドを実行してください。

systemctl status palworld-dedicated.service

一気にステータスが表示されます。「Active: 」の場所が「active (running)」というような文字になっていれば、サービスは動作している状態です。

コマンドプロンプトに戻る方法

画面に何かを表示してコマンドプロンプトに戻れなくなった場合は、「Ctr+C」コントロールキーを押しながら “c” を押すとコマンド入力に戻れます。

結果を確認する

サービスが動きだしたらゲームにログインして、設定変更内容が反映されているかどうか確認してみてください。

設定値リスト

設定ファイルに記載されている項目とデフォルト値は、それぞれ以下の通りです。

INIファイルの全設定項目一覧

★が付いている項目名は、シングルプレイでも変更できる設定値です。
※灰色の設定項目は、公式ガイドには掲載されていない項目です。すでに廃止されたパラメータや将来のアップデートのために予約されたパラメータ名とのことです。

設定名

初期値/設定可能な範囲

★Difficulty

難易度

None

DayTimeSpeedRate

昼の経過速度

1.000000

0.1 ~ 5.0

NightTimeSpeedRate

夜の経過速度

1.000000

0.1 ~ 5.0

★ExpRate

経験値の入手倍率

1.000000

0.1 ~ 20.0

★PalCaptureRate

捕獲確率の倍率

1.000000

0.5 ~ 2.0

★PalSpawnNumRate

パル出現数倍率

※ゲームのパフォーマンスに影響します

1.000000

0.5 ~ 3.0

★PalDamageRateAttack

パルの与えるダメージ倍率

1.000000

0.1 ~ 5.0

★PalDamageRateDefense

パルの受けるダメージ倍率

1.000000

0.1 ~ 5.0

★PlayerDamageRateAttack

プレイヤーの与えるダメージ倍率

1.000000

0.1 ~ 5.0

★PlayerDamageRateDefense

プレイヤーの受けるダメージ倍率

1.000000

0.1 ~ 5.0

★PlayerStomachDecreaceRate

プレイヤーの満腹度減少倍率

1.000000

0.1 ~ 5.0

★PlayerStaminaDecreaceRate

プレイヤーのスタミナ減少倍率

1.000000

0.1 ~ 5.0

★PlayerAutoHPRegeneRate

プレイヤーのHP自然回復倍率

1.000000

0.1 ~ 5.0

★PlayerAutoHpRegeneRateInSleep

プレイヤーの睡眠時HP回復倍率

1.000000

0.1 ~ 5.0

★PalStomachDecreaceRate

パルの満腹度減少倍率

1.000000

0.1 ~ 5.0

★PalStaminaDecreaceRate

パルのスタミナ減少倍率

1.000000

0.1 ~ 5.0

★PalAutoHPRegeneRate

パルのHP自然回復倍率

1.000000

0.1 ~ 5.0

★PalAutoHpRegeneRateInSleep

パルの睡眠時HP回復倍率

(パルボックス内のHP回復倍率)

1.000000

0.1 ~ 5.0

★BuildObjectDamageRate

建築物に対するダメージ倍率

1.000000

0.5 ~ 3.0

★BuildObjectDeteriorationDamageRate

建築物の劣化速度倍率

1.000000

0 ~ 10.0

★CollectionDropRate

採集アイテムの入手量倍率

1.000000

0.5 ~ 3.0

★CollectionObjectHpRate

採集オブジェクトのHP倍率

1.000000

0.5 ~ 3.0

★CollectionObjectRespawnSpeedRate

採集オブジェクトのリスポーン間隔

1.000000

0.5 ~ 3.0

★EnemyDropItemRate

ドロップアイテム量の倍率

1.000000

0.5 ~ 3.0

★DeathPenalty

デスペナルティ

All

None : ロスト無し

Item : 装備品以外のアイテム

ItemAndEquipment : 全アイテム

All : 全アイテムと手持ちパル

bEnablePlayerToPlayerDamage

False

bEnableFriendlyFire

False

★bEnableInvaderEnemy

襲撃イベントが発生するか

True

True:発生する

False:発生しない

bActiveUNKO

False

bEnableAimAssistPad

True

bEnableAimAssistKeyboard

False

★DropItemMaxNum

ワールド内のドロップアイテム最大数

3000

DropItemMaxNum_UNKO

100

BaseCampMaxNum

128

★BaseCampWorkerMaxNum

拠点の作業パル最大数

15

DropItemAliveMaxHours

1.000000

bAutoResetGuildNoOnlinePlayers

False

AutoResetGuildTimeNoOnlinePlayers

72.000000

★GuildPlayerMaxNum

ギルドの最大人数

20

1~100

★PalEggDefaultHatchingTime

キョダイタマゴ孵化にかかる時間(h)

※他のタマゴも相応に孵化時間が変わります。

72.000000

0~240

WorkSpeedRate

1.000000

bIsMultiplay

False

bIsPvP

False

bCanPickupOtherGuildDeathPenaltyDrop

False

bEnableNonLoginPenalty

True

bEnableFastTravel

True

bIsStartLocationSelectByMap

True

bExistPlayerAfterLogout

False

bEnableDefenseOtherGuildPlayer

False

CoopPlayerMaxNum

4

ServerPlayerMaxNum

サーバーに参加できる最大人数

32

ServerName

サーバー名

“Default Palworld Server”

ServerDescription

サーバーの説明

“”

AdminPassword

サーバーの管理者権限を取得するのに使用するパスワード

“”

ServerPassword

サーバーのログインに必要なパスワード

“”

PublicPort

コミュニティサーバー設定において、外部公開ポートを明示的に指定
(この設定ではサーバーの待ち受けポートは変更されません)

8211

PublicIP

コミュニティサーバー設定において、外部公開IPを明示的に指定

“”

RCONEnabled

RCONを有効化

False

RCONPort

RCONで使用するポート番号

25575

Region

“”

bUseAuth

True

BanListURL

“https://api.palworldgame.com/api/banlist.txt”

RESTAPIEnabled New!!

REST APIの有効化

False

RESTAPIPort New!!

REST APIの待ち受けポート

8212

bShowPlayerList New!!

ESCキーで表示される画面での参加者一覧を有効化

False

AllowConnectPlatform New!!

!!このバージョンでは機能しません!!

Steam

bIsUseBackupSaveData New!!

ワールドバックアップの有効化

※有効化するとディスクへの負荷が高まります。

True

LogFormatType New!!

ログフォーマットの指定 Text または Json

■テキスト指定の “” について

ServerDescription」や「AdminPassword」などテキストを指定する場所が “” となっているのは、何も指定文字列がない状態を表しています。文字を指定したい場合は “〇〇〇〇〇〇〇” のように、必ず “(ダブルクォーテーション)を文字の前後に入れるようにしましょう。

公式の設定情報(Palworldテックガイド

パルワールドの公式サイトで説明されている設定項目を一覧で紹介します。

この項目以外の項目は、すでに廃止されたパラメータや将来のアップデートのために予約されたパラメータ名とのことです。

パラメータ

説明

DayTimeSpeedRate

昼の経過速度

NightTimeSpeedRate

夜の経過速度

ExpRate

経験値の入手倍率

PalCaptureRate

捕獲確率の倍率

PalSpawnNumRate

パル出現倍率 ※パフォーマンスに影響します

PalDamageRateAttack

パルの与えるダメージ倍率

PalDamageRateDefense

パルの受けるダメージ倍率

PlayerDamageRateAttack

プレイヤーの与えるダメージ倍率

PlayerDamageRateDefense

プレイヤーの受けるダメージ倍率

PlayerStomachDecreaceRate

プレイヤーの満腹度減少倍率

PlayerStaminaDecreaceRate

プレイヤーのスタミナ減少倍率

PlayerAutoHPRegeneRate

プレイヤーのHP自然回復倍率

PlayerAutoHpRegeneRateInSleep

プレイヤーの睡眠時HP回復倍率

PalStomachDecreaceRate

パルの満腹度現象倍率

PalStaminaDecreaceRate

パルのスタミナ減少倍率

PalAutoHPRegeneRate

パルのHP自然回復倍率

PalAutoHpRegeneRateInSleep

パルの睡眠時HP回復倍率(パルボックス内)

BuildObjectDamageRate

建築物に対するダメージ倍率

BuildObjectDeteriorationDamageRate

建築物の劣化速度倍率

CollectionDropRate

採集アイテムの入手量倍率

CollectionObjectHpRate

採集オブジェクトのHP倍率

CollectionObjectRespawnSpeedRate

採集オブジェクトのリスポーン間隔

EnemyDropItemRate

ドロップアイテム量の倍率

DeathPenalty

デスペナルティ

None : ロスト無し, Item : 装備品以外のアイテム, ItemAndEquipment : すべての装備品とアイテム, All : 全ての装備品と装備品と手持ちパル

bEnableInvaderEnemy

襲撃を有効化するか

GuildPlayerMaxNum

ギルドの最大人数

PalEggDefaultHatchingTime

キョダイタマゴの孵化にかかる時間(h)

ServerPlayerMaxNum

サーバーに参加できる最大人数

ServerName

サーバー名

ServerDescription

サーバー説明

AdminPassword

サーバーの管理者権限を取得するのに使用するパスワード

ServerPassword

サーバーのログインに必要なパスワード

PublicPort

コミュニティサーバー設定において、外部公開ポートを明示的に指定(この設定ではサーバーの待ち受けポートは変更されません)

PublicIP

コミュニティサーバー設定において、外部公開IPを明示的に指定

RCONEnabled

RCONを有効化

RCONPort

RCONで使用するポート番号

bShowPlayerList

ESCキーで表示される画面での参加者一覧を有効化

BaseCampMaxWorkerNum

拠点当たりの最大パル数(最大20)

RESTAPIEnabled

REST APIの有効化

RESTAPIPort

REST APIの待ち受けポート

bIsUseBackupSaveData

ワールドバックアップの有効化

有効化するとディスクへの負荷が高まります。

LogFormatType

ログフォーマットの指定 Text または Json

AllowConnectPlatform

!!このバージョンでは機能しません!!

bIsUseBackupSaveData

設定値「bIsUseBackupSaveData」は、有効化するとセーブデータフォルダ内に /backup/ フォルダが作成されます。バックアップ間隔とセーブデータの数は、以下のようになります。

  • 30秒ごとのセーブデータを5個
  • 10分ごとのセーブデータを6個
  • 1時間ごとのセーブデータを12個
  • 1日ごとのセーブデータを7個

ランキング

  1. 【マイクラ】サーバー管理者権限を変更する方法|マルチサーバーで友人とマイクラする前に知っておこう!【Minecraft(マインクラフト)】
  2. RUSTプライベートサーバーの立て方!おすすめレンタルサーバーを利用した実例を紹介【rust(ラスト)】
  3. 【マイクラ】マルチサーバーの管理者権限(オペレーター権限)の設定の基礎を学ぶ!
  4. 【パルワールド】専用サーバーのワールド設定を変更する方法
  5. パルワールドサーバーが今だけ無料!『ロリポップ!for Gamers』正式リリース!

新着記事

トップへ