【ARK】マルチサーバーを簡単に立てる方法!ConoHa VPSテンプレートを利用した実例を紹介

最終更新日
攻略大百科編集部

この記事では、PC版「ARK: Survival Evolved」マルチサーバーの立て方から入り方までを解説しています。

2022年の6月からConoha VPSARK専用サーバーテンプレートイメージに対応しました。

テンプレートイメージを使うことでとても簡単にARKサーバーを立ち上げできるようになったのでぜひ試してみてください。

▼お得なキャンペーン開催中▼

▼700円クーポン(上記キャンペーンと併用可能)がもらえる専用申し込みページはこちら

 

ARKのマルチプレイについて

筆者はARKのゲームはやったことがありますが、マルチサーバー構築といった分野ではまったくの初心者です。

なんだか専門的な知識も必要で難しそうと思っていましたが…

 

「ConoHa VPS」が提供するテンプレート機能を使用すれば、初心者でも簡単にARK: Survival Evolvedのマルチサーバーを構築できると聞き、今回挑戦させていただくことにしました。

 

実際にやってみると本当に簡単にマルチサーバーを構築できてびっくりです。

アカウント作成から実際にマルチプレイを試してみるところまで、詳しく解説しているのでぜひ最後までご覧ください。

マルチサーバーで遊ぶ条件

この記事で紹介している「ARK: Survival Evolved のマルチサーバー」はPC版(Windows)とMac版のみ対応しています。

PS4などのコンソール版やスマホ版には対応していませんのでご注意ください。

ConoHa VPSとは?

出典: Conoha 公式サイト

ConoHa VPSはGMOインターネット株式会社が提供するVPS(仮想専用サーバー)のサービスです。

高機能で高速なサーバーを、専用サーバーのように利用しながら低料金で利用できます。

初心者にやさいいテンプレート機能

ConoHaVPSには、簡単に ゲームのサーバーを立ち上げられるテンプレート機能 が用意されています。

最低限の設定を選ぶだけでサーバーが立ち上がるので初心者でも迷うことなく利用できます。

以下では「ConoHa VPS」を使って、実際に「ARK: Survival Evolved」のサーバーを構築する手順を紹介していきます。

▼お得なキャンペーン開催中▼

▼700円クーポン(上記キャンペーンと併用可能)がもらえる専用申し込みページはこちら

 

ConoHaアカウントの作成

まずはConoHaのアカウントを作成しましょう。

ConoHaのサイト 「お申込み」をクリックします。で「お申込み」をクリックします。

アカウント情報の入力

はじめての方のページにある氏名・生年月日・住所など必要な項目を入力して、下にある「次へ」をクリックします。

個人で利用する場合は「法人名」は空白のままで問題ありません。

電話音声かメッセージ(SMS)で認証

必要な情報が入力できたら、電話の音声かSMSで本人確認をします。

複数回送信するとアカウントがロックされてしまうので、電話番号と認証コードの入力を間違えないようにしましょう。

支払方法を選択

本人確認が終わったら、支払い方法を設定して入力します。

クレジットカードでの支払いの他に、コンビニ支払いや銀行決済(ペイジー)などを使った前払い(ConoHaチャージ、ConoHaカード)にも対応しています。

▶ConoHaの支払い方法について

ARKサーバーを立ち上げる

「サービスお申込み」画面でサーバー契約の「有効期間」と「プラン」を選択します。

VPS割引きっぷを利用すると契約期間に応じて利用金額が割引になります。

プランは最低4GBから、快適に動作する推奨プランは「8GB」とされています。

イメージタイプには「アプリケーション」から「ARK Survivual Evolved」を選択してください。

※この選択によってARK専用サーバーが自動構築されるので重要なポイントです

パスワードと名前を決める

rootパスワードはサーバーを管理したり細かい設定を変える時に必要です。

他の人に分かりずらいものを入力するようにしてください。

ネームタグはサーバーの名前と考えておけば大丈夫です。わかりやすい名前を入力してください。

※ここでの名前とパスワードは、サーバーを管理するためのもので、ARKで接続する情報とは異なるのでご注意ください。

支払い方法を入力する

サーバーの情報をすべて入力できたら、支払い方法を選んで支払いが完了したらサーバーの立ち上げが完了です。

サーバー接続IPアドレスとパスワードの確認

ARKでサーバーへ接続するためのIPアドレスログインパスワードを確認します。

サーバー一覧から、サーバーの詳細ページへ移動し、以下の画面で「コンソール」を選択してください。

以下のような黒い画面が表示されます。

loginには「root」

Passwordには、サーバー立ち上げ時に設定した「rootパスワード」を入力してください。

ログインに成功すると、以下の画面が表示されます。

この情報を使ってARKのサーバーへ接続するので以下の情報をそれぞれメモしておきましょう。

  • Server IP Address
  • ARK Login password

マルチサーバーに接続する方法

「ARK: Survival Evolved」を起動して、サーバーを追加する

パソコンでSteamアプリを起動し、ウィンドウの中にある「表示」をクリックして出てきたメニューにある「サーバー」を選択します。

Macではアプリケーションメニューの中にありますよ。

 

ウィンドウのメニュータブから「お気に入り」を選択し、「サーバーを追加」を押します。

 

「ConoHa VPS」内で指定されたIPアドレスを入力しましょう。

この際、「.」(ピリオドなど)の記号も合わせて正確に入力してください。

IPアドレスの.(ピリオド)が抜けていたり、間違った位置に入力されているとサーバーに入ることができません。

コピペするのが1番簡単ですよ!

 

「このアドレスをお気に入りに追加」をクリックし、お気に入りフォルダにマルチサーバーを追加します。

追加したサーバーを選択して、「接続」をクリックしましょう。

 

すると…

マルチサーバーに接続できました!

「接続」ボタンをクリックしてから少し待っていると自動で立ち上がりますよ。

 

マルチプレイで出来ることと感想

時間を気にせずに遊べる

今回実際にマルチサーバーを立ち上げてみて感じた一番のメリットは、24時間いつでもログインができる専用サーバーを用意できるという点です。

 

フレンドとの共同探索が可能

フレンドと同じサーバーを用意することでフレンドと同じ時間にプレイしなくても、自分1人でマップを探索できるんです。

 

難しい知識は必要ない

自分でサーバーを立ち上げるとなると、難しい英語や記号のコマンドを入力してエラーに試行錯誤しながらアップロードを繰り返すというイメージがありました。

実際にConoHaを使うことによって、Steam上でIPアドレスを入力して接続ボタンをクリックすることで非常に簡単にマルチサーバーを立ち上げることができました。

 

この記事を読んで私のようにマルチサーバーの構築に興味をもってもらえたら、ConoHa VPSの「ARK: Survival Evolved」のマルチサーバーの利用をぜひ検討してみてください。

 

▼お得なキャンペーン開催中▼

▼700円クーポン(上記キャンペーンと併用可能)がもらえる専用申し込みページはこちら

 

 

コメント一覧

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。

関連カテゴリ・タグ