【RUST】マルチサーバーの立て方!おすすめレンタルサーバーを利用した実例を紹介

最終更新日
攻略大百科編集部

Steam版(PC版)「RUST」マルチサーバーの立て方とサーバーへの入り方をご紹介します。

▼お得なキャンペーン開催中▼

▼700円クーポン(上記キャンペーンと併用可能)がもらえる専用申し込みページはこちら

 

RUSTってどんなゲーム?

「RUST」は、多人数で同じワールド(サーバー)内で生き残りをかけたバトルを繰り広げる、オープンワールド型サバイバルゲームです。

ゲーム名

Rust

ジャンル

アクション、アドベンチャー、FPS

プラットフォーム

PlayStation 4、Xbox One

Linux、Microsoft Windows、Mac OS

属性

サバイバル、クラフト、マルチプレーヤー、建設

MMO、オンラインPvP、協力プレイ(オンライン)

開発

Facepunch Studios

リリース日

2018年2月9日

公式サイト

https://rust.facepunch.com/

Rustの唯一の目的は、生き残ることです。

そのためには、空腹や喉の渇き、寒さを乗り越えなければなりません。火を起こすのです。家を建て、動物を殺し肉を得ましょう。他のプレイヤーから自らを守り、彼らを殺して食料としましょう。プレイヤー同士で同盟を組み、町を作るのです。
生き残るためには、手段を選んではいられません。

(Steam内ゲーム説明文より抜粋)

このゲームでは油断するとあっという間に絶命します。強烈で過酷な環境下で、必死に生き残る事だけを考えて行動し、時には無常に攻撃され、時には食べるものがなく野垂れ死に、数少ない資源を奪いあう世界、、、リアリティ感あふれる生々しいサバイバルを体験できます。

こんな過酷なサバイバルゲームですが、有名ストリーマー達が動画配信を行っている影響もあり今多くの人から注目されています。マルチーサーバを立てれば、自分達の好きなようにルールを作り友達と遊ぶことができる!そういった理由でサーバーを立てる方法を調べているとしたら、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

マルチサーバーにはVPSがおすすめ

マルチサーバーを立てるといってもいくつか方法があります。

  • 自分でサーバー用PCを用意する(費用=大、手間=大)
  • レンタルサーバーでサーバーをレンタルする(費用=中、手間=大)
  • レンタルサーバーで仮想サーバー(VPS)を利用する(費用=小、手間=小)

自分でサーバー用のPCを用意して、24時間稼働させながらサーバーを公開する方法もありますが、手軽で安くサーバーを立てたい場合は レンタルサーバーのVPSサービス がおすすめです。

VPSってなに?

VPSとは「Virtual Private Server(バーチャルプライベートサーバー)」のことで、日本語にすると「仮想専用サーバー」となります。

実際の1台のサーバーの中にいくつもの仮想サーバーを作る事ができ、それぞれの領域を利用者が管理者の権限で扱う事ができるため、あたかも自分専用のサーバーを使っているのと同等の事ができるようになります。

レンタルサーバーの紹介

レンタルサーバーと言っても、ゲームのマルチサーバーとして利用する場合とWebサイトやネットショップを運営する場合では必要なスペックや機能が異なります。ゲームのマルチサーバーとして利用する場合には、ゲーム用に特化したレンタルサーバーを提供している会社をぜひ利用しましょう。

ゲーム向けのVPSサービスを提供しているレンタルサーバーは以下の3つがあります。

この中でも特におすすめなのが、「ConoHa VPS」です。
ConoHa のVPSは初期費用もなく、数多くのゲーム用テンプレートが用意されており、先日「Rust」向けのテンプレートの提供も始まりました。Rust の設定変更のヘルプページも用意されており、初めての人にはとても安心なサービスです。

出典: www.conoha.jp

このページでは、この ConoHa VPS でのマルチサーバーの立て方をご紹介します。

RUSTマルチサーバーの申し込み

「ConoHa VPS」を利用して、Rust用のマルチサーバーを立てる方法を説明します。
まずは、ConoHa VPS のサービスが受けられるようにアカウント登録を行います。アカウントを既に持っている方は、この先の「サービスの申し込み」から読み進めてください。

ConoHaアカウントの作成

こちらから、ConoHa VPSサービスの申し込みを行います。下のページにアクセスし「お申し込み」から進んでください。

「ログイン・情報入力」画面で、必要な情報を入力します。

法人名

個人の場合は入力不要です

氏名、生年月日

国、郵便番号、住所

メールアドレス、パスワード

必須項目です。順番に情報を入力します。

パスワードは ConoHa アカウントのログインパスワード になります。

全てを入力したら「次へ」を押します。入力した内容で早速ログインし、認証画面に移ります。認証画面では申込者の認証を行います。認証法では「SMS認証」と、「電話認証」の2種類があります。

スマホを持っていて、SMS(ショートメッセージサービス)が利用できる場合は、「SMS認証」を選びましょう。認証コードがSMSで送られてくるため、いつでも確認ができてあんしんです。

SMSが利用できない、よくわからないという方は「電話認証」を選びましょう。認証コードについて、電話で連絡が届きます。

認証コードが無事に届いたら、認証コードを画面上に入力して「送信」ボタンを押します。

認証が無事に通ったら、次はお支払い方法の入力になります。

お支払い方法の登録

支払方法では、「クレジットカード」「ConoHaチャージ」「ConoHaカード/ConoHaデビュー割」の3種類から選びます。それぞれの特徴は以下をご覧ください。

クレジットカード

クレジットカードで支払う方法です。

すぐに支払い確認ができるので、ゲームをすぐに始めたい人におすすめです。

ConoHaチャージ

先に金額をチャージしてから支払う方法です。支払い手段として以下の6種類があります。

チャージ残高が不足するとサービスが停止するので、使い過ぎ防止にも便利です。

  • クレジットカード、AmazonPay、コンビニエンスストア
  • 銀行決済(ペイジー)、PayPal、Alipay

※クレジットカード、AmazonPay以外の場合、入金確認に時間がかかる可能性があります

ConoHaカード

ConoHaデビュー割

「ConoHaカード」を事前に購入し、カードに記載されているクーポンコードを入力して決済を行います。パッケージ版とデジタル版の2種類があります。

 

支払い方法を入力したら、「次へ」を押して次に進みます。

サービスのお申し込み

3ステップ目として、VPSのサービスを申し込みます。

リージョン

「東京」のままでOKです

サービス

「VPS」のタブから、申し込むプランを選びます。

Rustの場合は最低「4GB」から動作はしますが、快適にゲームを楽しみたい場合は「8GB」が推奨プランになります。

イメージ

タイプ

「アプリケーション」のタブから、「Rust」を選びます。

root

パスワード

最初に VPS にアクセスする時に必要になるパスワードです。

アルファベット大文字、小文字、数字、記号の4種類の文字を含める必要があります。

全て半角で入力します。

利用可能な記号は \ ^ $ + – * / | ( ) [ ] { } . , ? ! _ = & @ ~ % # : ; ‘ “ です

ネーム

タグ

サーバー名のようなものです。

もし複数のサービスを申し込む予定なら、見分けがつくような名前をつけましょう。

▲申し込むプランは「8GB」がおすすめ

▲イメージタイプで「Rust」を選ばないとRust用のマルチサーバーにならないので要注意

申し込み内容を記入したら、画面の右下にある「追加」ボタンを押してサービスを申し込みます。

サーバー追加(申し込み)が完了したらサーバーリスト画面が表示されます。先ほど申し込んだネームタグのサーバーが今追加したサーバーです。ステータスが「構築中」となり、「起動中」に変わったら無事にサーバーが起動したことになります。

Rustマルチサーバーへの入り方

次はサーバーにアクセスする為のサーバー情報を確認します。

サーバー情報の確認

サーバーリスト画面で、サーバー名(ネームタグ)をクリックしてサーバーの詳細画面を開きます。

サーバーの詳細画面で、上部にある「コンソール」をクリックします。

真っ黒なコンソール画面が開きます。ここで「 root 」と入力して Enter を押します。

次に、Password を聞かれます。ここでは、サービス申し込み時に自分で登録した root パスワード を入力してください。大文字・小文字を間違えず、全て半角で入力してください。パスワードは画面上には表示されないので、入力した文字であっているか不安がある場合は「テキスト送信」機能を使いましょう。

「テキスト送信」機能について

コンソール画面ではコピー&ペーストが使えません。その代わりに「テキスト送信」機能があります。コンソール画面上部の「テキスト送信」を押すと、入力欄が表示されます。ここではコピー&ペーストが使えるので、コンソール画面に入力したい文字列をここにコピー&ペーストして画面に送信しましょう。

rootパスワードを入力して、rootユーザーで無事にログインできたら、下の図のようにメッセージが表示されます。赤丸の部分に、サーバーのIPアドレス(Server IP Address)と、サーバー名(Server name)が表示されていますので、この内容をメモしてください。

※「 : 」(コロン) や「 _ 」(アンダーバー) も忘れずにメモしてください

メモが終われば、「 exit 」と入力してログアウトし、ウィンドウを閉じましょう。
(いきなり右上の × ボタンでウィンドウを閉じてもOKです)

Rustからサーバーにログインする

サーバー情報がわかったら、Rustのゲームを立ち上げて実際にアクセスしてみましょう。
まず Rust を起動します。起動してゲーム画面が表示されたら、 F1 キー を押して、コンソール画面を開きます。

▲画面下段の青い帯のところにコマンドが入力できます

コンソール画面が開いたら、次のコマンドを入力します。
※全て半角で入力します

client.connect xxx.xx.xx.xx:28015

XXX.XX.XX.XX:28015 」の部分は、先ほどメモをした自分のサーバーのIPアドレスを入力してください。コマンドが正しく入力できたら、サーバーへの接続が始まります。

▲画面の右下に「LOADING…」の文字が出ればOK

画面の右下に 「 LOADING … 」の文字が出ればアクセス中ですので、そのまま待機します。

初めてアクセスする場合はゲームをするのに必要な設定等が作られるため、申し込んだプラン次第ではありますが、起動するのに約30分~60分くらいかかります。

上手くいかない場合

画面に「 LOADING … 」の文字が出ず、画面がいつまで経っても変わらない場合は「ESC」ボタンを押して、メニューの「ログアウト」を押して一度ゲームを終わらせてから、やり直しをしてみてください。
筆者も最初の1回目ではいつまで経っても LOADING の文字が表示されなかったため、一度ゲームを終わらせてから再度チャレンジしたら、無事にアクセスできました。

無事にゲームにログインできたら、さぁ新しい世界へ繰り出しましょう!

サーバー名でアクセスする方法

一度 IPアドレスを指定してサーバーへのアクセスに成功したら、次からはサーバー名でもアクセスが可能になります。ゲーム起動後の左メニューから「ゲームをプレイ」を選択し、「コミュニティ」を選びます。そして「サーバーをけんさく…」の部分に、自分のサーバーのサーバー名を入力して Enter を押します。
※半角の英数字記号を入力してください

検索結果に1つもサーバーが表示されない場合は、「空でも表示」にチェックを入れてください。また、「コミュニティ」の部分を選択しているか確認をしてください。

サーバーが見つかったら、選んでゲームを開始できます。
サーバー名の前の「☆」マークを押してお気に入り(ファボ)にしておくと、次回からは「ファボ」のグループから探せるようになるので便利です。

FAQ

サーバーが表示されない(検索に出てこない)

まだ一度もサーバーにアクセスしていない場合は、サーバー名でのサーバーの検索ができない場合があります。まずは IPアドレス でサーバーにアクセスしてみましょう。

また、サーバーが起動していない(停止中)場合も、検索でサーバーが見つけられません。何度検索しても見つからない場合は、一度サーバーが「起動中」になっているかどうか確認しましょう。

チェック箇所
  • サーバー名は半角の英数字で入力する( _ アンダーバー等の記号も入力する)
  • グループは「コミュニティ」を選ぶ
  • 検索の「空でも表示」にチェックを入れる
  • サーバーが起動しているか確認する

Rustサーバーのバージョンアップをしたい

Rustのサーバーのバージョンを最新にアップデートしたい場合は、コンソール上でコマンドを入力して対応する事ができます。詳しい手順は、ConoHaのご利用ガイドに掲載されていますので、こちらを参考にしてください。

ConoHa 公式ご利用ガイド「Rustサーバーのバージョンアップについて」

サーバーの設定変更を行いたい

マップデータをリセットしたい、サイズやシード値を変更したい、マップタイプを変更したい、PvP(プレイヤーVSプレイヤー)・PvEの設定変更を行いたい、などサーバーの設定変更やリセットを行いたい場合は、ConoHa公式サイトにあるご利用ガイドをご覧ください。

ConoHa 公式ご利用ガイド「Rustアプリケーションイメージを使う」

書いてある通りにうまくいかない

登録したパスワードがわからなくなった、手順をミスしたかもしれない、サーバーが起動しない、書いてある通りの画面が表示されない、など途中でうまく進めない場合は、思い切って作成したサーバー(サービス)を削除して新しくサーバーを追加してみましょう。

ConoHaのVPSサービスは 初期費用無料かつ時間単位で料金が計算されるので、サーバーを削除して新たに作り直しをしても料金にほとんど差がありません。ここは大変便利な所ですので、初心者も安心して何度でも試すことができます。

まとめ

無事に Rust で自分のサーバーにアクセスできましたでしょうか?

ConoHaのVPSサービスでは 2022年6月22日 にRust向けのサービスが始まり、基本的な接続手順やサーバーの変更方法等のご利用ガイドの公開や、テンプレート本体のVer更新など手厚くサポートされています。ご利用ガイドの内容も日々増えているので初心者の方にもとても安心のサービスです。

ConoHaのマイクラ向けテンプレートでは、管理画面上でサーバーの設定変更が出来るようになっていますので、もしかしたら将来的にはRustのサーバー設定変更も管理画面でできるようになる可能性があります。

このような理由から、Rustのサーバーを立てるなら ConoHa のVPSサービスがおすすめです。Rust のサーバーを立てたい人はお気軽に試してみてください。

お得なキャンペーンも開催していますので、ぜひキャンペーン情報もお見逃しなく!

▼お得なキャンペーン開催中▼

▼700円クーポン(上記キャンペーンと併用可能)がもらえる専用申し込みページはこちら

 

コメント一覧

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。

関連カテゴリ・タグ