【ダイパリメイク】地下大洞窟への行き方とできること、お宝発掘やポケモンの石像の使い方まとめ【ポケモンBDSP】

最終更新日
攻略大百科編集部

地下大洞窟メニュー
地下大洞窟マップ 地下大洞窟のアイテム一覧
隠れ家のポケモン一覧 NPC一覧
交換・回復おじさんの位置 ディグダの見つけ方
秘密基地で出来ること 地下大洞窟から抜けるには?

 

『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド シャイニングパール(BDSP/ダイパリメイク)』の地下大洞窟についてまとめていきます。

地下大洞窟とは?

地下大洞窟への行き方

シンオウ地方の地下に広がるもう一つの世界のことです。

ハクタイシティの民家にいる地下おじいさんから「たんけんセット」をもらった後、行くことができるようになります。

ただし、施設内からは行くことができません。

バッグの中の大切なものからたんけんセットを選択すると、地下大洞窟へ行くことができます。

なお、地下大洞窟から地上へ戻る時は、Yボタンを押して「地上へ」を選択しましょう。

また地下大洞窟は一人でも楽しむことができますが、ローカル通信やインターネット通信を通じてたくさんの人と協力して遊ぶこともできます。

インターネット通信を利用するには

インターネット通信を利用するには、Nintendo Switch Online(有料)への加入が必須条件となります。

未加入の方はまずこちらをご参照ください。

6つのエリアからなる地下大洞窟

地下大洞窟は6つのエリアに分かれており、たんけんセットを使用した場所によって行き先が変わります。

 

[PR]

地下大洞窟でできること

お宝発掘

地下大洞窟でRボタンを押すとレーダーが反応し、お宝が埋まっている壁の位置が光ります。

その場所を調べると、お宝を発掘することができます。

発掘する際は画面上部のひび割れに着目しましょう。

画面上部のひび割れが左端まで到達すると、壁が崩れ落ちてしまい強制的にお宝探しが終了してしまいます。

この時完全に発掘が終了していないアイテムは入手できないので気をつけましょう。

発掘のコツ

とにかく埋まっているすべてのアイテムを入手するためには、画面右側にある2種類のハンマーをうまく使いこなすしかありません。

  • 赤いハンマーは一度に多くのひび割れを起こしてしまいますが、広範囲を発掘できます。
  • 青いハンマーは一度のひび割れが少なく済む代わりに一部しか発掘できません。

発掘できるお宝は、あおタマやみどりタマといった特定のアイテムとの交換に必要なものや、げんきのかけらハートのウロコ やわざマシンといった地上の冒険で役に立つアイテム、特定のポケモンの化石やポケモンの石像など様々です。

なお、発掘できたポケモンの化石はクロガネシティの博物館でポケモンに復元することができます。

自分だけの秘密基地が作れる

地下おじいさんのミッションをクリアすることでもらえる「あなほりドリル」を使うことで、自分だけの秘密基地が作れます。

このように自分の秘密基地は見つけたポケモンの石像やアイテムを好きなように配置することができます。

なお、置いたポケモンの石像によってポケモンの隠れ家と呼ばれる大空洞や空洞で出現するポケモンに変化がみられるようになります。

出現するポケモンの変化は「石像の効果」を見ることで判断できます。

ディグダ探索

地下大洞窟内にランダムで現れるディグダを40匹見つけると、フィーバータイムが起こり、その期間にお宝発掘を行うと豪華な石の箱が高確率で入手できます。

見つけたディグダの数は画面左上にある地図の下のバーを参考にしましょう。

豪華な石の箱には色違いのポケモンの石像が入っています。

出てきたポケモンの石像にはこのようにキラキラマークが付いています。

なおこのディグダ探索はフレンドと協力することもできます。

手っ取り早く色違いの石像を狙いたい方はインターネットに繋ぐのがおすすめ。

空洞や大空洞で珍しいポケモンゲット!

ポケモンの隠れ家と呼ばれる空洞や大空洞では、その空洞内の環境に応じたポケモンが出現します。

そこに出現するポケモンは当然捕まえることも可能です。

この空洞や大空洞の中に現れるポケモンは、キャモメヘルガーコイル といった地上では見かけないポケモンもいます。

出現するポケモンのレベルもストーリーの進み具合によって上がっていくので、レベル上げの戦闘や戦力補強にも最適です。

またここで出現するポケモンは特別な技を覚えていますので、積極的に捕まえるようにしましょう!

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ