オススメ戦略シミュレーション・RTS系ゲームランキング!実際にプレイして面白かった全7+1ゲームをご紹介!

最終更新日

(左:ロードモバイル 中:ライズ オブ キングダム 右:ブラックホライズン)

どうもポニポニ@ponitemaweaponです!

今回、ランキング・特集にしたのは……戦略シミュレーション・RTS(リアルタイムストラテジー)系統のスマホアプリゲー!

 

自分の領地・城・国を持ち、大きく発展させていき、兵士や軍をどこまでも増やし育成し、大規模な戦いに挑みたい。

そういう方にオススメなのが戦略シミュレーションやRTSといったジャンルなんです!

 

今回はそんな戦略シミュレーションやRTS系のスマホゲーのオススメアプリをランキング形式でご紹介。

神ゲーランキングとまでは言いませんけど、全て私が実際にプレイした上でオススメしているゲームですよ!

 

あくまで形式上ランキングにしていますが、どれが自分に合うゲームなのかは人それぞれなので……1つ1つプレイしてみて確かめてみてくださいね。

新作アプリなどをプレイした時は随時更新していきますよ!

※極一部ジャンルが定まっていないアプリ有

新作ゲーム紹介!

ゲーム・オブ・スローンズ‐冬来たる

超美麗グラフィックでウェスタロス大陸や人物を再現!「ゲーム・オブ・スローンズ‐冬来たる」です。

 

ジャンルはストラテジー。

あの大人気海外テレビドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」を原作としたゲームとなっています。

 

注目ポイントは……圧倒的なまでの美麗グラフィック。

自拠点の施設や大陸もそうですし、「指揮官」とされている各人物な拠点を歩いている小さい人までしっかりと作り込まれているんですよ。

 

公式ライセンスを得ているので、原作BGMもちゃんと流れるのが嬉しい!

 

ストラテジーとしても本格的で、いわゆるギルド機能である「家族」に加入し、強大な「七王国」を相手に大規模戦闘を楽しむことも可能。

 

ストラテジーでは定番の「加速アイテム」を1個ずつ使う必要がない、斬新な加速アイテム使用システムにもぜひ注目してほしいです!

 

ストラテジーとしては王道的で良質、それでいて素晴らしいグラフィックのゲーム・オブ・スローンズゲー。

ストーリー性はほぼないですが、ストラテジー好きでゲーム・オブ・スローンズが好きならぜひプレイして欲しいゲーム。

ここがオススメ!
  • 背景・建物・人物と全てが美麗グラフィック
  • 原作ドラマBGMも使っている
  • 待ち時間加速のシステムが斬新で凄く便利

アカネ
アカネ

ストラテジーで本格ストーリーはなかなか難しいから仕方ないよね!

レン
レン

ストラテジーとしては凄く王道的だから、初心者の人でもわかりやすいと思うわ。

いますぐダウンロード

Sponsered by YOUZU (SINGAPORE) PTE. LTD.

戦略シミュレーション・RTSゲーランキング!

軽い紹介文とオススメポイントをまとめているので、オススメポイントだけでも読んでいただけると嬉しいです。

 

1位

本格的なRTS・戦略シミュレーションが楽しめる「Rise of Kingdoms -万国覚醒-」(ライズオブキングダム)です!

 

世界で4500万ダウンロードを記録しているだけあり、かなりクオリティが高い戦略シミュレーションゲー。

 

サーバー数は軽く1000を超えていて、どのサーバーでもあらゆる言語でチャットが飛び交っているので活気もありますし、自動翻訳機能があるので読めない言語でもある程度のコミュニケーションが可能。

 

11ヶ国の中から好きな国を選び、古代文明の小さな集落からスタートするんですが……どんどん文明を発展させていき、偉大な王国を目指すという壮大な目標があります!

 

各国の偉人・伝説とされているような人物を元にしているキャラが多く「源義経」・「曹操」・「クレオパトラ」・「ジャンヌ・ダルク」など誰でも1度は聞いたことのあるキャラばかり!

 

昼夜で情勢が切り替わる中、大勢のプレイヤーで同盟を組んで大きな戦いに挑むなどの熱い戦闘を味わえます。

また、ゲーム内はもちろん公式ツイッターなどのゲーム外でもイベント・キャンペーンが常に開催しているので力が入ったゲームなのがわかりますね。

 

KvKという、数百人規模の国同士で戦う超大規模戦闘も楽しめる最大クラスのRTS。

戦略シミュレーション系・リアルタイムストラテジー系が好きな人なら、絶対に1度はプレイしてみて欲しい良作!

ここがオススメ!
  • 11もある所属国の中から好きな国を選べる
  • 都市と世界の画面推移がピンチイン・ピンチアウトで可能
  • 様々なコンテンツ・イベントがあって常にやることがある
アカネ
アカネ

指揮官っていうキャラの育成にも力が入ってるし、ホント文句のつけようがない感じのゲームだったよ!

レン
レン

とにかく全てが最大級って感じね。同盟に入って何を為すか、しっかり考えてプレイする必要があるゲームだわ。

 

いますぐダウンロード

Sponsered by LILITH TECHNOLOGY HONG KONG LIMITED

2位

本格的な育成と大規模戦闘が魅力的な「ブラックホライズン-Black Horizon-」(ブラホラ)です。

 

一言でブラホラを表すなら暗闇から始まり、最大250人の仲間と共に協力できる大規模戦略シミュレーションでしょう。

 

ゲーム開始後、自分が所属するエリア(サーバー)を決めたら……周りは真っ暗闇の世界に放り出されます。

その真っ暗闇な世界を探索し、少しずつ視野を広げていきながら本格的な戦略シミュレーションを楽しむのが基本の流れ!

 

領地を増やす・資源を確保する・討伐・英雄(キャラ)の育成といった基本的な要素はバッチリですし、いわゆるギルド機能である「王国」に所属することで世界はさらに広がっていきます。

 

暗闇から始まるというのが凄く面白くて「そんなところに他のプレイヤーいたんだ!」というようなことがよく起こるんですよね。

英雄の育成も奥深く、スキルをとことん研究して極めていく楽しさがあります。

 

課金をすれば何でも解決できるようなバランスではなく、しっかり時間をかけてプレイすることが大事なゲームなんですよ。

そして、最終的には世界マップ中央にある「ワンダーランド」攻略を目指し、最大250人の仲間と共に熱い戦いを繰り広げましょう!

戦略シミュレーション好きな方にはかなりオススメできますね。

ここがオススメ!
  • 戦略シミュレーション系の中では良バランス
  • スキル研究のシステムが面白い
  • 時間をかけた分だけきっちり強くなれる
アカネ
アカネ

ちなみにプレイヤーはね、神様なんだよ。めっちゃ偉い気分になれる!

レン
レン

無料ガチャを引ける機会も多いし、しっかりバランスが考えられているゲームだと思うわ。

いますぐダウンロード

Sponsered by WINKING DIGITAL ENTERTAINMENT LIMITED

3位

日本でのリリースから4年以上経った今でも活気のあるRTS「ロードモバイル」です!

 

公式ジャンルは「本格リアルタイムストラテジーMMORPG」ということで、リアルタイムストラテジーとRPG要素が組み合わさったゲーム。

 

自身の領地内で様々な施設を建築し、兵士を育て、兵士を導くヒーローを強化し、世界に出て魔獣討伐・資源採取・他領地への侵攻・ワンダーベース攻略など、世界中のプレイヤーと共に楽しめます。

ヒーローのみで戦闘する冒険モード・ヒーロー同士で戦うコロシアム・王国(サーバー)同士の戦いと、コンテンツ量はかなりのもの。

 

世界中でプレイされているのでチャット欄では当然外国語が飛び交っていますが……自動翻訳機能がちゃんとあるのである程度の意思疎通が可能!

それに、ギルド機能では日本プレイヤーのみで検索をかけられるので、ちゃんと日本人だけのギルドに所属できますよ。

 

リアルタイムストラテジーの王道、そしてヒーローの育成というRPGとしての王道が融合したゲームと言えるでしょう。

4年以上サービスが続いていてなお大型アップデートがあったり、Vtuberさんの大会が開かれたりなど、アクティブなプレイヤーがしっかりいます。

世界中のプレイヤーがまだまだプレイしているのも頷けるクオリティ。

ここがオススメ!
  • 世界でのダウンロード数は2億5千万を突破している
  • RTSとしてもRPGとしてもかなり本格的
  • リリースから4年経った今でも力が入っている
アカネ
アカネ

ホント凄いよね……2億5千万だよ!ダウンロード数とはいえ、日本の人口超えちゃってるもん。

レン
レン

長くサービスが続いているだけの理由があるゲームってことよね。

いますぐダウンロード

Sponsered by IGG SINGAPORE PTE. LTD.

4位

3種類もの戦闘システムや奥深い育成・ストラテジー要素を楽しめる「豪炎三国志~覇王の無双乱戦~」です!

 

三国志系アプリの数はかなり多いですが、その中でも豪炎三国志はかなり完成度の高いゲーム。

3種類もの戦闘システムがあり、グラフィックも全体的にかなり良質!

 

武将の育成は奥深く、獲得方法も複数あり、低レアの武将でも入手しやすい分強化しやすくなっていて高レア武将にも負けない強さを発揮できるなど……無課金でもしっかり強くなれるのが良い。

 

育成関連だけでなく対人関連のコンテンツもしっかりとあり、国同士の「大規模国家戦」では大勢のプレイヤー同士での熱い戦いを楽しめますよ!

そういったコンテンツを楽しむためにも「軍団」に加入し、天下統一を目指しましょう。

ここがオススメ!
  • 本格的な育成とストラテジーを楽しめる
  • 3種類もの戦闘システムがある
  • お得なイベントやキャンペーンが沢山ある
アカネ
アカネ

国家任務とかをこなして地位を上げて、偉い人になる楽しみもあるんだよー!

レン
レン

慣れるまでは複雑なシステムに感じるかもしれないけれど、慣れてくるとやれることが沢山あって楽しくなってくるゲームね。

いますぐダウンロード

5位

RTSに触れたことがない人でも始めやすい「アンクラウン」です!

 

公式ジャンルは「ライトRTS」ということで、その名の通りかなりライトな作りとなっています。

今までRTS系のゲームをやったことがない人でもわかりやすいシステム・シンプルなゲーム。

 

RTSといえば、街作りなどや国同士の戦争などの要素があるゲームが多いですが……アンクラウンでは、英雄(キャラ)と兵士を出して戦う「戦場」のみ!

4分程度で決着がつきますし、シンプルかつ熱いリアルタイム対人戦を楽しめるんですよ。

 

2020年6月に大型アップデートを実装し、英雄のパッシブスキル育成&継承という新機能が追加されるなどまだまだ力の入ったゲーム。

いきなり本格的なRTS系を始めるのに抵抗がある人やRTS初心者の人にオススメ!

ここがオススメ!
  • シンプルかつ熱い駆け引きを楽しめる
  • 1戦あたりの時間が短いのでちょっとした空き時間にプレイできる
  • BGMが凄く良い
アカネ
アカネ

メイン画面のBGMを聴くためだけにインストールしたくなっちゃうくらいBGMが素敵!

レン
レン

サブゲーとして遊ぶのにもちょうどいいゲームだと思うわ。

いますぐダウンロード

6位

文字通り「世界線を駆け巡る」協力型戦略RPG「時の歌-終焉なきソナタ-」です!

 

本当に文字通り、世界線(サーバー)を駆け巡るんですよ。

「終焉」というメインコンテンツで、世界に終焉が訪れてしまうと……その世界線は崩壊し、新たな世界線に挑むという斬新なシステム。

 

キャラは今流行りのLive2Dなのか、とてもヌルヌル動いてボイスも豊富ですしSDキャラも可愛い。

そして豪華な声優陣!

 

キャラの好感度を上げる要素や、キャラが住んでいる部屋の模様替えをする要素などもあります。

公式サイトのヘルプも充実しているので、戦略シミュレーションに慣れていない人にもオススメです。

ここがオススメ!
  • 世界線が終焉を迎えると一部状態がリセットされて新たな世界線へ移動する斬新なシステム
  • SDキャラも一枚絵も可愛い
  • 声優さんがとても豪華なメンバー
アカネ
アカネ

完全に引き継げるわけじゃないけど、いわゆる強くてニューゲーム的な感じみたいだよ!

レン
レン

序盤こそシンプルだけれど、進めていくとスキルやら育成やら複雑になっていくから結構楽しめるわ。

いますぐダウンロード

7位

ゾンビがうじゃうじゃいる世界で美少女×ストラテジーを楽しむ「ラストエスケイプ復讐の女神」です!

 

美少女要素がメインでストラテジーはおまけ……なんて思われがちですが、ストラテジーとしてもかなり本格的。

美少女とのデートを楽しみながら、食料・浄水・燃料・電力・木材・鋼鉄・紙幣・人口などを管理して増やしていくゲームですから。

 

様々な用途の施設を建築し、資源などをどんどん増やしていきつつ全国の指揮官(プレイヤー)とオンラインで白熱のリアルタイム対戦を楽しみましょう!

 

3Dグラフィックが意外に本格的なのもオススメ要素。

美少女好きストラテジー好きな方はインストールしてみてくださいね。

ここがオススメ!
  • 本格的なストラテジーを楽しめる
  • 美少女要素もしっかりある
  • 全国のプレイヤーと熱い対戦ができる
  • グラフィックが良い
アカネ
アカネ

ゾンビを倒すところとか、ミニキャラだけど結構えげつないからちょっと注意かも?

レン
レン

少し血の描写があるくらいだけれどね。ストラテジー好きな方にはオススメよ。

いますぐダウンロード

最後に

まだまだ数は少ないですが、今後どんどん追加していくつもりなのでお楽しみに!

ポニポニツイッターアカウントをフォローしてもらえれば、更新した時はお知らせする予定です。

 

それでは、熱くて大規模な戦を楽しんでくださいね!

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら