【ダークソウル】マルチプレイの基本解説!召喚・敵対・協力プレイなど役割について

最終更新日
攻略大百科編集部

ダークソウル リマスター版のマルチプレイについて解説しています。マルチプレイの注意点やマッチングについて、ホスト・協力プレイ(召喚)・敵対プレイ(侵入)などの役割についても掲載しています。

マルチプレイについて

ダークソウルのマルチプレイはプレイヤーが交わしている誓約によって様々な楽しみ方ができるようになっています。ここでは、誓約によるマルチプレイでの役割などを解説します。

マルチプレイ用アイテム

エスト瓶

霊体のときはエスト瓶の使用回数が通常時の半分になります。

決別の黒水晶

使うことで強制的に霊体を元の世界へ戻したり、他プレイヤーの世界から自分の世界へ帰ったりできます。

干からびた指

使うことで侵入された後の侵入されない時間を無くすことができます。

マルチプレイ時の注意点

篝火

マルチプレイ中は篝火を使うことができません。

ボスとの戦闘

協力プレイ以外でマルチプレイしているときは、ホストがボスのいるエリアに入ると強制的に自分の世界へ戻されます。

マルチプレイの最大人数

一度にマルチプレイができる人数はホストを含めて6人までです。

また一度に召喚・侵入できる人数が決まっている霊体があります。

霊体別の最大人数

  • 白霊・金霊…2人
  • 赤霊ダークレイス…1人
  • 赤霊赤サイン…3人
  • 暗月の剣…1人
  • 竜霊…1人
  • 墓王の眷属への復讐…3人

マッチングについて

PlayStation®Plusへの加入が必要

PlayStation4でオンラインプレイを遊ぶにはPlayStation Plusへ加入する必要があります。

合言葉

合言葉を設定することで、フレンドなど特定のプレイヤーと一緒に遊ぶことができます。

地域外マッチングの切り替え

「システム設定」→「ネットワーク設定」から「地域外マッチング」の切り替えを選べます。デフォルトでは地域外とはマッチングしない設定になっています。

[PR]

マルチプレイの種類(役割)

  • 他プレイヤーの受け入れ
    • ホスト
  • 協力プレイ(召喚)
    • 白霊・金霊
  • 敵対プレイ(召喚/侵入)
    • 赤霊:ダークレイス
    • 赤霊:赤いサイン
    • 青霊:森の狩猟者
    • 青霊:暗月の剣
    • 特殊霊:竜霊
    • 特殊霊:墓王の眷属

ホスト

生者のときにボスを倒していないエリアで他プレイヤーを受け入れることができます。

召喚サインに触れてプレイヤーの意思で他プレイヤーを受け入れる場合と、プレイヤーの意思に関係なく他プレイヤーが強制的に侵入してくる場合があります。

一度に遊べる人数は6人までとなっています。

白霊・金霊

目的はホストをサポートし、ホストの世界のエリアボスを倒すことです。

エリアボスを倒すことで「人間性 」を得ることができます。

同時に召喚できるのは2人までで、最大でホストと白霊(金霊)2人の3人パーティを組むことができます。

生者・亡者のどちらでもプレイ可能で、「白いサインろう石 」を使って召喚サインを書き、ホストの世界に召喚してもらいます。

基本的に召喚サインの色は白く光っていますが、太陽の戦士の誓約を交わしていると金色に光ります。

ホストの世界で死んでしまった場合最後に休息した篝火に戻されてしまいますが、ソウルを失うことはありません。

ホストの世界でホストが死んでしまった場合は召喚サインを出した場所に戻されます。

赤霊:ダークレイス

目的は他プレイヤー(ホスト)の世界に侵入し、ホストを倒すことです。

ホストを倒すことでソウルと「人間性 」を得ることができます。

生者の状態で深淵の闇撫でのカアス と「ダークレイス」の誓約中に「赤い瞳のオーブ 」を使うことでプレイできるほか、他の誓約中でも「ひび割れた赤い瞳のオーブ 」を使うことでもプレイできます。

ホストの世界で倒されると、自分が侵入した地点にソウルと人間性を血痕として残した状態で最後に休息した篝火に戻されます。

また、ホストがボスのいるエリアに到達すると強制的に侵入が解除され、自分の世界へ戻ります。

赤霊:赤いサイン

目的はダークレイスと同じですが侵入するのではなく、エレーミアス絵画世界で拾える「赤いサインろう石 」を使うことでホストに召喚してもらい戦うプレイです。

青霊:森の狩猟者

目的は黒い森の庭でプレイしている他プレイヤーを倒すことです。

黒い森の庭にいる白猫アルヴィナ と「森の狩猟者」の誓約を交わすことでプレイできるようになります。

猫の誓約指輪 」を装備した状態でマルチプレイ対象エリアにいると、アルヴィナの召喚を受けてプレイヤーの意思に関係なくホストの世界へ侵入することになります。

ホストを倒すとゴミクズペンダント ・楔石各種(原盤以外)の中からランダムで報酬をもらうことができます。

また、勝利を重ねた状態でアルヴィナに話しかけると特別な報酬をもらうことができます。特別な報酬は以下のとおりです。

特別な報酬

  • 1回目:女神の祝福
  • 3回目:霧の指輪
  • 4回目:狩猟団長シバの話

青霊:暗月の剣

目的は罪人録に載っている他プレイヤーと夜のアノール・ロンドにいる他プレイヤーを倒すことです。

アノール・ロンドにいるNPC「陰の太陽グウィンドリン 」と暗月の剣の誓約を交わすことでプレイできるようになります。

罪人録に載っているプレイヤーを倒すには生者状態で「青い瞳」のオーブを使い、自分の意思で侵入します。

夜のアノール・ロンドにいるプレイヤーを倒すには、生者・亡者にかかわらず「暗月剣の誓約指輪 」を装備した状態でマルチプレイ対象エリアにいるとグウィンドリンの召喚を受け、プレイヤーの意思に関係なくホストの世界へ侵入することになります。

どちらの場合もホストを倒すと復讐の証を手に入れることができ、復讐の証をグウィンドリンに捧げることで誓約レベルを深めます。

特殊霊:竜霊

目的は他プレイヤーを倒し、竜のウロコを集めることです。

灰の湖にいるNPC「古竜 」と古竜への道の誓約を交わすことでプレイできるようになります。

古竜の瞳 」を使い召喚サインを書き、ホストに召喚してもらいます。ホスト側はほかの霊体とマルチプレイ中には竜霊の召喚サインは見えません。

また、竜霊を呼び出した時点でほかの召喚サインは見えなくなるため、竜霊とホストは1対1で戦うことになります。

竜霊とホストのどちらか勝った方が竜のウロコを得ることができ、負けた方のウロコは減りません。

特殊霊:墓王の眷属

目的は他プレイヤーを呪い、死の瞳を集めることです。

巨人墓場にいるNPC「墓王ニト 」と墓王の眷属の誓約を交わすことでプレイできるようになります。

生者状態で死の瞳を使うことで他プレイヤーの世界を呪い、ゲームの難易度を上げます。

呪われたプレイヤーの世界には墓王の眷属サインが現れるため、そのサインに触れて自分を呪っている墓王の眷属の世界に復讐霊として侵入することができます。

墓王の眷属と復讐霊が戦い、勝った方が死の瞳を得ることができます。

また、墓王の眷属が負けた場合呪いが解かれてゲームの難易度上昇効果が消えます。

 

コメント一覧

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。

関連カテゴリ・タグ