【ダイパリメイク】シロナ(四天王強化後)の攻略|再戦時(2回目・3回目)の攻略情報【ポケモンBDSP】

最終更新日
攻略大百科編集部

「ポケットモンスターブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール(BDSP)」の四天王「シロナ」の再戦時、強化後の攻略法、おすすめのポケモンなどを掲載しています。

シロナの攻略

手持ちの多くは、1回目にポケモンリーグに挑戦した時と大きくは変わりません。以下の1回目の記事も攻略の参考にしてください。

2回目の攻略

初回のトリトドンがトゲキッスに変更されています。

トゲキッスは「てんのめぐみ 」の効果で技の追加効果の発動確率が2倍になるため、「エアスラッシュ 」を先制で撃たれると60%の確率で怯んで動けなくなります。「でんじは 」を受けてしまうとしびれて動けない場合も加わるためさらに行動できない確率が上がります。これを防ぐためにもなるべく先制で一撃で落とせるポケモンを用意しておくのがオススメです。「ステルスロック 」のダメージが2倍になるタイプなので利用すれば先制一撃で落としやすくなるでしょう。

その他のポケモンは大きく変更されていませんが、ミカルゲが「おにび 」を使用するようになっています。物理型のポケモンは特にやけどに注意する必要があるので対策しておきましょう。

3回目の攻略

ロズレイドがポリゴンZに変更されています。

非常に火力が高いポケモンなので、ポリゴンZよりすばやさが遅く、ノーマルタイプが等倍のポケモンは「てきおうりょく 」の効果が乗った「はかいこうせん 」で倒されやすいです。また、ゴーストタイプも「たつじんのおび 」の効果の乗った「シャドーボール 」により対処されやすいです。

はがねタイプに対する有効打が少ないので、鋼タイプで対処するか、先制して格闘技を使って一撃で処理できるのが理想です。耐久自体はそこまで高くないので難しくないでしょう。

また、ルカリオが特殊型から物理型に変更され、持ち物が「きあいのタスキ 」になっています。弱点を突かれるポケモンを使う場合、「きあいのタスキ 」で行動回数を稼がれてしまうので注意しましょう。

その他のポケモンは変更ありません。これまで通り対処しましょう。

シロナの手持ち(全国図鑑入手後・2段階目)

使用アイテム

かいふくのくすり×4

シロナの手持ち(3段階目)

使用アイテム

かいふくのくすり×4

シロナにおすすめのポケモン

ポケモン

おすすめ理由

・他のポケモンで「ステルスロック 」を使用して「りゅうのまい 」を複数回使用できれば簡単に全抜きも狙える

・ポリゴンZ、トゲキッス、ミロカロスの3体に対して有利に動ける。

・特性「がんじょう 」があるため、行動回数が確保され、味方の回復やダメージ稼ぎに役立てられる場面もある。

・「ステルスロック 」で後続のサポートをしたり、3回目のルカリオの「きあいのタスキ 」を潰したりできる。

・レベルによってルカリオ、ガブリアスを対面から処理可能。

ストーリー攻略メニュー
全体簡易チャート 1:クロガネシティジムまで
2:ハクタイシティジムまで 3:トバリシティジムまで
4:ノモセシティジムまで 5:ヨスガシティジムまで
6:ミオシティジムまで 7:キッサキシティジムまで
8:ナギサシティジムまで 9:殿堂入りまで
殿堂入り後 トレーナー攻略
取り返しのつかない要素 旅パおすすめ
全体マップとマップ一覧 全ポケモン入手方法一覧

 

コメント一覧

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。

関連カテゴリ・タグ