全機種(スイッチ/PS4/Vita/PC)の違い&おすすめの選び方

アンダーテールが販売されている「Nintendo Switch」「PlayStation4」「PSVita」「Steam(PC)」の全機種での違いと、おすすめについて解説しています。

各機種の違い・特徴

アンダーテールは様々な機種で販売されていますが、どの機種であってもストーリーには違いがありません。追加要素の有無や、値段などが主な違いです。

Switch版

PS4版

  • PS4/PSVita限定の追加要素がある
    ▶PS版の追加要素について
  • パッケージ版とダウンロード版がある
  • 同アカウントであればPSVitaでも遊べる
    ※セーブデータの共有は不可

PSVita版

  • PS4/PSVita限定の追加要素がある
    ▶PS版の追加要素について
  • パッケージ版とダウンロード版がある
  • 手軽に遊べる
  • 操作しづらい部分がある
  • 同アカウントであればPS4でも遊べる
    ※セーブデータの共有は不可

Steam版(PC)

  • Steam版にしかない演出がある
  • 値段が安い
  • 自由なコントローラー/キーボードが使える

おすすめの選び方

操作性重視なら慣れている機種

アンダーテールは避ける事が中心のゲームなので、コントローラーの操作性は結構重要です。

スティック操作・十字キー操作のどちらも使いやすいと感じられる機種がおすすめです。

世界観重視ならSteam版(PC)

Steam版にはPCでしかできない演出があるため、アンダーテールの世界観をすべて楽しみたいならSteam版がおすすめです。

PCでの演出はごく一部なので他機種でも十分世界観を楽しめますが、元々PCゲームとして作成されているゲームなので、隅々遊ぶにはSteam版が適しています。

値段重視ならSteam版(PC)

PS4/PSVita/Switchのダウンロード版が1,620円(税込み)なのに対して、Steam版は980円(税込)とかなり安く購入できます。

各機種、ダウンロードゲームのセール開催時などはもっと安く購入できる事があります。

ボリューム的にはどれでも同じ

PS版とSwitch版にはそれぞれ追加要素がありますが、おまけ的な追加要素なのでボリューム的には各機種同程度です。

追加要素
PS4
PSVita
イヌじんじゃ
Switch ぷんすかみゅうみゅう

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。