アンダーテールの基礎知識【初心者向け】

アンダーテールを初めてプレイする際、ストーリーを進める前に知っておきたい「基礎知識」を紹介しています。

はじめに

アンダーテールは「誰も死ななくていいやさしいRPG」と表わされるように、すべてのモンスターに対して「死なせない(倒さない)」という道が用意されています。

モンスターを倒さない限りはレベルが上がりませんが、レベルが低いほど無敵時間が長いので誰も倒さなくても(Lv1でも)ゲームを最後まで楽しむ事ができます。

倒さず進めるには

相手を倒さずに戦闘を終わらせるには「逃げる」か「逃がす(停戦)」のどちらかを行う必要があります。

自分が逃げる

  • 「みのがす」から選択可能(※ボスモンスターは不可)
  • 相手が強いほど成功率が下がる

相手を逃がす(停戦)

  • 主に「こうどう」から選べるコマンドによって発生
    相手を逃せるようになる場合と戦闘が終了する場合がある
  • 逃せるようになったモンスターは名前が黄色になる
  • 最初から逃せる場合もある
  • ボスモンスターの場合はターン経過など特殊な条件がある
  • ごく一部の相手を除いてほとんどのモンスターで可能

逃げた場合は何も獲得できませんが、停戦の場合はゴールドのみ獲得できます。

[PR]

ルートについて

アンダーテールには3種類のルートがあり、「誰も死ななくていい」というゲームの趣旨に従うか反するかでルートが分岐します。

Nルート(ニュートラル)

他のルート分岐条件を満たさずに物語を進めた場合に発生するルートです。

PルートはNルートのクリアが条件、Gルートは発生条件がかなり厳しいため、1周目は高確率でNルートになります。


Pルート(パシフィスト)

Nルートのクリア後限定で「誰も死ななくていい」というゲームの趣旨に従って進めた場合に発生するルートです。

Nルートよりも制限が多くなるので、少し難易度が上がります。

最初からPルートを目指したい場合
1周目時点からPルートを目指したい場合は「Nルートの1周目で誰も倒さずにクリアする」と、Nルートの最終セーブデータからそのままPルートの終盤に挑戦できます。

Gルート(ジェノサイド)

「誰も死ななくていい」というゲームの趣旨に大きく反した場合に発生するルートです。

1周目でも発生させる事はできますが、難易度が他ルートよりも圧倒的に高い事と、周回プレイ時に影響する要素がある事から1周目で狙うのは非推奨です。


選択肢について

アンダーテールではイベント等で様々な選択肢が発生しますが、選択肢によってルートが分岐する事はありません。

会話・イベント内容が少し変化する程度のものが多く、さほど大きな影響はないので、思うままに答えていきましょう。

名前について

ゲームをはじめると最初に名前をつける事になりますが、名前は一度決めると変更するのが難しいので注意が必要です。(Pルートクリアか本体操作によるセーブデータ消去が必要になる)


 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。