【DbD】開発チームQ&Aまとめ!アプデ後のオーラ可視化の弱体化を検証【デッドバイデイライト】

最終更新日

出典: deadbydaylight.com

この記事は「Dead by Daylight(デッド・バイ・デイライト)」にて、先日行われた開発チームのQ&Aとアプデ後のオーラ可視化をまとめたものです。

公式Twitterはこちらから!

Q&Aまとめ!4.1.0中間報告

なぜオーラの見え方を変更したのか?

プレイ性を向上させる目的で、今回新たにオーラの見え方を変更しました。

しかし、一方で「見えづらい」という視覚的負担をプレイヤーに与える結果となってしまいました。

現在は皆さんからのフィードバックをもとに、再度修正を行っている最中です。

ヒルビリーのアドオン“母の助っ人”と“黒いグリース”を作成した経緯は?

ヒルビリーの固有パーク「不屈」「光より出でし者」の簡易版を作る目的で作成をしました。

ただ、これらのアドオンが人気のないことを開発側でも認識しています。

次回アップデートで他のアドオンと一緒に変更を加える予定です。

専用サーバー側で、攻撃の命中を処理するという機能はどうしたんですか?

当初はPTBテストを予定していました。

しかし、システムに問題があり、多くの人で通信状態の悪化する事態を招いてしまいました。

そのため、テストは意図した結果をもたらさないと判断し、現在行っていません。

皆さんからのフィードバックを集め、近い将来にこの機能を完成させたいと思います。

なぜ鬼のミノタウロスはいつリリースされますか?

あくまで「将来的にそういうことをしてみたい」としかお知らせしていません。

10秒ごとにゲームがフリーズするようになってしまいました。

4.1.0アップデート後、フレンドリストの同期が行われる度に、ゲームが固まる不具合が発生しました。

現在は修正が完了しているので問題ないはずです。

新登場したキラーのスキルレーティング制について解説をお願いします。

初めてプレイする殺人鬼は、他の殺人鬼のレーティングに応じて重みづけがされた初期レーティングが設定されます。

もし他の殺人鬼のレーティングが高いときは、その初プレイの殺人鬼のレーティングもそれなりに高い状態に重みづけされて始まります。

バランスが取れていてかつ楽しいマッチングを実現するのが目的です。

生存者にもレーティングは実装されますか?

必要があれば実装を検討します。

現在の統計では極端なマッチメイキングのズレは生じていません。

新システムで生存者チームはどうマッチしますか?

生存者チームは、チーム内の平均レーティングを計算し、その平均値に基づいて対戦相手を見つけようとします。

今後さらに調整をし、より実力が拮抗するプレイヤー同士を結びたいと思います。

新システムは、初心者サバイバーにとっても平等なのでしょうか?

新規プレイヤーは、しばらくのプレイに慣れてもらうためにも実レーティングより低めの対戦相手とマッチングするようにしています。

なぜランクをスキルレーティングに重みづけして開始しなかったんですか?

すでに過去数ヶ月以上検証のためにデータを収集していました。

ここ数ヶ月のうちに、定期的にプレイをしていた人はすでに大体のスキルレーティングを持っています。

長い休止期間を経てゲームから戻ってきた場合について。

最後にプレイしてから、どのくらいの時間が経っているのかもレーティングシステムでは考慮します。

今でもマッチする人のランクがとても離れています。

ランクはほとんどの場合1ヶ月にどれだけプレイしたかの指標であって、ゲームの腕前とはあまり良い相関関係を持っていません。

そして、スキルレーティングはゲームの腕前によって完全に左右されるものです。

なぜスキルレーティングは見えなくしてあるんですか?

自分のレーティングを見て喜ぶ人がいる一方、レーティングが表示されるのを恐れる人もいます。

皆さんがベストを尽くしてゲームをプレイしてもらえるよう、今のところスキルレーティングは非表示にしています。

将来的には何らかの形で公開する計画もありますが、現時点でお知らせできることはありません。

結果画面のランク表示はどうなりますか?

今のところ、エンブレムシステム・ランクシステムはそのままにしています。

レーティングは今からカウントされるんですか?

レーティングの初期値は、システムが過去数ヶ月間収集していた戦績データに基づいてすでに設定されています。

レーティングに影響を与える要因は何ですか?

あなたが試合でどのようなパフォーマンスを発揮したかで、レーティングは影響を受けます。

自分のレーティングよりも遥かに高いプレイヤーに打ち勝った場合、あなたのレーティング変動値はかなり調整されます。

新しいマッチメイキングでは、NAT別の人とも繋がるんですか?

スキルレーティングは、NATタイプやネットワークの接続性とは直接関係ありません。

オーラの見え方について

2020年7月に行われた「4.1.0(1.97)アップデート」によって、オーラの見え方が大きく変わりました。

これは生存者も殺人鬼も同様に影響を受けており、特に距離の離れた場合がとにかく見にくくなっています。

これによって、可視化系パークは事実上の弱体化を余儀なくされています。

代表的な強パーク

生存者

血族

ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ

共感

殺人鬼

バーベキュー&チリ

堕落の介入

看護婦の使命

不協和音

これだけのパークにも影響を与えた今回の修正。

残念ながら、開発の意図どおりにはいかず、大きく変更されたプレイ環境に戸惑う人が多数でています。

中でも殺人鬼にとっては、以下のような支障が発生し話題を呼びました。

開幕のトーテム把握が困難に
  • 呪いのトーテムが開幕序盤である場合、その場所の特定が非常に困難になっています。
  • 特に離れた位置に呪いのトーテムがあれば、オーラが認識できないほど見えにくい。
バベチリが弱体化!?
  • 殺人鬼の強パークの一つである「バーベキュー&チリ」が弱体化しています。
  • 4秒という限られた効果時間の間で、離れた生存者を目視するのが非常に困難となっています。

わからないことはオープンチャットで聞いてみよう!

DBD攻略談義へ

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら