【DbD】基本の立ち回り:キラー (殺人鬼)【デッドバイデイライト】

最終更新日

Dead by Daylightでキラーをプレイする上での基本的な立ち回りをまとめました。なかなかサバイバーを処刑できないという人は、参考にしてみてください。

序盤の動き

サバイバーを探す

ゲームが開始したらまずはサバイバーを探しましょう。サバイバーは発電機を直さないと脱出できないため、未修理の発電機を巡回するとサバイバーを見つけやすいです。

呪術:破滅などの呪いのトーテムパークをつけている場合はトーテムを見に行くのもありです。

ドクターの電気ショックやレイスの透明化など、サバイバーを探すのを助けてくれる能力を持ったキラーもいます。

また、トラッパーやハグはサバイバーを探すよりも、罠を先に設置していた方が有利です。

サバイバーを見つけたら

サバイバーをフックに吊るすには、通常攻撃を2回当てて瀕死にする必要があります。

通常攻撃はボタンを長押しすると突進攻撃になるので、チェイス中は突進攻撃を使うと瀕死にしやすいです。

また、ヒルビリー、カニバルのチェーンソーやハントレスの投げ斧など、他の攻撃手段を持ったキラーもいます。

[PR]

終盤の動き

ゲートが通電してしまったら

5個の発電機の修理が完了し、ゲートが通電してしまったら2つの内どっちかのゲートに向かいましょう。

少しでもレバーを下ろされたゲートは遠くからでも赤く表示されます。

 

 

ハッチが開いてしまったら

サバイバーが残り一人になるとハッチが開いてしまいます。

ハッチを先に見つけることができれば、キラーはそのハッチを閉めることができます。

ただし、ハッチを閉めた瞬間ゲートが通電して、エンドゲーム・コラプスが開始されるので、すぐにゲートに向かいましょう。

 

チェイスのコツ

板について

板を倒されるとキラーは進路をふさがれてしまい、壊さない限りサバイバーは板の上を滑って時間を稼ぐことができます。

板の周りをグルグル回って、ギリギリで板を倒す板グルと呼ばれる戦術を使う人が多いです。

板の周りが短い場合はフェイントをかけてそのまま攻撃できる場合もありますが、板を壊さない限り絶対に追いつけない場所もあるので倒されたら基本的に壊しましょう。

窓枠について

窓枠は何度でも使えますが、正面から走って越えないと飛び越え速度が下がります

窓に行くしか相手に逃げる手段がなかった場合は動きが読めるため、攻撃を当てるチャンスです。

キラーの窓を越える速度は基本的に遅いため、回り込むなどの選択もしましょう。

また、チェイス中に短時間で同じ窓枠を3回使うとその窓枠は封鎖されて20秒間使用不可になります。

なので、一部の場所では逃走ルートを絞るためにあえて越えさせた方が攻撃を当てやすいという場面もあります。

窓枠、板を越えた瞬間を狙う

窓枠と板を越えた瞬間は攻撃可能で、特に窓枠を越えた瞬間に攻撃を当てることはかなり重要です。

攻撃が当たる距離が感覚的に分かれば、攻撃を当てるチャンスがかなり増えます。

慣れない内は何度もチャレンジして、感覚を掴んでいきましょう。

サバイバーの行く先を予測する

何もない場所なら一直線に追いかけても大丈夫ですが、壁や小屋など自分の姿が見えなくなる場所ではサバイバーの動きを予想して回りこむという選択をとることも大切です。

しかし、回り込んでばかりいると逆にサバイバーに裏をかかれて見失ってしまう可能性もあるので注意しましょう。

サバイバーを瀕死にしたら

フックに吊るす

フックに吊るしての処刑がもっとも基本となる方法です。

フックの進行度は3段階に分かれていて、進行度はゲージで表されています。

  • 第1段階(100%~50%)
    唯一自力脱出ができる状態です。
  • 第2段階(50%~1%)
    エンティティが召喚されて、自力脱出が不可能になります。
  • 第3段階(0%)
    処刑が完了し、ゲームから除外されます。

また、1回吊るごとに1段階ずつ進行していくため、滞りなく救助された場合は3回吊ることによって即座に処刑が完了します。

 

吊った後の行動

吊った後は周りにサバイバーが潜んでいないか確認して、いなかったら次のサバイバーを探しに遠くへ行くか、吊ったサバイバーに張り付いて寄せ付けないようにするかの2択です。

吊ったサバイバーに張り付くキャンプと呼ばれる行為は、一気に発電機を回されてしまいすぐにゲートが通電してしまうので、できる限りしないようにしましょう。

戻る場合は2段階目に進行しそうな時と、3段階目に進行しそうな時ぐらいがベストです。

あえて放置する

地面に瀕死状態のサバイバーを放置していると、だんだんゲージが減っていってゼロになるとそのサバイバーは死亡します。

瀕死状態のサバイバーは基本的に自力で起き上がることはできないので、回復しに来たサバイバーを釣るエサにもなります。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら