【DbD】2020年最新!変更・弱体化されたキラー&サバイバーのパーク一覧【デッドバイデイライト】

最終更新日

Dead by Daylight(デッドバイデイライト)で2020年1月時点、これまでに変更や弱体化等が行われたパークについて、キラー側サバイバー側別にまとめています。

キラー側一覧

パーク名称 変更前 変更後

呪術:破滅

2020/1/22修正

  • スキルチェック成功:グッド発生時、発電機の修理が5%減少する。

  • スキルチェック成功:グレイト発生時、発電機の修理進行ボーナスが0%になる。

  • 呪いの効果は、紐付けられた呪いのトーテムが残っているかぎり持続する。
  • すべての発電機が”呪術:破滅”の影響を受ける。

  • 発電機が修理されていない状態である時、修理進行度が常に通常の発電機破壊の1・1.5・2倍の早さで自動的に後退し続ける。

  • 呪いの効果は、紐付けられた呪いのトーテムが残っているかぎり持続する。

ピエロ恐怖症
  • 脅威範囲内の生存者の治療速度が50%低下する。

  • 脅威範囲内の生存者の治療速度が50%低下する。

  • 効果が発生するまで生存者のインターフェースに表示されない。

圧倒的存在感
  • 自分の脅威範囲内の生存者が非効率効果に苦しむ。

  • 効果を受けた生存者のアイテム消耗率が100%増加する。
  • 自分の脅威範囲内の生存者が非効率効果に苦しむ。

  • 効果を受けた生存者のアイテム消耗率が100%増加する。

  • 効果が発生するまで生存者のインターフェースに表示されない。

不安の元凶
  • 脅威範囲内にいる生存者は、修理、治療、破壊工作におけるスキルチェック発生率が10%上昇する。

  • 発生したスキルチェックの成功範囲が60%減少する。
  • 脅威範囲内にいる生存者は、修理、治療、破壊工作におけるスキルチェック発生率が10%上昇する。

  • 発生したスキルチェックの成功範囲が60%減少する。

  • 効果が発生するまで生存者のインターフェースに表示されない。

狡猾
  • 2秒静止することで、脅威範囲が0メートルとなり、再度動くかアクションを行うまで隠密状態となる。
  • 2秒静止することで、脅威範囲が0メートルとなり、再度動くかアクションを行うまで隠密状態となる。

  • 隠密効果が発動中、探知不可状態となる。

猛獣
  • 血の渇望がティア1に入ると赤い光が消滅し、血の渇望を失うまで消えたままになる。

  • 狩猟カテゴリーの行動で獲得できるブラッドポイントが50%上昇する。
  • 血の渇望がティア1に入ると赤い光が消滅し、血の渇望を失うまで消えたままになる。

  • 狩猟カテゴリーの行動で獲得できるブラッドポイントが50%上昇する。

  • 隠密効果が発動中、探知不可状態となる。

闇の信仰心
  • オブセッション状態の生存者に通常攻撃を命中させると、30秒間、オブセッション状態の生存者が32メートルの範囲で心音を出すようになる。その間は殺人鬼の脅威範囲がゼロになる。

  • 効果中は、オブセッション状態の生存者に、その生存者自身の心音が聞こえる。

  • 殺人鬼が一度に憑りつける生存者は1人のみ。
  • オブセッション状態の生存者に通常攻撃を命中させると、30秒間、オブセッション状態の生存者が32メートルの範囲で心音を出すようになる。その間は殺人鬼の脅威範囲がゼロになる。

  • 効果中は、オブセッション状態の生存者に、その生存者自身の心音が聞こえる。

  • 殺人鬼が一度に憑りつける生存者は1人のみ。

  • 隠密効果が発動中、探知不可状態となる。

ガラクタいじり
  • 発電機の修理が85%まで完了すると、騒音の通知を受け取る。

  • 12秒間、脅威範囲が0メートルに減少する。
  • 発電機の修理が85%まで完了すると、騒音の通知を受け取る。

  • 12秒間、脅威範囲が0メートルに減少する。

  • 隠密効果が発動中、探知不可状態となる。

サバイバー側一覧

パーク名称 変更前 変更後

スマートな着地
  • 高所から落ちた時の硬直時間が75%減少する。

  • 着地後、疲労していなければ、通常の150%の速さで、最大3秒間走ることができる。


  • 40秒間の疲労を発生させる。


  • 走っている間、疲労は回復しない。

  • 高所から落ちた時の硬直時間が75%減少する。

  • 着地した時のうめき声を100%減少させる。


  • 着地後、疲労していなければ、通常の150%の速さで、最大3秒間走ることができる。


  • 移動速度上昇後の60・50・40秒間は疲労状態となる。


血族
  • 自分がフックに吊るされている間、全生存者が相互に可視表示される。

  • 誰かが吊られている間、フックから8・12・16m以内に入る殺人鬼が可視表示される。


  • このパークは殺人鬼のあらゆる隠密能力より優先する。

  • 自分がフックに吊るされている間、全生存者が相互に可視表示される。

  • 誰かが吊られている間、フックから8・12・16m以内に入る殺人鬼が可視表示される。


  • 自分以外がフックに吊るされている間、他生存者全員のオーラが可視表示される。


誰も見捨てはしない
  • 脱出ゲートが通電すると、協力カテゴリーに属する行動で得られるブラッドポイントが100%増加する。

  • 該当する行動の速度が12%上昇する。

  • 1ヶ所以上の脱出ゲートが開くと効果発動する。

  • 治療やフックからの救出で獲得できるブラッドポイントが50・75・100%増加する。


  • 治療やフックからの救出の速度が30・40・50%上昇する。


  • 他の生存者のオーラが常に表示される。


ずっと一緒だ
  • 生存者をフックから安全に救出するか、生存者を守るために身代わりで攻撃を受けると、全カテゴリのブラッドポイントを25%追加取得する。

  • この効果は最大100%まで重複する。


  • 追加取得したブラッドポイントはマッチ終了後に付与される。

  • 生存者をフックから安全に救出するか、生存者を守るために身代わりで攻撃を受けると、全カテゴリのブラッドポイントを25%追加取得する。

  • この効果は最大100%まで重複する。


  • 追加取得したブラッドポイントはマッチ終了後に付与される。


  • 防御判定が発生するのを20→3秒に1回に変更。


  • 生存者を運搬中の殺人鬼から攻撃を受けるとすべて防御と判定される。


英雄の奮起
  • 味方の代わりに殺人鬼の攻撃を3回受けるとパークが発動する。

  • パーク発動中は攻撃を受けても負傷状態から瀕死状態にならない。


  • 次に完全回復すると、殺人鬼から16メートル以上離れている場合に自分のオーラを殺人鬼に探知される。

  • 味方の代わりに殺人鬼の攻撃を3回受けるとパークが発動する。

  • パーク発動中は攻撃を受けても負傷状態から瀕死状態にならない。


  • 次に完全回復すると、殺人鬼から16メートル以上離れている場合に自分のオーラを殺人鬼に探知される。


  • 次に瀕死状態になった際、パークは無効になる。


  • オブセッション状態になる確率が上昇する。


  • 複数の生存者が同時にオブセッションになることはない。


  • 防御判定が発生するのを20→3秒に1回に変更。


  • 生存者を運搬中の殺人鬼から攻撃を受けるとすべて防御と判定される。

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら