【ドラクエウォーク】ドラゴンライダーLv30の攻略方法と弱点・おすすめ耐性装備|強敵モンスター

最終更新日
攻略大百科編集部

ドラクエウォーク(DQウォーク)のドラゴンライダーLv30の攻略方法を紹介しています。ドラゴンライダーの攻略ポイント、弱点と耐性、おすすめ周回レベルなども掲載しているので、是非参考にしてください。

ドラゴンライダーバナー

ドラゴンライダーの攻略方法

敵の弱点と耐性

ドラゴンライダーとベビーニュート

▼ドラゴンライダー

ドラゴンライダー

ドラゴンライダーの詳細

系統

ドラゴン系

行動

2回行動

超弱点

ジバリア系

弱点

イオ・ヒャド・バギ・デイン系

耐性

メラ・ギラ系

技一覧

通常攻撃

単体物理(約300)

はやぶさ斬り

単体物理2回攻撃(約300×2)

コンビネーション

全体メラ属性ブレス(約200)+単体物理(約430)

ベギラマ

全体ギラ属性呪文(約140)

ベギラゴン

全体ギラ属性呪文(約190)

スクルト

全体の守備力を1段階アップ

▼ベビーニュート

ベビーニュートの詳細

系統

ドラゴン系

行動

1回行動

超弱点

バギ・イオ系

弱点

ヒャド系

耐性

ジバリア系

技一覧

通常攻撃

単体物理(約140)

こごえるふぶき

全体ヒャド属性ブレス(約250)

ドラゴンライダーの攻略ポイント

■1:パラディンを編成

ドラゴンライダーの「はやぶさ斬り」や「コンビネーション」の物理ダメージが非常に高いため、パラディンを編成しないとすぐに味方が倒れてしまいます。

パラディンは「スカラ 」や「ビッグシールド 」などで守りを固めておき、余裕があれば「騎士道精神 」も使用しておくといいでしょう。

■2:フバーハでブレス対策

ドラゴンライダーの「コンビネーション」やベビーニュートの「こごえるふぶき」など、ブレス攻撃も被ダメージがかなり大きいため、「フバーハ 」は必ず2段階を維持しましょう。

■3:おすすめの耐性装備

耐性装備は「ドラゴン>ヒャド=メラ>ギラ」の順で対策するのがおすすめです。

ドラゴン耐性を持つ防具

+5%

+3%

+1%

ヒャド属性耐性を持つ防具

+5%

+3%

ヒャド属性耐性のおすすめこころ

+10%

+7%

+7%

メラ属性耐性を持つ防具

+10%

+5%

メラ属性耐性のおすすめこころ

+10%

+7%

+5%

ギラ属性耐性を持つ防具

+10%

+5%

+3%

ギラ属性耐性のおすすめこころ

+10%

+7%

+5%

■4:おすすめ武器

ドラゴンライダーとベビーニュートの耐性はバラバラですが、イオ・バギ属性が共通して効きやすく、次点でヒャド・ドルマ・デイン属性がおすすめです。

ベビーニュートの方がHPが少ないため、全体と単体スキル両方が使える武器があると、ドラゴンライダーが残った後も効率よくダメージを与えられます。

全体+単体の適正武器がない場合は、レンジャーに全体武器、バトルマスターに単体武器を持たせて戦うのがおすすめです。

全体+単体のおすすめ武器

おすすめ単体武器

おすすめ全体武器

ドラゴン特攻のおすすめこころ

(+5%)

(+5%)

(+7%)

[PR]

ドラゴンライダーのこころ


コスト 119
タイプ-赤
最大HP 107 攻撃魔力 16
最大MP 46 回復魔力 16
ちから 100 すばやさ 84
まもり 60 きようさ 74
こころ最大コスト +4
スキルの斬撃・体技ダメージ +3%
バギ属性斬撃・体技ダメージ +7%
ドルマ属性斬撃・体技ダメージ +7%
麻痺耐性 +7%

「ドラゴンライダー」はHPと力のステータスが高いため、強敵と周回両方で役立つ性能を持っています。

ただし、バギ・ドルマ属性の最強火力セットには入らないため、こころの手持ちが多い人にとっては使う機会は少ないでしょう。

メガモンや高難度で耐久力を高めたい場合に、「ヘルコンドル 」や「ヒュンケル 」の代わりに入れるといったこともできるため、余裕があればSランクを確保しておきましょう。

コメント一覧

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。

関連カテゴリ・タグ