【DbD】2020年初のアップデート最新情報!実装予定の新要素や変更点など内容まとめ!【デッドバイデイライト】

最終更新日
1
件のコメント
攻略大百科編集部

DeadbyDaylight」2020年初のアップデート情報が発表されました。
最新アップデートにて予定されているアイテムや殺人鬼の変更点、改善点をまとめました。
記事:chiro

出典: forum.deadbydaylight.com

マッチングについて

今のマッチングシステムは、マッチングの待ち時間を短縮することと殺人鬼と生存者のランクのバランスを取ることがうまく両立できない状態です。さらに接続の品質を含め、3つの要素をバランス良く保つための議論が現在行われており、近い将来ランクではなく「スキルレーティング」を利用したシステムが導入されることになります

スキルレーティングはプレーヤー自身では確認できない数値で、その人のプレイスキル、簡単に言うとゲームの上手さを正確に表すものになります。
レーティングシステムの導入が実現することで、マッチング時間の短縮、マッチングの公平性、接続の品質、3つのバランスがうまく取れることが期待されますね!


出典: forum.deadbydaylight.com

[PR]

工具箱での修理について


工具箱のチャージ量が大きく減り、工具箱を利用した修理速度がかなりアップします。
これにより発電機1台の修理中、前半は工具箱を利用せずに行い、あと少しのところで殺人鬼が近づいてきた時、一気に直しきるなど、工具箱を戦略的に使う必要が出てきます。
より楽しい駆け引きが楽しめそうです!

また後述しますが、工具箱(その他アイテムも)を使い切った場合でも消滅せず、脱出に成功した場合持ち帰ることができるようになります。

破壊工作の変更について

フックの破壊はこれまで非常に時間がかかり、破壊を寸止めにして生存者を運搬中の殺人鬼の目の前で破壊完了するなど、戦略として利用するには準備時間の長さなどリスクが非常に高いものでした。
今回のアップデートではこのフックの破壊という行動が戦略に利用しやすくなるよう、以下の変更が行われます。

  • 破壊にかかる時間が数秒に短縮されますが、作業を中断すると進行度がリセットされるようになります。
  • 1つの工具箱で破壊できるフックの本数が非常に少なくなります。
  • 破壊されたフックの復活時間がかなり短縮されます。
  • 360度どの角度からでもフックを破壊できるようになります。
  • トラッパーのトラバサミは破壊できなくなります。

また破壊工作の変更に伴い、以下のパークの効果も修正されます。

サボタージュ




・殺人鬼が生存者を持ち上げたとき運搬可能な距離にあるフックのオーラが表示されるようになります。
・工具箱なしでフックを破壊できますが、クールダウンが発生するようになります。

処刑人の妙技




・フックの破壊工作が開始されたとき通知が表示されるようになります。
・生存者を運搬中、フックから一定距離以内の生存者のオーラが表示されるようになります。

ブレイクダウン




・ブレイクダウンにより破壊されたフックは3分間破壊されたままとなります。

アイテムの持ち帰りについて


これまではアイテムのチャージをすべて使い切った場合、そのアイテムは消滅していましたが、今回のアップデートでアイテムを使い切っても消滅しないようになり、空のアイテムを持って脱出に成功した場合、今までチャージが残っているアイテムを持ち帰ったときのようにインベントリに戻るようになります

また使い捨てである殺人鬼のアドオンと合わせるため、アイテムのアドオンは脱出の成否に関わらず消滅するようになります。

※チャージがなくなったアイテムは消滅しませんがそのマッチ内では使用できなくなります。
※パーク「最後の切り札」を装備している場合はアイテムを持って脱出に成功するとアイテムとアドオン両方を保持することができます。

新システム: 破壊可能壁

殺人鬼が好きなタイミングで破壊できる「破壊可能壁」が登場します。
現在のところ破壊可能壁が生成されるのは新チャプターで実装される新マップに限定されていますが、今後既存のマップにも追加される可能性があるようです。
破壊可能壁の使用は以下の通りです。

  • 破壊可能壁はパレットのようにマップ上の決まった場所に複数生成されますが生存者は利用できません。
  • 殺人鬼は好きなタイミングで破壊可能壁を破壊して穴を開けることができます。
  • 破壊可能な壁とそうでない壁が簡単に見分けられるよう配慮される予定です。
  • パレットの破壊速度に影響するパークやアドオンは破壊可能壁にも影響するようになります。

殺人鬼の変更点

以下の殺人鬼の能力に調整が入ります。

ドクター




・生存者の狂気度が時間経過で減少しなくなります。
・ショック療法は命中した生存者に0.5レベル分の狂気度を与えるようになります。
・放電爆破は1レベル分の狂気度を与えるようになります。

プレイグ




・常に1ヶ所の「献身の淀み」が汚染された状態でマッチを開始するようになります。
※これにより生存者が疫病を治療しなかったとしてもプレイグが確実に「汚濁の吐瀉」を使えるようになります。

トラッパー




・トラッパーのトラバサミが生存者によって破壊できなくなります。
・地面に落ちているトラバサミを持ち上げて再設置する必要なく開くことができるようになります。

まとめ

待望の新キラーを携えたチャプター15の情報も公開され、そちらの情報をまとめた記事も準備中ですので楽しみにしていてくださいね。
アップデートを重ねるごとに戦略がどんどん進化していくところがDeadbyDaylight最大の魅力ですね!

攻略ライター募集中!

在宅フルリモート・学生・主婦・副業歓迎!DBDの攻略記事を一緒に書いてみませんか?

応募の詳細はこちら

 

コメント一覧(1)

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

レーティングシステムって… キラー弱体化させまくってガバマッチになるんだろ。対応しきれないからランク非表示とか運営やることおかしいわ。実装したところですぐガバる。



記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ