【ドラクエウォーク】超高難度クエスト「追憶の賢者」攻略方法まとめ

最終更新日
1
件のコメント

ドラクエウォークの超高難易度クエスト「追憶の賢者」の攻略方法を紹介しています。挑戦前の準備や各ボスの弱点・攻略ポイントなどを掲載しているので、是非参考にしてください。

追憶の賢者バナー

追憶の賢者の概要

開催期間が長め

超高難度クエスト「追憶の賢者」の開催期間は6月29日(月)までと、2か月近くの期間があるため、パーティの育成が済んでいない方は、レベルを上げてから挑みましょう。

報酬は称号とゴールドのみ

クエスト報酬

高難度クエストの報酬は、限定称号やゴールドだけなので、無理にクリアする必要はありません。

[PR]

バトル前の準備

回復役にはまもりのたて必須

バトル2やのやまたのおろちのはげしいおたけびや、バトル3のバラモスブロスの麻痺攻撃などが厄介なため、少なくとも回復役には「まもりのたて 」が使える装備を必ず用意しておきましょう。

まもりのたてを習得できる装備一覧

ルーンバックラー

プラチナトレイ

メタスラの盾

天空の盾

ロトの盾

ラダトームの盾

シルバートレイ

ホワイトバックラー

ライトバックラー

ビッグシールドも欲しい

初戦のカンダタは痛恨の一撃を連発してくるため、「ビッグシールド 」でガード率を上げるのが重要になります。

天空の盾 」や「ロトの盾 」、「シルバートレイ 」はビッグシールドとまもりのたてを両方使えるので、持っている場合は回復役に優先して装備させましょう。

ビッグシールドを習得できる装備一覧

ロトの盾

天空の盾

アリアハンの盾

オニグモの盾

おやぶんの大盾

シルバートレイ

マホトーンがあると便利

バトル1のカンダタこぶんは「バイキルト」などの厄介な呪文を使用してくるため、「マホトーン 」で呪文を封じておくと楽に戦えます。

マホトーンを覚えるこころの中では、MP自動回復を持つ「りゅうおう 」が特におすすめです。

マホトーンを習得できる装備とこころ

りゅうおうのつえ

ボルケーノウィップ

りゅうおう

マジカルハット

よろいのきし

キャットフライ

全体回復役を2人用意

敵の火力が非常に高く、回復役が一人だと追いつかないため、全体回復の「いやしのかぜ 」や「いやしの波動 」を使える回復役を2人編成しておきましょう。

おすすめの全体回復装備

ひかりのタクト

ロザリーのつえ

ドラゴンロッド

さとりの杖

レンジャーを1人以上編成

バトル2のやまたのおろちのブレス攻撃が非常に強力なため、「フバーハ 」が使えるレンジャーを必ず1人以上は編成しておきましょう。

レンジャーはバトル1やバトル3の影縛り役としても非常に活躍してくれます。

イオ・ヒャド耐性が重要

バトル3のバラモスたちのイオ属性攻撃や、バトル4のゾーマのヒャド属性攻撃が特に厄介なため、耐性はイオ・ヒャド系のものを優先的に装備させましょう。

イオ属性耐性を持つ防具

デスピサロよろい下

デスピサロのかぶと

冥獣の装束上

冥獣の装束下

マッスルパンツ
イオ属性耐性のおすすめこころ

ホークマン

ベビル

あくま神官

キングスライム

究極エビルプリースト

ヘルバトラー

くものきょじん

やまたのおろち

バラモス
ヒャド耐性を持つ防具

黃竜の道着上

黃竜の道着下

ロザリーの髪飾り

ロザリーの衣下

梅紅白のみみかざり

書聖のかみかざり

ひかりのかぶと

ひかりのよろい上

ひかりのよろい下

アリアハンのかぶと

アリアハンの服上

アリアハンの服下

獅子舞のかぶりもの

金獅子のかぶりもの
ヒャド耐性のおすすめこころ

セルゲイナス

ゾーマ

ホークブリザード

アイスゴーレム

じごくのハサミ

デスピサロ

バトル1の攻略

カンダタの弱点と耐性

▼カンダタ

カンダタ

カンダタの詳細
属性

怪人系

弱点 ヒャド・バギ・デイン系
耐性

ドルマ系

技一覧
つうこんのいちげき 単体攻撃大ダメージ(約390前後)
いのちごい 全体に確率で行動不能付与

▼カンダタこぶん

カンダタこぶん

カンダタの詳細
属性

物質系

弱点 ヒャド・バギ・デイン系
耐性

ドルマ系

技一覧
通常攻撃 単体攻撃
ルカナン 確率で全体の守備力を1段階ダウン
スクルト 敵全体の防御力が1段階アップ
ヘナトス 確率で単体の攻撃力を1段階ダウン
バイキルト カンダタの攻撃力を2段階アップ

カンダタの攻略方法

■1:ビッグシールドでガード率を上げる

カンダタは痛恨の一撃を連発してくるため、まずは「ビッグシールド 」でガード率を2段階まで上げておきましょう。

また、痛恨の一撃を受けてしまった場合に耐えられるよう、HPは420以上を目安維持しておくのがいいでしょう。

■2:マホトーンが有効

カンダタこぶんは「バイキルト」など厄介な呪文を使ってきますが、「マホトーン 」が有効なため、開幕に呪文を封じるのがおすすめです。

バイキルトをカンダタに使われると即死級のダメージを受けてしまうので、マホトーンが切れないよう定期的にかけなおしましょう。

■3:後半はまもりのたて使用

カンダタはHPが減ってくると「いのちごい」で全体に行動不能を付与してくるようになるため、後半は回復役に「まもりのたて 」を使わせておきましょう。

バトル2の攻略

やまたのおろちの弱点と耐性

やまたのおろち

やまたのおろちの詳細
属性

ドラゴン系

弱点 メラ・ギラ・バギ・ドルマ・デイン系
耐性

イオ・ヒャド系

技一覧
通常攻撃 単体攻撃
はげしいおたけび 全体攻撃+確率で行動不能付与
かえんのいき 全体にメラ属性ブレスダメージ
連続かみつき 単体にランダムで2回ダメージ

やまたのおろちの攻略ポイント

■1:フバーハでブレス耐性を上げる

やまたのおろちはのかえんのいきはダメージが非常に大きいため、必ずレンジャーの「フバーハ 」を使ってブレス耐性を2段階まで上げておきましょう。

■2:回復役にはまもりのたて

やまたのおろちは、「はげしいおたけび」で全体に行動不能を付与してくるため、回復役が行動不能になってしまわないよう、「まもりのたて 」を使っておきましょう。

バトル3の攻略

バラモス&バラモスブロスの弱点と耐性

▼バラモス

バラモス

バラモスの詳細
属性

????系

弱点

デイン・ドルマ系

耐性

イオ・ヒャド・バギ系

技一覧
通常攻撃 単体攻撃
イオラ 全体にイオ属性魔法ダメージ
イオナズン 全体にイオ属性魔法大ダメージ
メダパニ 単体に確率で混乱付与
はらわたをえぐる ランダムに2回単体攻撃

▼バラモスブロス

バラモスブロス

バラモスブロスの詳細
属性

????系

弱点 ドルマ・ジバリア系
耐性

イオ・ヒャド・バギ・デイン系

技一覧
通常攻撃 単体攻撃
じゃあくな爪 単体に2回攻撃+確率で麻痺付与
イオラ 全体にイオ属性魔法ダメージ
ザオラル バラモスをHP半分で復活させる

バラモス&バラモスブロスの攻略ポイント

■1:開幕はまもりのたて

バラモスとバラモスブロスは混乱や麻痺などの状態異常を付与してくるため、「まもりのたて 」を使えるキャラは開幕にしようしましょう。

■2:バラモスブロスから倒す

バラモスブロスはバラモスが倒れると「ザオラル」で復活させてしまうため、まずはバラモスブロスを集中攻撃して倒しましょう。

バトル4の攻略

ゾーマ

ゾーマの弱点と耐性

ゾーマの詳細
属性

????系

超弱点

デイン・ジバリア系

耐性

イオ・ヒャド・バギ・ドルマ系

技一覧
通常攻撃 単体攻撃
魔力集中 自身の魔法攻撃力1段階アップ
マヒャド 全体にヒャド属性魔法ダメージ
こおりのいき 全体にヒャド属性ブレスダメージ
死絶の美学 単体にランダムで5回ヒャド属性ダメージ
サイコキャノン 全体に無属性特大ダメージ

(初ターンと魔力集中後は500前後)

いてつくはどう 全体のステータスアップ効果解除
マヌーサ 全体に確率で幻惑付与

ゾーマの攻略ポイント

■1:開幕は防御推奨

ゾーマは初ターンに500前後のダメージを与えてくる「サイコキャノン」を使用してきます。

ゾーマより早く動けるキャラは防御を選択して被ダメージを抑えましょう。

また、開幕以外にも「魔力集中」の次のターンに再度500ダメージ前後のサイコキャノンを使用してくるため、ゾーマが魔力集中を使用したら防御しておきましょう。

■2:後半に備えて防御を固める

ゾーマはHPが減ってくると「死絶の美学」などの強力な攻撃を仕掛けてくるため、「スカラ 」などを使用して防御を固めておきましょう。

■3:ルカニと影縛りは効かない

ゾーマには影縛りやルカニは効きにくい(もしくは完全に効かない)ため、影縛りに依存した戦い方はしないようにしましょう。

コメント一覧(1)

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

お試しでやってみましたが、いきなりカンダタで挫折・・・
アイテム全投入すれば超えられるのかも知れませんが、とても
そんな気がしないので、諦めました・・・

>「天空の盾 」や「ロトの盾 」、「シルバートレイ 」は
>ビッグシールドとまもりのたてを両方使えるので、持っ
>ている場合は回復役に優先して装備させましょう。

とアドバイス貰っても、手持ちはシルバートレイ1個だけだし。

これはやっぱり、ガチ課金で最強に近い人のためのクエスト、
ってことなんでしょうかね。



記事へのご指摘・ご意見はこちら