【スカウォHD】火山 山頂の攻略チャート【ゼルダの伝説 スカイウォードソード】

最終更新日
攻略大百科編集部

攻略チャート一覧へ戻る

「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」の「火山 山頂」の攻略チャートです。簡単な攻略手順に加えて、攻略の際に役立つポイント・回収しておきたい宝箱やハートのカケラなどの情報も掲載しています。

火山 山頂の攻略チャート

  1. マップ北東から西側へ移動する
  2. 滝のある小池から空きビンに「ただの水」をすくう
  3. 最初のマップに戻り北側へ移動する
  4. カエルの像に「ただの水」を使う
  5. もう一度西側のマップに移動して「ただの水」を入手
  6. 先に進みカエルの像に向かって左側にあるツタにクローショットを使って移動する
  7. カエルの像の真上まで移動して「ただの水」をカエルに使う
  8. 「マルゴ」を追って先に進んでイベントを確認
  9. フィローネ地方の鳥のモニュメント「フロリアの滝前」に移動し「水龍フィローネ」の元へ
  10. オルディン地方に戻る
  11. サルボを護衛しながら、大きなカエルの像の元まで登る
  12. 「古の大祭殿」へ進む

宝箱・女神キューブの位置など詳しいマップ情報

火山 山頂の全体マップ

マップ
「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」の「火山 山頂」の全体マップです。鳥のモ...
続きを読む

[PR]

火山 山頂の攻略ワンポイント

火山 山頂まで

「火山 山頂」に行くにはオルディン火山北東部(大地の神殿から東)にある、熱くてダメージを受けてしまうエリアの先から行くことができます。「ディンのサイレン」をクリアして「耐熱イヤリング」を所持しているなら問題なく熱いエリアも通ることができるので、そこを目指しましょう。

火山の山頂を進み西側へ移動する

「火山 山頂」のマップを確認すると移動できる先が北・東・西と全部で3つに分かれています。まずは西側に進むため、北西方面へ向かいましょう。

西方向にマップ移動した先で「女神キューブ」を起動できるので起動しておきましょう。桟橋のように突き出たところからジャンプし、正面に見えている岩の柱の向こうに女神キューブのある足場があります。女神キューブを起動したら、ツタをクローショットで移動して入り口付近の高台に戻りましょう。

下に降りて滝のある小池から「空きビン」に「ただの水」をすくって入手したらひとつ前のマップに戻って今度は北方面に移動します。

カエルの像に水をやって先に進む

ゴロン族の「マルゴ」が再び登場します。道が「炎の壁」でふさがれていますが、近くの「カエルの像」に「ただの水」をかけることで、炎がなくなって先に進むことができるようになります。先ほど西側のマップで汲んできた「ただの水」をここで使用しましょう。

なくなった炎の壁の向こうに進むと同じように「炎の壁」があるので一旦西側のマップに戻りもう一度水を汲んできます。水を汲んで来たら「炎の壁」向かって左側の壁にツタがあるので、このツタに「クローショット」を飛ばして移動しましょう。足場を伝ってカエルの像に水がかかるように足場のギリギリに立って「ただの水」を使いましょう

先に進むと巨大な「カエルの像」があり、これに水をかける方法を求めて「フロリア湖」で「水龍フィローネ」が傷を癒すために使用していた、大きな「水瓶」を借りに行くことになります。

フィローネ地方の鳥のモニュメント「フロリアの滝前」に移動しましょう。「古の大石窟」と反対の方向に進んでいけば「水龍フィローネ」のいる場所まですぐ移動できます。水瓶を借りれたらオルディン地方に戻ります。

サルボを護衛して火山の山頂奥まで移動する

オルディン地方に戻ると「サルボ」を護衛して山頂の巨大なカエルの像の位置まで登ることになります。

道中には多くの魔物が存在するので弓などを駆使して、遠距離から敵を倒しつつ登っていきましょう。サルボの近くに魔物がいると、サルボは動きを止めてしまいついてこなくなります。また、サルボが連続で攻撃を3回受けると故障してしまい、少し戻った位置からやり直しになってしまうので、面倒でも進行ルート上のすべての魔物を倒す必要があります。

 

以下のオススメのルートマップと後述の攻略ポイントを参考にするとクリアしやすいはずです。

巨大なカエルの像まで移動できたら、サルボがカエルの像に水をかけてくれます。「古の大祭殿」に進入できるようになるので、準備をしたら「古の大祭殿」に挑みましょう。

次の攻略チャート

古の大祭殿の攻略チャート

攻略チャート
「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」の「古の大祭殿」の攻略チャートです。簡単...
続きを読む

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ