【DbD】レベッカ・チェンバース【デッドバイデイライト】

最終更新日
攻略大百科編集部

レベッカ・チェンバース

公式紹介文

神童だったレベッカ・チェンバースは、18歳で大学を卒業した。新人景観である彼女は「Special Tactics And Rescue Service」の最年少メンバーとして、ブラヴォーチームの衛生担当に配属された。S.T.A.R.S.からアークレイ研究所に派遣されたブラヴォーチームは、一連の悲惨な殺人事件を調査した。とある廃列車の探索中に、レベッカはアンデッドの怪物や突然変異を起こそうとした動物たちを発見した。ところが逃げ込んだ先は、さらに恐ろしい場所だった。アンブレラ社の古い地下施設で彼女が目の当たりにしたのは、ショッキングで忌まわしい光景だった。ブラヴォーチームのメンバーを探すため、レベッカは彼らの声を頼りにどこからともなく現れた謎の黒い霧の中に入っていった。覆いかぶさるような霧の中を進むと、当然、後ろから威嚇するような足音が聞こえてきた。本能的に銃に手を伸ばしたが、ホルスターには何も入っていなかった。武器が消えていたのだ。振り返ると同時に低いうなり声が聞こえ、レベッカは巨大な棍棒のような武器が振り下ろされるのを素早く避けた。やっとのことで立ち上がると、暗闇の中で点滅する光に向かって駆け出した。

[PR]

固有パーク

みなぎる活力
レベッカ・チェンバース
自分強化
他の生存者への治療アクションを完了すると、その生存者の発電機修理、治療、チェスト開放、トーテム浄化のアクション速度が25/30/35秒間、6%増加する

参考動画

YouTube DATA APIで自動取得した動画を表示しています

コメント一覧

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。

関連カテゴリ・タグ