【DbD】ウィリアム・”ビル”・オーバーベック【デッドバイデイライト】

最終更新日

ウィリアム・”ビル”・オーバーベック

公式紹介文

ウィリアム・”ビル”・オーバーベックが戦いをためて平和な暮らしを生きるには、ベトナム戦争への従軍が2度、片手いっぱいの勲章と膝ひっぱいに刺さった破片、そして名誉除隊を受けることが必要だった。しかし、彼はそんな人生は嫌いだった。

将来性がない仕事を転々とすること数十年、手術のため病院を訪れたビルは、目を覚ますと今までの世界が消え去ってしまったことを知る。伝染病が、ただの人々を心無き殺人マシンに変貌させていたのだ。彼が最初に行ったのは自宅への道を切り開き、軍の制服を身に付けることだった。彼は寂れたゴーストタウンや暗黒の森を突き進むうちに他の生存者を見つけ、共に感染者の群れから逃げ続けた。

最終的にビルは仲間の安全を守るために自らを犠牲にした。彼の死体は見つからず、ついに”見捨てられた”(Left For Dead)。彼が長年求めていたものーー戦うべき敵ーーを見つけたことは誰も知らない。

[PR]

固有パーク

不滅
ベリーレア "ウィリアム・"ビル"・オーバーベック"
自分強化
過去の戦いは、生き延びるための術を教えてくれた。
1マッチに1回のみ、瀕死状態から完全回復することができる。瀕死時の回復速度が35%上昇する。
与えられた猶予
ベリーレア "ウィリアム・"ビル"・オーバーベック"
サポート
殺人鬼の脅威範囲内で仲間をフックから救助すると、想定外のエネルギーが体にみなぎる。
殺人鬼の脅威範囲内で生存者をフックから外すと、15秒間、フックから救助された生存者を瀕死状態に陥れるあらゆるダメージの代わりに、深手のステータス効果が適用される。生存者は20秒間、自分を治療する時間が与えられる。
フックから救助された生存者が深手の影響を受けている状態でダメージを受けることや、深手のタイマーが終了することで、フックから救助された生存者はすぐさま瀕死状態になる。
置き去りにされた者
レア "ウィリアム・"ビル"・オーバーベック"
捜索
潜在的なオーラ可視能力を解放する。
儀式で最後の生存者となった場合、32メートル以内にあるハッチのオーラが視える。

参考動画

YouTube DATA APIで自動取得した動画を表示しています

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら