【ポケモンユナイト】プクリンのデータ一覧・おすすめビルド解説【ポケユナ】

最終更新日
攻略大百科編集部

「ポケモンユナイト」のプレイアブルポケモンの1匹である「プクリン」の評価、データ一覧、おすすめ持ち物、技構成、立ち回り解説を掲載しています。

プクリン

基礎能力

評価

射程

役割

難易度

進化

B

近接

サポート型

中級者向け

1段階(レベル4)

戦闘能力

耐久能力

機動能力

得点能力

補佐能力

1

2.5

2.5

2

4.5

覚える技

基本技

はたく

(特殊)

技1

前方に向かって連続攻撃する。わざ命中時に相手のポケモンにダメージを与え、少しのあいだ移動速度も下げる。

5

まるくなる

(変化)

技2

素早く転がり、シールド効果を得る。転がっている最中に当たった相手のポケモンをふきとばす。障害物にぶつかると進行方向が変わり、「はたく」、「おうふくビンタ」、「マジカルシャイン」いずれかの待ち時間がすぐ0秒になる。

8秒

技1(レベル6で入れ替え)

おうふくビンタ

(特殊)

前方に向かって連続攻撃する。わざ命中時に相手のポケモンにダメージを与え、少しのあいだ移動速度も下げる。
アップグレード後は、わざの攻撃回数が増える。

5

マジカルシャイン

(特殊)

指定した方向へ強力な光を放ち、範囲内にいる相手のポケモンに2回ダメージを与える。
アップグレード後は、わざで1回目のダメージを与えたとき、相手のポケモンの移動速度を少しのあいだ下げるようになる。

4.5

技2(レベル4で入れ替え)

ころがる

(特殊)

素早く転がり、シールド効果を得る。転がっている最中に当たった相手のポケモンにダメージを与え、ふきとばす。障害物にぶつかると進行方向が変わり、「はたく」「おうふくビンタ」「マジカルシャイン」いずれかの待ち時間がすぐ0秒になる。
アップグレード後は、相手のポケモンをふきとばしておく時間が長くなる。

10

うたう

(変化)

歌声を使い、周りにいる相手のポケモンの移動速度を少しのあいだ下げる。相手のポケモンがわざの範囲内にしばらくいると、少しのあいだねむり状態となり、防御と特防も下がる。
アップグレード後は、相手のポケモンがより長いあいだねむり状態になる。

10秒

ユナイト技

スターリサイタル

(変化)

リサイタルを開始する。自分と、周りにいる味方のポケモンにシールド効果が付与され、状態異常が回復し、少しのあいだ妨害されなくなる。

特性

メロメロボディ

相手のポケモンの攻撃を近距離で受けた時、その相手のポケモンを少しのあいだメロメロ状態にする。メロメロ状態になっているポケモンは、勝手に近づいてくるようになる。同じ相手のポケモンにもういちど効果を与えるまでには、一定の時間が必要。

通常攻撃

3回目の通常攻撃は強化攻撃となり、命中時に相手のポケモンにダメージを与え、回転させる。

高い耐久と、相手を一時的に拘束する技が特徴的なポケモンです。

特に「うたう」は拘束時間も比較的長い上に範囲に影響がある為、集団戦で上手く使えれば一気に味方のチャンスとする事が出来ます。

遠距離攻撃を持たないので、活躍するには一時的に前に出る必要があるにも関わらず瞬間的な移動手段が無い点から、立ち位置や行動を起こすタイミングにやや気を使わなければなりません。

拘束している間にある程度の火力を出す事も可能なので、1対1でも相手の技状況やHP状況によっては強力なポケモンと言えます。

プクリンの立ち回り

序盤

レベル4になると最初の技を覚えるので、まずはそこを目指してレベル上げを行いましょう。

がくしゅうそうちを持っている場合は味方にトドメを譲ってあげると総合的な戦力が整い易くなります。

瞬間移動技、遠距離技のどちらも持っておらず相手側野生ポケモンを取るのはリスクが高いので、真ん中のポケモンを取りに行って相手の気を引き、もう1人の味方に相手側野生ポケモンを取りに行ってもらうなどして安全に立ち回りましょう。

中盤

「うたう」によって敵を牽制しやすいので、味方にカジリガメを攻撃して貰いつつ自分は前の方で相手をブロック、草むらに隠れておき、接近してきた相手をうたうからのコンボで倒して人数差をつけるなどして貢献しましょう。

カジリガメが終わると上ルートのロトムへ向かうのが主流となっていますが、下ゴールが破壊されると次のカジリガメ戦に差し支えるので、相手の移動状況によっては耐久の高いプクリンで下ゴールを守っておくという手も有効です。

ユナイト技が早めに使用可能になるので、集団戦で自分や味方がピンチになった時は積極的に使用していきましょう。

終盤

サンダーへの火力は出しづらいので、ここでもやはり味方のサポートに回る事になります。

「うたう」は集団戦には勿論、お互いにサンダーが取れず地道なゴールでリードしていく必要が出た場合に使用して味方のゴールをある程度保証するという使い方も非常に有効です。

サンダーを巡って混戦になった際は、ユナイト技+うたうで無理矢理サンダーに接近し、付近の相手を眠らせて味方がサンダーにトドメを刺しやすい状態にするなどの行動も可能なのでいざという時は狙ってみましょう。

おすすめの持ち物、技構成

技1

うたう

範囲内の相手を一定時間後に行動不能

技2

おうふくビンタ

射程が優秀な技。移動速度ダウン付与

バトルアイテム

だっしゅつボタン

もちもの

おたすけバリア

(HP+600)

ユナイト技を使うと、自分と周りの中で最もHPが低い味方のポケモンへ、それぞれの最大HPの40%分のシールド効果を付与する

きあいのハチマキ

(防御+30/特防+30)

HPが低下している時、3秒の間、それまでに減ったHPの14%を毎秒回復する

がくしゅうそうち

(HP+240/移動速度+150)

自分の経験値が味方チームの中で最も低いあいだ、経験値が毎秒4ずつ溜まって行く。

また、味方が野生ポケモンをKOすると、KOした味方の貰える経験値が増加する

使いやすい技2種類に、耐久とサポート性能を底上げ出来る持ち物のスタンダードな構成です。

人数差がイーブンの状態であれば「うたう」によって一方的に有利を取れるので非常に強力と言えますが、技によって「妨害無効」になるポケモンには効果が無く逆に不利となるので相手の技の性質には気を付けましょう。

相手のユナイト技使用に対してすぐにこちらもユナイト技を使う事で自分や周囲の味方にバリアを付けて守れるので、特にユナイト技が使用可能になる中盤~後半戦では意識して立ち位置を決定しましょう。

プクリンの対策

優秀な妨害技のうたうや、狭い所で火力が出るころがるなど、技1を持っている場合は非常に強力な性能を持っています。

逆に技1が無ければそれほど脅威ではないので、相手が技を使った直後や妨害無効を自分に付与出来るポケモンで戦うと倒されづらく、プクリンも仕事がしづらくなります。

耐久が高い事や上記の技によって一瞬で強力な切り返しをされる可能性があるので、確実に倒せるという場合を除いて深追いはしないようにしましょう。

アップデート履歴

9月22日

ステータス

特攻が減少

はたく

ダメージ量が減少

マジカルシャイン

ダメージ量が減少

うたう

眠り状態にされた相手のポケモンが攻撃を受けると解除されるように

メロメロボディ

発動間隔を調整

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ