【ゼルダ無双 厄災の黙示録】セーブ方法とデータ数について|手動セーブのやり方

最終更新日
2
件のコメント
( 4日前 )

ゼルダ無双 厄災の黙示録でのセーブの仕方について紹介します。セーブは、オートセーブと手動のタイミングでのセーブが可能です。この記事では種類のセーブ方法と注意点を説明します。

オートセーブ

自動でデータを上書き

「ゼルダ無双 厄災の黙示録」では、オートセーブを採用しています。そのため、急に充電が切れてしまっても、突然大幅にデータが消えてしまう心配はありません。

剣のアイコンに注意

右下に剣のアイコンがあり「セーブ中」と出ていたら、保存しているところなので注意が必要です。

オートセーブではセーブデータが突然消える心配は少ないです。しかし、セーブ中に切ってしまうと正常にセーブできないことがあります。ソフトの終了や電源を切る際には、セーブ中になっていないか注意が必要です。

 

[PR]

手動のセーブ

オートセーブ以外のタイミングでセーブしたい場合、手動で操作もできます。

まずは、「-」のボタンを押し、システムを開きます。すると、左側にセーブのボタンが出てくるので、そこにカーソルを合わせ、セーブします。

セーブ中・セーブ完了は、画面に表示されるのでしっかりと確認しましょう。

 

セーブデータは1つだけ

「はじめから」にするときは注意

「ゼルダ無双 厄災の黙示録(体験版)」のセーブデータは1つだけとなっています。

もしも、すでにセーブデータがある状態で「はじめから」にしてしまうとデータが消えてしまうので、注意しましょう。

ボタンを押し間違えても2回までは大丈夫

もしも、間違えて「はい」を押してしまった場合も2回警告が出るので、すぐに消えることはありません。消えてもいいかどうかをよく考えて選択しましょう。

コメント一覧(2)

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります



記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ