【DbD】ツインズの特徴と基本的な立ち回り・サバイバーでの対面のコツ【デッドバイデイライト】

最終更新日
攻略大百科編集部

この記事では「Dead by Daylight(デッドバイデイライト)」に登場する殺人鬼『ツインズ』能力やアドオンの解説、立ち回りのコツ、そしてサバイバーとしてツインズに遭遇した時の対策をまとめました。


出典: deadbydaylight.com

特徴|特殊能力と固有パーク


出典: deadbydaylight.com

基本性能・特徴

シャルロット

移動速度

4.6m/s

心音範囲

32m

背の高さ

高い

難易度

普通

ヴィクトル

移動速度

6.0m/s

心音範囲

うめき声範囲

0m

10~18m

背の高さ

低い

難易度

※ヴィクトルは探知系パークに反応しません。
※ヴィクトルは殺人鬼のパーク効果をうけられません。

特殊能力

血の結束
  • 能力ボタンを押すとヴィクトルを地面に放出します。ヴィクトル放出後は、ヴィクトル操作画面になる。
  • ヴィクトル操作中はシャルロットの心音は0mになります。
  • ヴィクトル放出後はアビリティ発動ボタンでシャルロット、ヴィクトル操作を切り替えることができる。
  • シャルロット操作中、ヴィクトルの近くで動く生存者がいる場合、シャルロットへ通知がいきます。
  • ヴィクトルは、シャルロット操作中または飛びつき攻撃を外したあとの硬直中に、生存者が破壊することができる。
    破壊されたヴィクトルは一定時間経過後、シャルロットから再生する。
ヴィクトルの特殊能力
  • 生存者の血痕が明るく強調表示される。( 血の追跡者 と同じ効果)
  • 能力ボタン長押しでゲージをチャージして、最大までチャージ後ボタンを放すと飛びつき攻撃を行うことができる。
  • 飛びつき攻撃にあたってしまった生存者は以下の状態になる。

    無傷の生存者:負傷状態+ヴィクトルにしがみつかれた状態になり、強制的にシャルロット操作へ。

    負傷中の生存者:瀕死状態になり、そのままヴィクトルを操作できる。

  • 生存者にしがみついたヴィクトルは30秒経過後、シャルロット操作中に呼び戻すことができる。
  • 飛びつき攻撃後、障害物の上などに乗り上げるとその場で消滅する。
  • ヴィクトルがしがみついた生存者は、衰弱、忘却、行動不能のステータス効果を受け、ロッカーへの進入と脱出ゲートからの脱出が不可能になる。またその生存者の近くにいる生存者がシャルロットに通知される。

    行動不能:自分や他の生存者への治療や治癒、発電機の修理と破壊工作、トーテムの浄化、チェストの調査、アイテムを使う・拾う・落とすことができなくなる。

  • ヴィクトルがしがみついた生存者は、払い除けアクションを完了するとヴィクトルを潰すことができる。
  • ロッカーに入った生存者を調べることで、一定時間ロッカー内に閉じ込めることができる。

固有パーク

溜め込み屋

効果

24/36/48m以内の生存者がチェストにアクションを行うか、アイテムを拾った時に通知を受け取る。
十分な出現ポイントがある場合は最大2/2/2個のチェストが追加で生成される。
チェストから見つかるすべてのアイテムのレア度が減少する。

迫害

効果

発電機を破壊すると、他のランダムな3台の発電機の進行度が後退し始める。

これらの発電機のいずれかが修理中の場合、修理をしている生存者それぞれに難しいスキルチェックが発生する。
迫害は120/100/80秒のクールダウンがある。

とどめの一撃

効果

発電機の修理が完了するたびにトークンを獲得する。

トークンを1個以上持っているとき、次の突進攻撃の距離が40/50/60%増加し、トークンを1個消費する。

基本の立ち回り・能力のコツ


出典: deadbydaylight.com

索敵時の動き

生存者の索敵は、序盤はシャルロットで行いましょう。

ヴィクトルは機動力は高いものの生存者の足跡などはみえなくなってしまうため、負傷者のいない序盤の探索ではシャルロットで行い。

負傷者が増えてきた中盤以降にヴィクトルの索敵も考慮にいれていきましょう。

チェイス中の動き

シャルロットでのチェイスは追いかけるしかできないため、ヴィクトルを放出して飛びつき攻撃を狙っていきます。

しかし、無傷の生存者にヴィクトルを貼り付けてしまうと、もう一度ヴィクトルを放出するまでの時間がかかってしまうため、なるべく無傷の生存者はシャルロットで攻撃し、ヴィクトルは負傷者とのチェイスに使うと良いでしょう。

フックに吊ったあとの動き

まず、生存者をフックに吊るすまえに、吊りたいフックのちかくにヴィクトルをあらかじめ追いておくと良いでしょう。

ヴィクトルは心音がないためボロタイも発動しないため、生存者の通知が着た瞬間にヴィクトル操作に切り替え、救助狩りができてしまうため非常に強力です。

連続ダウンを狙うタイミング

ヴィクトルは 血の追跡者 と同じ能力をデフォルトでもっているため、負傷者の追跡がとてもしやすく、負傷者への飛びつき攻撃後も、そのままヴィクトルを操作できるため二人以上の生存者を襲うことができます。

この動きが非常につよく、負傷者が多ければ負傷者全員を連続ダウンさせていけるほどのポテンシャルをもっているため、負傷者が複数人いる場合はヴィクトルの連続ダウンを狙っていきましょう

 

[PR]

オススメのパーク構成とアドオン


出典: deadbydaylight.com

オススメパーク構成

呪術:破滅

呪術:不死

ずさんな肉屋

不協和音

現在のツインズは、チェイス性能・探知性能ともに非常に強力で、パークの自由度も高いキラーとなっています。

今回は序盤が通常の徒歩キラーの巡回になりがちなため、不協和音ですぐに生存者の位置を発見しやすくしました。

また、ヴィクトルの負傷者の連続ダウンがとても強いため、肉屋で負傷者を増やしやすくしています。

そして、不協和音と破滅は現状最強の遅延構成なので採用していますが、この二つを イタチが飛び出した と「迫害」に変更してもとても強力でした。

オススメアドオン

高レアアドオン構成

沈黙の布

待機状態から戻ったシャルロットが12秒間探知不可の状態になる。

玉虫色のペンダント

ヴィクトルを潰した生存者は12秒間無防備の効果を受ける

高レアアドオンに余裕がある方はこちら。

相性の良いウルトラレアアドオン構成です。ツインズの弱点がほぼなくなるため、無限に自由度の高い戦術を楽しむことができます。

常用アドオン構成

ヴィクトルがシャルロットから分離する時間がそこそこ短縮される。

おもちゃの剣

飛びつきのチャージ時間が少し減少する。

高レアアドオンの消費を抑えたい場合はこちら

どちらもコモンアドンです。コモンアドンにしては、とても優秀な能力で、「爪」はシャルロットで負傷させてからのヴィクトルでの追撃を狙う際のラグを少なくすることができ、「おもちゃの剣」はヴィクトルでの飛びつきがやりやすくなります。

サバイバーとしての対策


出典: deadbydaylight.com

全力で発電機を回す

ツインズは負傷者がふえていけばいくほど手がつけられない強力な殺人鬼であるため、序盤の発電機ラッシュで殺人鬼にプレッシャーを与えていきましょう。

チェイス中の対策

無傷の場合は基本的にシャルロットで攻撃をねらってくるので板グルなどの基本的なチェイスをしっかり行いましょう。

ヴィクトルとのチェイス時は、通常のチェイスはほぼ不可能なため、小さな岩などをぐるぐる回るなどで飛びつき失敗をねらいしっかりヴィクトルの破壊を狙いましょう。

また、負傷中にヴィクトルに狙われた際の最終手段としてロッカーに隠れることも覚えておきましょう。

攻略ライター募集中!

在宅フルリモート・学生・主婦・副業歓迎!DBDの攻略記事を一緒に書いてみませんか?

応募の詳細はこちら

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ