【サバイバー向け】【DbD】生存者(サバイバー)のためのスピリット(山岡凜)対策【デッドバイデイライト】

最終更新日
攻略大百科編集部

この記事では「DeadbyDaylight(デッドバイデイライド)」に登場する殺人鬼『スピリット(山岡凜)』に、生存者(サバイバー)として遭遇した時の対策をまとめました。


記事:chiro

特殊能力への対策

・スピリット(山岡凜)の特殊能力

山岡の祟り

・霊界に入り、別の位置に再出現することができる。

・能力ボタンを長押しして溜める。スピリットは身体を離れ、動かない「抜け殻」を残す。
・発動中、スピリットは別の場所に自由に移動し、短時間でより速く移動することができる。しかし実際の行動は、物理的な環境や周囲の物に制限される。
・スピリットは物質界を離れると、生存者を視認できなくなるが、彼らが残す赤い傷マークを感知することはできる。
声で自分の現在位置を知らせる。
・能力が終了すると、スピリットは少しの間高速移動を維持し、抜け殻は消える。
・山岡の祟りを使用すると、スピリットの能力バーが減少する。能力バーは時間の経過とともに自動的に補充される。
・再び発動させるには能力バーが完全に補充されるのを待つ必要がある。

スピリット(山岡凜)に対して割と有効なのは、フェイズウォークで追われている最中にタイミングを見計らってゆっくり歩くことです。赤い傷マークがなくなり、見失ってもらえる確率が高くなります。
パーク「鋼の意思」を付けていると凜ちゃんが喘鳴を付けていても生存者のうめき声が聞こえなくなりますので、フェイズウォーク中にそろそろとゆっくり動いて身を隠せば見失ってくれる確率が高まります

また上手いスピリット(山岡凜)だとフェイズウォークをしている時に残像が残ることを利用して、フェイズウォークのフェイクでサバイバーを翻弄してきます。
チェイス中にスピリット(山岡凜)が数秒立ち止まるとフェイズウォークを発動したと思いがちですが、これがただのフェイクで実際は立ち止まっているだけの場合があります。
これを勘違いしてつい今チェイスしていた場所から離れてしまったり、もしくは残像だと思っているスピリット(山岡凜)本体の方に向かってしまうとかなり危険なので注意が必要です。
しっかり観察して判断し、駆け引きをしましょう。
チェイスしていない時にむやみに足跡の赤い傷マークを残さないように行動し、チェイス中運よく見失ってもらえた時もゆっくりとその場を去るようにしましょう。

[PR]

気をつけるべきスピリット(山岡凜)のアドオン

スピリットのフェーズウォーク発動時の効果音は本来心音範囲内にしか聞こえませんが、アドオン「数珠」を付けていると、すべての生存者に効果音が聞こえます。やけに効果音がよく聞こえると思ったら「数珠」を疑いましょう。
またアドオンにはフェーズウォークの時間が長くなるものや、フェーズウォーク後の能力のチャージ速度が上がるものもありますので頭に入れておきましょう。

アドオン

効果

・ひるませる音の放出が脅威範囲外にいるすべての生存者に聞こえる。

山岡の祟りの移動速度がとてつもなく上昇する。
・山岡の祟りを使用しているとき、赤い傷マークが見えなくなる。

・山岡の祟り使用後の再出現時間がそこそこ増加する。(フェーズウォーク終了後、サバイバーからは山岡凜は見えないけど山岡凜からはサバイバーが見える時間が伸びる)

・山岡の祟り使用後の再出現時の移動速度がそこそこ増加する。

・山岡の祟りの回復速度がかなり上昇する。

・重複する。

気をつけるべきスピリット(山岡凜)のパーク

山岡凜が付けがちなパークを紹介します。

パーク

効果

・苦痛にあえぐ生存者の呼吸音が25/50/50%大きくなり、通常の呼吸音が0/0/25%大きくなる。

生存者を吊るすと、次に破壊する発電機の修理進行度が即座に25%減少する。その後、発電機の進行度は通常通り減少していく。
イタチが飛び出したは、生存者が吊るされた後35/40/45秒間有効。

・生存者をフックに吊るした後4秒間、フックから40メートル以上離れた全ての生存者のオーラを視ることができる。

・生存者が初めてフックに吊るされるたび、全ての獲得ブラッドポイントが25%増加する。最大で50/75/100%まで。この効果は重複する。
・追加取得したブラッドポイントはマッチ終了後に付与される。

・生存者に対する通常攻撃が成功した時の出血頻度が(少し/そこそこ/かなり)増加し、重傷のステータス効果を与える。ずさんな肉屋による出血および重傷効果は、生存者が完全に回復すると元に戻る。

・生存者を追いかけているとき、脅威範囲が8メートル増加する。生存者追いかけていない場合、脅威範囲が8メートル減少し、視界が3/5/10度拡大される。

・視界増加は重複しない。

山岡凜の固有パークである「喘鳴」は弱体化により、パーク「鋼の意思」を付けると負傷時のうめき声が完全に消えるようになりました。なので喘鳴対策として鋼の意思は有効です。
※:2021年7月配信のアップデートバージョン5.1.0で生存者が「鋼の意志」を付けている場合殺人鬼が「喘鳴」を付けていても生存者負傷時のうめきき声を聞くことができなくなりました。
また山岡凜は元々脅威範囲が狭いため、「観察&虐待」を付けられるとなかなか心音に気づくことができないため警戒してください。

スピリット(山岡凜)に刺さる生存者パーク

基本的にスピリット(山岡凜)には「鋼の意思」が絶対強いです。
あとは他のキラー同様デッド・ハードは鉄板です。
あえて楽しく遊ぶとするなら、「身軽」でフェーズウォークでただでさえ足跡が見えない凜ちゃんをさらに撹乱したり、「素早く静かに」でロッカーに入ってしまうのも面白いかもしれません。

基本的にスピリット(山岡凜)は距離を取ることが大事なので、しなやかスマートな着地など、距離を離すことのできるチェイス系パークがが刺さりやすいと感じます。

 

パーク

効果

・痛みによるうめき声が50/75/100%減少する。

・前方へダッシュするには、走っているときにアビリティ発動ボタンを押す。

・スキル発動中はダメージを回避できる。
・キャラクターに60/50/40秒間の疲労を発生させる。
・走っている間は疲労が回復しない。

・赤い傷マークがみえたまま残る時間が、通常より1/2/3秒減少する。

・乗り越えや隠れるアクションで発生する音の探知範囲と、音が聞こえる範囲が100%減少する。

・この効果は30/25/20秒間のクールタイムがある。

・急いで乗り越えを行うと加速し、最大3秒間、移動速度が通常の150%に上昇する。

・60/50/40秒間の疲労を発生させる。
・しなやかは疲労時に使用できない。
・走っている間、疲労は回復しない。

・高所から落ちた後、猫のような反射神経により落下時のよろめく時間が75%減少し、うめき声の大きさが100%低下する。通常の150%の速さで、最大3秒間走ることができる。

・60/50/40秒間の疲労を発生させる。
・疲労中はスマートな着地を使うことができない。
・走っている間、疲労は回復しない。

攻略ライター募集中!

在宅フルリモート・学生・主婦・副業歓迎!DBDの攻略記事を一緒に書いてみませんか?

応募の詳細はこちら

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ