【ポケモンユナイト】世界ランキング上位プレイヤーのポケモン使用率ランキング(11月24日更新)【ポケユナ】

最終更新日
7
件のコメント
攻略大百科編集部

ポケモンユナイト(ポケユナ)のランクマッチでの世界ランキング上位TOP50位までのプレイヤーが実際に使用したポケモンを集計し、ランキング化して掲載しています。最新の最強キャラがわかりますので、ぜひご覧ください。

ランキング概要

ランキング選出基準

本ランキングは、ランクマッチの世界ランキング上位50名のプレイヤーの直近のランクマッチ50戦でのポケモン使用履歴を集計し、ランキング化しております。

[PR]

環境が不安定

日々流行が変化

最近はジュナイパーの実装などをはじめとして環境が日々変化しており、1週間単位でも流行のマクロやポケモンが変わっている状況です。

そのため、毎週の使用率ランキングを確認してその時の流行を確認しましょう。

ポケモン使用率

ポケモン使用率ランキング(11月24日更新)

順位

ポケモン

試合数

先週との順位比較

1

ルカリオ

423

+1

2

プクリン

261

+3

3

ゲッコウガ

257

4

ワタシラガ

219

+3

5

バリヤード

215

+6

6

ヨクバリス

207

-5

7

フシギバナ

175

-1

8

ジュナイパー

99

NEW

9

ゼラオラ

92

-5

10

アローラキュウコン

86

+8

11

カビゴン

64

+9

12

ファイアロー

63

+2

13

ハピナス

61

NEW

14

ウッウ

59

+3

15

エースバーン

58

-6

16

アブソル

52

-4

17

ピカチュウ

45

-9

18

カメックス

40

-9

19

ヤドラン

15

-5

20

ニンフィア

13

-5

21

ゲンガー

11

NEW

22

リザードン

1

-9

マンムー

1

NEW

カイリキー

1

NEW

▲ランキング目次に戻る

総評(11月24日更新)

やはり王者はルカリオ

ルカリオが使用率第1位に復帰しました。

環境が不安定になり、一時使用率王者からは陥落したものの、高い使用率は決して途絶えることなく続いています。

まさに王者と言えるでしょう。

ルカリオのおすすめのもちものやビルド(わざ構成)・立ち回りについて解説!

ポケモン(プレイアブル)
ポケモンユナイト(ポケユナ)のルカリオのおすすめのもちもの(持ち物)や、わざ構成(...
続きを読む

ゲッコウガが第3位

ゲッコウガは集団戦でも個人戦でもどちらでも広く活躍できる上に、パワースパイクも早く生存力も高いため、中央担当のポケモンとしてはまさに最上位と言えます。

ゲッコウガのデータ一覧・おすすめビルド解説

ポケモン(プレイアブル)
「ポケモンユナイト」のプレイアブルポケモンの1匹である「ゲッコウガ」の評価、デ...
続きを読む

タンク枠2強

使用率を見ればわかる通り、タンクの枠はプクリンとカビゴンが2強となっています。

割合としてはプクリンが優位ですが、どちらもパワーのあるポケモンです。

プクリンのデータ一覧・おすすめビルド解説

ポケモン(プレイアブル)
「ポケモンユナイト」のプレイアブルポケモンの1匹である「プクリン」の評価、デー...
続きを読む

カビゴンのデータ一覧・おすすめビルド解説

ポケモン(プレイアブル)
「ポケモンユナイト」のプレイアブルポケモンの1匹である「カビゴン」の評価、デー...
続きを読む

サポート枠2強

使用率の通り、ワタシラガとバリヤードは根強い人気を誇っています。

ワタシラガは完全なサポート枠として、バリヤードはサポートとは思えないほどの火力役として環境で暴れています。

ワタシラガのデータ一覧・おすすめビルド解説

ポケモン(プレイアブル)
「ポケモンユナイト」のプレイアブルポケモンの1匹である「ワタシラガ」のデータ一...
続きを読む

バリヤードのデータ一覧・おすすめビルド解説

ポケモン(プレイアブル)
「ポケモンユナイト」のプレイアブルポケモンの1匹である「バリヤード」のデータ一...
続きを読む

過去のポケモン使用率

ポケモン使用率ランキング(11月10日更新)

順位

ポケモン

試合数

先週との順位比較

1

ヨクバリス

557

2

ルカリオ

465

+1

3

ゲッコウガ

274

+2

4

ゼラオラ

246

5

プクリン

211

-3

6

フシギバナ

175

+5

7

ワタシラガ

153

-1

8

ピカチュウ

115

-1

9

カメックス

53

+7

エースバーン

53

+3

11

バリヤード

47

-1

12

アブソル

40

13

リザードン

36

NEW

14

ファイアロー

33

-5

15

ニンフィア

12

-7

16

ゲンガー

10

NEW

17

ウッウ

7

NEW

18

アローラキュウコン

4

NEW

イワパレス

4

-3

20

カビゴン

3

-6

21

ガブリアス

1

NEW

ヤドラン

1

-5

▲ランキング目次に戻る

総評(11月10日更新)

ヨクバリスが今回も王者

ヨクバリスが今回も使用率第1位となりました。

やはり現環境はヨクバリス環境と言っても過言ではないでしょう。

とはいえ本日のヨクバリスのナーフによってどう環境が変化するかわからないので、来週の使用率もチェックしましょう。

ヨクバリスのおすすめのもちものやビルド(わざ構成)・立ち回りについて解説!

ポケモン(プレイアブル)
ポケモンユナイト(ポケユナ)のヨクバリスのおすすめのもちものや、わざ構成(ビルド...
続きを読む

ついにヨクバリスナーフ!?アプデ詳細をチェック!|事前告知11月10日アップデート(パッチノート)内容まとめ

アップデート ニュース
ポケモンユナイト(ポケユナ)の11月10日に実装予定のアプデ(アップデート・パッチ...
続きを読む

ルカリオが第2位

ルカリオが使用率第2位となりました。

やはりルカリオは現環境においても必須級キャラという立ち位置を守っています。

ルカリオのおすすめのもちものやビルド(わざ構成)・立ち回りについて解説!

ポケモン(プレイアブル)
ポケモンユナイト(ポケユナ)のルカリオのおすすめのもちもの(持ち物)や、わざ構成(...
続きを読む

ゲッコウガが第3位

ゲッコウガは集団戦の少ない現環境においてはオブジェクト処理・単体戦闘能力・生存力全てで秀でているので、採用率が非常に増加しています。

ゲッコウガのデータ一覧・おすすめビルド解説

ポケモン(プレイアブル)
「ポケモンユナイト」のプレイアブルポケモンの1匹である「ゲッコウガ」の評価、デ...
続きを読む

フシギバナの使用率増加

フシギバナが今回使用率第6位でした。

しかし採用は強化された「ソラビ型」ではなくナーフされた「はなまい型」が多く見受けられます。

理由としてはやはり「はなまい型」は機動力や制圧力に非常に優れているため、「ソラビ型」より圧倒的に活躍しやすい環境となっているからでしょう。

フシギバナのデータ一覧・おすすめビルド解説

ポケモン(プレイアブル)
「ポケモンユナイト」のプレイアブルポケモンの1匹「フシギバナ」のデータ、オスス...
続きを読む

ピカチュウがニンフィアの立ち位置を奪取

ピカチュウの順位は安定しており、今回は第8位でした。

ピカチュウはアタッカー枠を他のポケモンと争う位置ですが、ライバルであったニンフィアが転落し、その地位にピカチュウが収まった形でしょう。

採用理由としては、ピカチュウは単体性能が非常に高く、場合によっては一人でゴールを守る事すら可能なことが挙げられます。

ピカチュウのデータ一覧・おすすめビルド解説

ポケモン(プレイアブル)
「ポケモンユナイト」のプレイアブルポケモンの1匹である「ピカチュウ」の評価、デ...
続きを読む

ポケモン使用率ランキング(11月3日更新)

10月28日〜11月3日対象ランキング

順位

ポケモン

試合数

先週との順位比較

1

ヨクバリス

154

+1

2

プクリン

120

+3

3

ルカリオ

116

-2

4

ゼラオラ

60

-1

5

ゲッコウガ

45

+10

6

ワタシラガ

43

-2

7

ピカチュウ

28

+9

8

ニンフィア

23

+2

9

ファイアロー

20

-3

10

バリヤード

18

-1

11

フシギバナ

16

+1

12

エースバーン

14

-4

アブソル

14

+2

14

カビゴン

13

-3

15

イワパレス

8

-8

16

ヤドラン

4

-4

カメックス

4

+1

▲ランキング目次に戻る

総評(11月3日更新)

ヨクバリスがついに王者に

ヨクバリスがついに使用率第1位となりました。

とはいえ、現環境においてトップランカーはほぼランクマをやっておらず、ヨクバリスを楽しく乗り回しているプレイヤーが中心となってランクマをやっているイメージなので、次シーズンではバランス調整内容次第で大きく使用率は変動しそうです。

ヨクバリスのおすすめのもちものやビルド(わざ構成)・立ち回りについて解説!

ポケモン(プレイアブル)
ポケモンユナイト(ポケユナ)のヨクバリスのおすすめのもちものや、わざ構成(ビルド...
続きを読む

ヨクバリスの対策方法まとめ!ヨクバリスが敵チームにいた時の対処法

攻略ガイド
ポケモンユナイト(ポケユナ)のヨクバリスが敵チームに居た時の対策方法をまとめて...
続きを読む

プクリンが第2位

プクリンがついに使用率第2位となりました。

プクリンはやはり現在の覇権マクロ戦術である“Y”において必須ポケモンなので、プクリンの使用率の高さがそのまま“Y”の採用率と言っていいでしょう。

プクリンのデータ一覧・おすすめビルド解説

ポケモン(プレイアブル)
「ポケモンユナイト」のプレイアブルポケモンの1匹である「プクリン」の評価、デー...
続きを読む

ルカリオが王座陥落

ついにルカリオが王座陥落しました。

とはいえ、ルカリオの使用率が下がったというよりは単純に集計対象となる試合の数が少ないだけなので、集計対象の試合数が増えれば、自然とルカリオの使用率も上がるでしょう。

ルカリオのおすすめのもちものやビルド(わざ構成)・立ち回りについて解説!

ポケモン(プレイアブル)
ポケモンユナイト(ポケユナ)のルカリオのおすすめのもちもの(持ち物)や、わざ構成(...
続きを読む

ポケモン使用率ランキング(10月27日更新)

ランキング目次

直近50試合対象

10月20日16時以降対象

直近50試合対象ランキング

順位

ポケモン

試合数

先週との順位比較

1

ルカリオ

412

2

ワタシラガ

380

3

ゼラオラ

222

+2

4

ヨクバリス

214

NEW

5

バリヤード

167

-1

6

プクリン

151

+7

7

フシギバナ

146

-4

8

ファイアロー

122

+7

9

エースバーン

117

10

ニンフィア

113

-4

11

イワパレス

97

NEW

12

カビゴン

85

-1

13

ヤドラン

71

-6

14

カメックス

56

-6

15

ゲッコウガ

52

-3

16

アブソル

33

NEW

17

ピカチュウ

26

18

リザードン

17

-2

19

ウッウ

12

-5

20

ハピナス

7

-10

21

マンムー

5

-4

22

サーナイト

2

NEW

23

ゲンガー

1

-5

※上記で解説している通り、直近50試合対象ランキングは情報に雑味が多く含まれるため、総評は割愛します。

▲ランキング目次に戻る

10月20日16時以降対象ランキング

順位

ポケモン

試合数

先週との順位比較

1

ルカリオ

274

2

ヨクバリス

214

NEW

3

ゼラオラ

141

+2

4

ワタシラガ

109

-2

5

プクリン

107

+8

6

ファイアロー

104

+9

7

イワパレス

90

NEW

8

エースバーン

88

+1

9

バリヤード

167

-5

10

ニンフィア

76

-4

11

カビゴン

51

12

フシギバナ

37

-9

ヤドラン

37

-5

14

アブソル

33

NEW

15

ゲッコウガ

31

-3

16

ピカチュウ

26

+1

17

カメックス

7

-9

18

リザードン

3

-2

19

ウッウ

2

-5

20

サーナイト

2

NEW

21

ハピナス

1

-11

▲ランキング目次に戻る

総評(10月27日更新)

ルカリオが今回も王者

今回もルカリオが1位でした。

ルカリオには下方修正が入りましたが、それでもやはり圧倒的環境ポケモンである事には変わりがありませんでした。

前回大流行した1.1.3マクロは完全に姿を消し、代わりに今回では“Y”が大流行しましたが、ルカリオは“Y”にも編成入りしてるので、この使用率となっています。

ダンベル型ルカリオのおすすめビルド・持ち物と立ち回り

ポケモン(プレイアブル)
「ポケモンユナイト」のダンベル型ルカリオのおすすめの持ち物やわざ構成、序盤か...
続きを読む

ヨクバリスが大暴れ

新ポケモンであるヨクバリスが使用率第2位でした。

ヨクバリスが今の覇権ポケモンの一角であることは間違えようのない事実なので、いかにヨクバリスを上手く使いこなすか、そしていかにヨクバリスの対策をするかが今後は重要となってくるでしょう。

ヨクバリスのおすすめのもちものやビルド(わざ構成)・立ち回りについて解説!

ポケモン(プレイアブル)
ポケモンユナイト(ポケユナ)のヨクバリスのおすすめのもちものや、わざ構成(ビルド...
続きを読む

ヨクバリスの対策方法まとめ!ヨクバリスが敵チームにいた時の対処法

攻略ガイド
ポケモンユナイト(ポケユナ)のヨクバリスが敵チームに居た時の対策方法をまとめて...
続きを読む

ゼラオラが更に順位をアップ

ゼラオラは前回よりも更に順位を上げ、使用率第3位にまで登り詰めました。

今の覇権マクロ戦術であるに“Y”おいても中核を担う重要なポケモンであるので、ゼラオラの使い方や対策はしっかり押さえておきましょう。

ゼラオラの評価・データ一覧・おすすめビルド解説

ポケモン(プレイアブル)
「ポケモンユナイト」のプレイアブルポケモンの1匹である「ゼラオラ」のやデータ、...
続きを読む

プクリンが大健闘

前回13位だったプクリンが大きく順位を上げて使用率第5位となりました。

理由は明々白々で、プクリンが現在の覇権マクロ戦術である“Y”において必須ポケモンであるからです。

点数を終盤までに沢山入れておきたい“Y”で、範囲内全員にシールドと妨害無効化を付与できるプクリンのユナイトわざは、集団にゴールサポーターを追加で付与できるのと同義であるので、まさに替えの利かない唯一無二の存在と言えます。

プクリンのデータ一覧・おすすめビルド解説

ポケモン(プレイアブル)
「ポケモンユナイト」のプレイアブルポケモンの1匹である「プクリン」の評価、デー...
続きを読む

イワパレスが新登場

前回までランキング圏外であったイワパレスが今回の使用率ランキングでは第7位でした。

イワパレスはインベート性能が非常に高い上に、ゴール能力も高いので、今の“Y”環境では非常に刺さるポケモンと言えるでしょう。

イワパレスの評価・データ一覧

ポケモン(プレイアブル)
「ポケモンユナイト」のプレイアブルポケモンの1匹である「イワパレス」の評価、デ...
続きを読む

ファイアロー復権

前回順位を大きく下げていたファイアローが今回は第6位となり、見事復権を果たしました。

ファイアローは“Y”に限らず、現環境には非常に刺さるポケモンなので、納得の使用率と言えるでしょう。

注意点として、ファイアローは現環境では今までの「そらをとぶ型」ではなく、「ブレイブバード型」が主流となっています。

ファイアローの評価・データ一覧

ポケモン(プレイアブル)
「ポケモンユナイト」のプレイアブルポケモンの1匹である「ファイアロー」の評価、...
続きを読む

ポケモン使用率ランキング(10月20日更新)

動画でも解説


▲画像タップで動画へ移動

動画でもランキングについて解説していますので、併せてどうぞ。

順位

ポケモン

試合数

先週との順位比較

1

ルカリオ

602

2

ワタシラガ

469

3

フシギバナ

320

4

バリヤード

167

5

ゼラオラ

161

6

ニンフィア

118

+2

7

ヤドラン

97

+9

8

カメックス

96

-1

9

エースバーン

87

-3

10

ハピナス

78

+5

11

カビゴン

65

-1

12

ゲッコウガ

59

-1

13

プクリン

39

14

ウッウ

34

15

ファイアロー

26

-6

16

リザードン

22

-4

17

マンムー

5

-1

18

カイリキー

1

-1

ピカチュウ

1

-1

ゲンガー

1

+2

総評(10月20日更新)

今回もルカリオが王者

今回もルカリオが1位でした。ルカリオがやはり現環境では覇権キャラと言えるでしょう。

今回は1,1,3マクロ(上に1、中央に1、下に3の編成)が大流行しましたが、それでも上ルートの確定枠であるルカリオは安定した使用率でした。

上位5キャラの顔ぶれは変化なし

ルカリオに続いてワタシラガ、フシギバナ、バリヤード、ゼラオラという上位5キャラの顔ぶれは変わりませんでした。

この中で言うと、バリヤードは唯一1,1,3マクロ編成には採用されませんが、それでも2,1,2編成ではやはり圧倒的な使用率でした。

ニンフィアが安定して上位レーナーに

ニンフィアはハイパーボイス型で上下(主に下担当が多い)ルートを担当するレーナーとしてはもはや確固たる地位を築いたと言えるでしょう。

前回よりもしっかり順位を上げています。

ヤドランが大躍進

ヤドランはなんと前回から順位を9個も上げています。

やはりヤドランはCCの性能が非常に高く、使いこなせば味方との連携で敵を確実に一人落とせる点が順調に評価されています。

ヤドランの評価・データ一覧

ポケモン(プレイアブル)
「ポケモンユナイト」のプレイアブルポケモンの1匹である「ヤドラン」の評価、デー...
続きを読む

ハピナスも順位を上げている

ハピナスの躍進は今週の流行が一番色濃く出ている箇所でしょう。

ハピナスは現在大流行中の1,1,3マクロで下担当としてはテンプレのキャラとなっており、それが使用率にしっかり表れています。

ハピナスの評価・データ一覧

ポケモン(プレイアブル)
「ポケモンユナイト」のプレイアブルポケモンの1匹である「ハピナス」の評価、デー...
続きを読む

ファイアローは使用率激減

今週の環境の被害を一番受けたのはやはりファイアローでしょう。

ファイアローは現在大流行中の1,1,3マクロには入らない上に、中央の競合が多いため、結果として使用率を大きく下げています。

とはいえ、ファイアローは依然として2,1,2の通常編成では最上位ポケモンなので、もう少しランクが下のところで集計を取れば大きく使用率が変わるでしょう。

ファイアローの評価・データ一覧

ポケモン(プレイアブル)
「ポケモンユナイト」のプレイアブルポケモンの1匹である「ファイアロー」の評価、...
続きを読む

ポケモン使用率ランキング(10月13日更新)

順位

ポケモン

試合数

1

ルカリオ

601

2

ワタシラガ

432

3

フシギバナ

398

4

バリヤード

205

5

ゼラオラ

160

6

エースバーン

159

7

カメックス

95

8

ニンフィア

87

9

ファイアロー

85

10

カビゴン

81

11

ゲッコウガ

41

12

リザードン

38

13

プクリン

36

14

ウッウ

31

15

ハピナス

23

16

ヤドラン

15

17

カイリキー

7

18

マンムー

5

19

ピカチュウ

2

20

ゲンガー

1

総評(10月13日更新)

ルカリオが圧倒的トップ

ルカリオが2位のワタシラガに大差をつけて1位でした。これを見る限り、やはりルカリオが環境トップのポケモンであることは疑いようもないでしょう。

ルカリオ使いのプレイヤーは直近50戦が全てルカリオで埋まっているというのも珍しくありませんでした。

サポーター枠はワタシラガ

サポーター枠としてはワタシラガが非常に人気でした。

やはり回復の手段が多く、チームの集団戦の強さを大きく引き上げられる上に火力も出るので、使いやすいという事でしょう。

新ポケモンニンフィアも使用率上位

ニンフィアも10月8日に下方修正が来たものの、それ以降でもランクマッチで使用されているのが確認できました。

中央エリアを担当するのには若干パワー不足になりましたが、上下レーンであれば優秀なアタッカーと言えます。

リザードンが使用され始めている

意外なのが、今まで評価の低かったリザードンが使用され始めていることです。

今後リザードンの活躍の場が広がるかもしれません。

コメント一覧(7)

返信する 返信をキャンセルする。

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります



記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ