【天穂のサクナヒメ】稲架掛けの基本・コツ・農技一覧|稲作・米作り攻略

最終更新日

『天穂のサクナヒメ』の稲架掛けに関する情報のまとめページです。稲架掛けのやり方やコツ、農技の一覧を掲載しています。

稲架掛け

稲架掛けは収穫した稲を乾かす工程となっています。

稲架掛けの基本

干す時間の長さによって稲に以下のような影響が起きます。

  • 干している稲を調べた時に「そろそろよいのではないか」と表示される程度で稲架掛けを終えると「美」がよく伸びます。
  • 稲が乾いた後も干していると乾きすぎて精米時に「胴割米」が発生しやすくなり最終的な米の収穫量に悪影響が出ます。

稲架掛けのコツ

稲架掛けの際、稲作会議の祈祷から日照り乞の影響が出るようにしておくと稲架掛けを短く済ませやすくなります。

目安として、収穫の際の落水での乾燥と合わせて、日照り乞を使うと干してから約6時間で「そろそろよいのではないか」の表記になります。

稲架掛けの農技一覧

  • 疾風の稲架掛け→刹那の稲架掛け
    稲架掛けが素早く行えるようになります。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ