【天穂のサクナヒメ】かけ流しの意味・やり方・効果|稲作・米作り攻略

最終更新日
6
件のコメント
攻略大百科編集部

『天穂のサクナヒメ(てんすいのサクナヒメ)』の稲作で使えるテクニックの1つ「かけ流し」について解説しています。かけ流しの意味、やり方、効果(メリット)を掲載しています。

かけ流しとは

入水と出水を同時に行うこと

「かけ流し」は田んぼの入水と出水を同時に行い、水が常に入れ替わっている状態を指します。画像のように水の出入り口が両方開いていれば、かけ流しになっています。

かけ流しの効果

水温が上がるのを防ぐ

かけ流しにすると水が常に入れ替わり続けるので、水温の上昇が防げます。稲に起こる「高温障害」を防いだり、ステータスの「美」を上げたいときに積極的に利用します。

コメント一覧(6)

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

かけ流しの意味はわかるが水量変わらないと思うけどいくつにしたら良いんだ?

言葉を知らないのはさすがにどうしようもねぇわ
じゃけん日本語もっと勉強しましょうね



記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ