【天穂のサクナヒメ】田起こしのコツ・習得農技|稲作・米作り攻略

最終更新日

『天穂のサクナヒメ』の田植えに関する情報を集めたページです。基本的な田植えの情報の他、田植えによって出る影響を早見できる表も掲載しています。

田起こしとは

ゲーム開始後、初めにやることになる農作業となっており、以降は基本的に冬3に行う作業となっています。

土を耕して稲の根付きをよくする作業である他、よく耕しておくとその年の間、雑草が生えにくくなります。

また、第6章以降のお役目「飼育小屋の再建」をクリアしたのち、かいまるが牛を連れてくると牛で田起こしができるようになります。

田起こしの解放時期

田起こしは1年目の稲作で解放となります。

田起こしの解説

田起こしではやり方を変えることで伸ばしやすいステータスの傾向を変化させることはできません。

そのため、毎回田起こし度を100%に近づけつつ、しっかり石を取り除くことでその年の稲の成長を手助けしましょう。

田起こしで習得する農技

以下の技はいずれも田起こしを繰り返すことで習得していきます。

・地力視

地面がどのくらい耕されているかが確認できるようになります。

・広漠の耕し→無辺の耕し

1回の振りで耕せる範囲が広がります

・疾風の鍬使い→刹那の鍬使い

鍬を振る速度が上がります。

・石砕き

鍬を振ることで石を砕くことができるようになります。砕いてしまうと「石材」は手に入りません。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ